「ブログ」カテゴリーのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 03-6876-2707 or 078-585-6383(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

お知らせ

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • TEL. 03-6876-2707
  • 受付時間: 平日 -
  • 本社・デザイン室・開発室
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  • TEL. 078-585-6383
  • 受付時間: 平日 -
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

パスワードで制限されている場合、パスワード入力が必須になります。パスワードが必要な方は、お手数をおかけしますがこちらからお問い合わせください。

Gmailで独自ドメインのメール送受信

投稿日:

普段Outlookというメーラーを使用しない方でも独自ドメインでのメール送受信できる方法をご紹介します。

※有料版のGsuiteベーシックを利用することで下記の設定によらず独自ドメインのメール送受信もできますが、メールアカウント数毎に課金が発生します。弊社ではGsuiteの導入サポートも可能ですのでご相談下さい
参考:https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/pricing.html

Gmailで独自ドメインのメール送受信

①Gmail管理画面の歯車設定アイコンからアカウントとインポート選択。メールアカウントを追加するをクリック

②独自ドメインのメールアドレスを追加

③他のアカウントから読み込むで次へ

④メールアカウント情報の入力。(※詳細はサーバーによってことなります。)

・ユーザー名→メールアドレス全て
・パスワード→メールアカウントパスワード
・POPサーバー→〇〇.secure.ne.jp 等
・ポート番号995に変更
・取得したメッセージのコピーをサーバーに残す(容量制限ない限りチェックあり推奨)
・メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用する。(チェックあり)
・受信したメッセージにラベルを付ける(任意)
・メッセージを受信トレイに保存せずにアーカイブする(チェック無し推奨)

⑤アカウントが追加できたら独自ドメインから送信もできるように「次へ」

※後から送信の設定をする場合は、Gmail管理画面の歯車設定アイコンからアカウントとインポート>他のメールアドレスを追加

⑥相手に表示させる名前とメールアドレスを入力して次へ

「エイリアスとして扱います」はそのままチェック推奨
参考:
https://support.google.com/a/answer/1710338?ctx=gmail&hl=ja&authuser=0&visit_id=636960110109051177-2892550470&rd=1

⑦送信サーバー情報の入力

・SMTPサーバー→〇〇.secure.ne.jp 等 
この場合は受信サーバーと同じ
・ユーザー名→メールアドレス全て
・パスワード→メールアカウントパスワード
・ポート番号465に変更
・SSLを使用したセキュリティで保護された接続にチェック入れ、アカウントを追加

⑧ポップアップで確認コードを入力する欄が出るのでそちらを入力

※独自ドメイン宛てに確認コードが届くのでサーバーで転送をかけるなど何かしらで独自ドメインのアドレスを受信する必要があります。

⑨独自ドメインに届いたメールから確認コードをコピーして先ほどの欄に入力

outlook2016 暗号化された接続(SSL/TLS)が必要 メール設定方法

投稿日:

SSLの送受信に対応したOutlook2016メール設定の方法です。
※メールサーバー等によっては設定方法が異なります

Outlook2016メール設定(ssl対応まで)

①Outlook2016でファイルタブからアカウント追加

②メールアドレスを入力してその際、詳細オプションをクリックして「自分で自分のアカウントを手動で設定」を選択

③POPを選択(サーバーと同期させたい場合はIMAP)

④パスワードを入力(管理者に確認してください)

⑤認証が取れたら完了をクリック。※但し詳細設定を変更しないと、「対象のプリンシパル名が間違っています。このサーバーの使用を続けますか」のエラーが出続けるので⑥以降で変更


⑥ファイルタブ選択

⑦アカウント情報で該当アカウント選択

⑧アカウントの設定から「サーバーの設定」を選択

⑨サーバー名の部分、デフォルトではpop.独自ドメインになっていることを確認

⑩サーバー名の部分を〇〇.secure.ne.jpに変更※こちらの設定は個々で変わるので管理者に確認してください

⑪送信メールをクリック。サーバー名の部分、デフォルトではsmtp.独自ドメインになっているのでこちらも⑩と同じサーバー名〇〇.secure.ne.jpに変更。次へをクリックすると完了

Outlook2016メール設定(名前変更とサーバーコピー残す)

⑪まででメールの送受信設定は完了ですが、おすすめの設定として下記も変更しましょう。
メールサーバーの容量に制限がある場合はメールサーバーから削除するにチェックをいれたままの方が良いかと思います。

⑫ファイルタブ、アカウント設定、「アカウント名と同期の設定」クリック

⑬自分の名前の部分を任意の名前にすることで受信相手にもその名前を表示できます。またメールサーバー容量が十分な場合はサーバーから削除するのチェックを外しておきましょう。

メール暗号化について

メール受信時のメールソフトとメールサーバーの間を暗号化することを「POP over SSL」と言います。また、メール送信時にメールソフトとメールサーバーの間を暗号化することを「SMTP over SSL」と言い、このPOP over SSLとSMTP over SSLでメールの暗号化を行うことで、メールのセキュリティを高めることができます。しかし、送信者側がSMTP over SSLの設定を行っていても、受信者側がPOP over SSLの設定をしていない場合は、受信時のメールサーバーとメールソフトの間が暗号化されなくなるため気をつけておきましょう。

参考:
https://www.hai2mail.jp/column/2018/what-is-mail-using-ssl.php

[ご対応のお願い] 貴社のドメインで Gmail 情報保護モードがデフォルトで有効になります

投稿日:

Gmail 情報保護モードがデフォルトで有効!?対策は

Gsuiteを管理しているとGoogleから通知が来ることがありますが、下記のようなタイトルのメールが最近届いたようです。

[ご対応のお願い] 貴社のドメインで Gmail 情報保護モードがデフォルトで有効になります

「重要なお知らせ」とも書いており字も大きいので何か対策をとらないといけないのかとあせりますが・・・基本的には何もしなくて大丈夫です。

Gmail 情報保護モードとは

個人向け無料のGmailでも以前からベータ(試験運転)状態で提供されていましたが企業向け有料Gmail(Gsuite)でも機能として標準装備されたとのことです。

情報保護モードが不要でしたらGoogle管理コンソールから機能オフにすることもできます。

但し一律に送信メールが保護されるかというとそうでもなく、送信時に個別で設定する必要があるため、機能がオンのままでも特段影響はなさそうです。

情報保護と言いますが、肝心の機能の中身はどんなものでしょうか。

・受信者はメールや添付ファイルを転送、コピー、印刷、ダウンロードできない。
・相手方のメールの表示に有効期限(1日~5年)を設けられる
表示期限の自動、手動で切り替えもできます。
・メールを開くのにSMS(ショートメッセージ)を利用したパスワードを必要にできる

といったセキュリティ強化の機能のようですが、
メール送信時に個別で設定する必要があるので特に使用しなければ変わりありません。

情報保護で一安心?注意は必要

セキュリティに優れた情報保護モードを毎回使ったら一安心!
でしょうか?
実はそうともいえません。
受信側でスクリーンショットを撮ったり悪意あるプログラムの利用をすることでダウンロードや転送はできてしまうようですし、一度送付した情報保護メールの情報保護自体を取り消すことはできないようなので毎回情報保護を行っていると相手方には表示期限が過ぎたメールは表示されなくなってしまい業務上や心情的に色々と支障をきたすことも多くなると思います。

まとめ

Googleからいきなり重要なお知らせと案内が届くとビックリしますが基本的には特に設定を変更する必要もないと思うのでスルーでも良いかと思います。
利用する場合はここぞという時に利用する方が良いです。

参考:情報保護モードで Gmail のメールを保護する

サンダーバード設定

投稿日:

パスワードを入力してください。
パスワードは、弊社のクライアントもしくは、現在商談中のお客様のみ閲覧が可能です。
閲覧したい方は、営業担当もしくはこちらからお問い合わせください。

ワードプレス 新規ページの追加方法

投稿日:

パスワードを入力してください。
パスワードは、弊社のクライアントもしくは、現在商談中のお客様のみ閲覧が可能です。
閲覧したい方は、営業担当もしくはこちらからお問い合わせください。

ワードプレス編集時の注意点

投稿日:

パスワードを入力してください。
パスワードは、弊社のクライアントもしくは、現在商談中のお客様のみ閲覧が可能です。
閲覧したい方は、営業担当もしくはこちらからお問い合わせください。

ラウンドキューブ アドレス帳(連絡先)移行の文字化け対処法

投稿日:

ウェブメールのラウンドキューブ(Roundcube)がリニューアルされること先日アナウンスされました。

メールデータなどはそのまま新ラウンドキューブに移行されますが、アドレス帳(連絡先)は手動での移行作業が必要なようです。

基本的には旧管理画面「エクスポートボタン」→生成されるrcube_contacts.vcfを新管理画面でインポートボタンで移行が完了しますがアドレス帳が文字化けを起こしてしまう場合があるようです。

そんな時の対処法ご紹介します。

文字コードの変更

文字化けの原因としては文字コードが異なっていることがあるので文字コードを変更する必要があります。
ラウンドキューブは旧、新共にUTF-8という文字コードを使用しているのでShift_JIS等でファイルが保存されている場合変更します。

1、文字化けを起してしまうrcube_contacts.vcfをテキストエディターで開きます。

2、ファイルを選択し右クリック→プログラムから開く→テキストエディターを選択

PC標準のテキストエディターでは上手くできないと思うので秀丸(シェアウェア)や無料で利用できるTeraPad(テラパッド)がお勧めです。

3、文字コードをUTF-8に変更し保存
(エディター手順詳細は割愛しますが代行も可能ですのでお問い合わせ下さい)

4、保存したファイルを新ラウンドキューブにインポートで完了です。

ワードプレス5.0の投稿編集前の注意

投稿日:

先日ワードプレスのアップデートがありました。
4.××→5.××。エディター機能がブロックエディターのグーテンベルク(Gutenberg)に。

参考:ブロックエディターって何?ワードプレス5.0へアップデート

変化に慣れるには触るのが一番なので新規追加や過去記事の編集を行って頂きたいですが、基本的な注意事項をご紹介します。

【重要】過去記事の編集をする場合でもまずは新規追加

過去記事の編集をする場合でもまずは新規追加から操作して下さい。

というのは従来投稿画面にはHTML(テキスト)モードとビジュアルモードがあり、普段使っているモードが新規追加や編集でも自動的に選択されるようになっていました。

ビジュアルモードではホームページ上で表示されている見た目上のデザインで編集ができるので便利ですが、そのまま編集したり、ビジュアルからHTMLに切り替えた場合、設定や作りによっては変なタグが入ってしまってデザインがくずれる原因にもなるので極力HTMLモードでの編集が推奨でした。

但し、今回のワードプレス5.0へのメジャーアップデートで投稿機能が「グーテンベルクGutenberg」に変わったことで今までのHTML(テキスト)モードのデフォルト保持がクリアされてしまったようで、編集画面を開くビジュアルモードになってしまいます。

そこで過去記事を編集したい場合でも一度何も影響が無い新規追加から画面を開きHTMLモード(グーテンベルクでは「コードエディター」に名称変更?)に切り替える必要があります。

一度コードエディターに切り替えてからそのまま画面を離れて投稿一覧、記事の編集へと進むと次回からはHTMLモードで編集ができるようになります。

コードエディターへの切り替え

1、右上3つボタンをクリック
2、エディターの項目で「コードエディター」をクリック
自動的に切り替わります。

※まずは新規追加ボタンで影響がない状態から変更しましょう。

更新後プレビューではなく更新前にプレビュー

こちらはグーテンタークでの注意というよりもワードプレスでの注意ですが、プレビューの使い方はデータを更新して実際のホームページに反映される前にデザインを確認したい場合に使います。

なので必ずプレビューを押して変更内容が問題なくデザインが崩れていないのを確認してから更新ボタンを押して下さい。

その際何かおかしければ更新ボタンを押す前に投稿一覧に戻るなど別の画面に遷移させて編集画面を閉じます。保存されていないとアラートがあがりますが無視して別の画面に行くことで編集前の状態に戻すことができます。

この手順を逆にしてプレビューをデザイン確認のツールとしてのみ使うとおかしくなっても元の状態に戻しづらくなってしまいます。

既に触ってデザインがおかしくなってしまった場合はリビジョンから復元

ビジュアルモードで触ってレイアウトやデザインがおかしくなってしまった、その状態で更新をしてしまった場合でもそのページ内であればリビジョンから復活ができます。

リビジョンとは編集中の下書き保存や更新を重ねていく上で自動保存されたデータで過去の時点へ戻すことができます。
今回の場合でしたら更新前の日付のデータに戻せばよいです。

リビジョンが記録されている場合は右サイドメニューから確認できます。
(設定によってはデフォルトでは表示されないようになっている場合があります。)
但しリビジョンも万能でないので保険として考えておきましょう。

ブロックエディターって何?ワードプレス5.0へアップデート

投稿日:

ワードプレス(WordPress)の投稿画面が違う

いきなりブロックエディターへようこそと表示された、ワードプレスの投稿画面がいつもと違う、変なボタンを押したら画面が真っ白になってしまった、何か変な操作をしてしまった・・・?という戸惑いの声が最近あがっています。

原因はワードプレスのメジャーアップデートでした。
4××から5.××へ。
それに伴い投稿画面のエディター機能がコードネーム「グーテンベルクGutenberg」
に切り替わり従来とは大きく変わってしまいました。

参考:https://ja.wordpress.org/gutenberg/

ワードプレス(WordPress)投稿画面グーテンベルクを元に戻す方法

機能が追加されたり、削減される際に見た目上のデザインが変わることはありますが、何とか以前との共通点を探し徐々に慣れていくものですが、今回の変更はデザインのみならず仕様まで変わってしまったので戸惑うこと必須だと思います。

元の投稿画面で投稿したい場合はどうしたらいいでしょうか。

方法としては主に下記です。

①ワードプレスをダウングレードする。

②プラグインで対応する。

③あきらめる

ただいずれもデメリットはあります。

①ワードプレスをダウングレードする

ワードプレスをバックアップなどからダウングレードすることで元の状態に戻すことはできます。但し、一度アップデートしたものをダウングレードさせることは不具合の原因になりますし、ワードプレスはセキュリティの改善の為にもアップデートされていくので、ダウングレードして古いバージョンのままとどめておくのはあまりおすすめできません。

②プラグインClassic Editorを利用

プラグインも
Classic Editor

というものを使用すると旧バージョンの画面で対応できるようですが、こちらも同じくアップデートの問題などもありますしプラグインがいつか使えなくなってしまう可能性も無いとはいえません。

③あきらめる!?

①②はいずれも少し問題があります。よって正解は3番のあきらめるです。

「あきらめる」というのは語弊がありますが新バージョンの投稿機能グーテンベルクに慣れることです。ワードプレスから別のCMSに変更しない限りはアップデートと変更というものはつきものですので長期的に考えれば使い慣れることが一番です。

慣れるにあたっての注意点

慣れるには触ることが一番ですが、事前の注意点もあるので下記参考にしてみて下さい。

ワードプレス5.0の投稿編集前の注意

ただ現時点でバージョンが5.0になっていない場合は焦ってワードプレスのアップデートをする必要はないと思います。
バージョンが上がる直後は不具合が残っていることもありますし、プラグインが対応できずに不具合の原因になることもあります。
ワードプレスのアップデートに関しては下記記事ご参照下さい。

参考:ワードプレス(WordPress)のアップデート

ホームページ素材準備 類似画像の検索方法

投稿日:

ホームページの中で画像は重要な存在です。

テキストだらけのサイトだと読むのがしんどくなってしまいますが、画像を使用することで適度な間を作ることができ、直感的にイメージを伝えることもできます。

ただ、画像を準備するのは結構大変なものでスマホやデジカメで簡単に撮れるといってもプロが撮影したものと比べるとどうなんだろう等と思ってしまい進まないことがあります。

自分達で撮った生の雰囲気の方が味がありますが、困った時はピクスタ、フォトリア、ピクサベイ等素材サイトなどを利用するのも方法です。

またそれらを含めGoogleの画像検索を利用して用意するのも便利です。
但しライセンスの問題で使用できない、そのまま使用してはいけない場合も多いので注意が必要です。

参考:素材準備 画像選びの便利な方法

1人で画像を選んでいるならば権利関係の確認も大丈夫かと思いますが、複数人で画像を選んでいる場合素材元が分からない画像が混じってしまうことも・・・。
そんな時は画像の類似検索を使用してみましょう。100%ではないかと思いますが、素材元の確認に役立ちます。

Google画像検索を利用した類似画像の確認

1、https://images.google.com/
上記URLからアクセスするか通常のグーグル検索で適当に検索した後にタブを「画像」に切り替えます。

2、検索窓にカメラアイコンが出現するのでそちらをクリック

3、画像のアップロードを選択。

4、ファイルを選択でパソコンのフォルダー内から選択するか、ドラッグ&ドロップで画像を貼り付けます。

5、類似の画像や一致した画像を含むページとして表示されます。

ページトップへ