「ブログ」カテゴリーのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 03-6876-2707 or 078-585-6383(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

お知らせ

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • TEL. 03-6876-2707
  • 受付時間: 平日 -
  • 本社・デザイン室・開発室
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  • TEL. 078-585-6383
  • 受付時間: 平日 -
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

パスワードで制限されている場合、パスワード入力が必須になります。パスワードが必要な方は、お手数をおかけしますがこちらからお問い合わせください。

Youtube活用

投稿日:

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。そんな時は画像を入れ込むことで読みやすくさせ目を引き付ける効果もありますが、画像や文章で伝えきれない情報を訴求できるコンテンツとして動画も効果的です。

動画コンテンツのメリット

導入も手軽に

従来は動画コンテンツを作成、配信するには機材やサーバーを準備してコストや手間がかかるものでしたが、今ではスマートフォンやデジカメでも画質的には十分の動画を撮ることができ、Youtubeなどの配信サービスを利用することで手軽にウェブサイトにも導入することができます。

ソーシャルメディアとの相乗効果がある

Youtuberという職業?ができたほどで動画コンテンツは魅力や話題性があればソーシャルメディアも活用することで拡散していく可能性を秘めています。
逆に悪目立ちということで炎上というリスクもあることは知っておく必要があります。

ウェブサイトへの誘導経路の一つに

概要部分にウェブサイトへのリンクを掲載することで自社サイトへ誘導することができます。
また、Youtubeなどの動画コミュニティー内だけでの閲覧にとどまらずGoogleで通常のキーワード検索をした際にもサムネイル画像と共に表示されることがあるので目を引き付けることができます。

今回は動画掲載において便利なYoutubeへのアップとウェブサイトへの掲載方法をご紹介します。

Youtubeへの掲載方法

1、ページ再下部までおりて後でセットアップクリック
Googleでyoutubeと検索してもよいですが、Googleアカウントにログインする必要などもあるのでお勧めは一度Gmailの管理画面にログインし、画面右上のナビゲーションキューブをクリックしyoutubeを選択することです。

2、youtubeの管理画面に入ると画面右上のプラスマーク付きビデオカメラボタンから動画をアップロードをクリックします。

3、始めるをクリックしカスタム名を選択をクリックします。

4、チャンネル名を作成します。複数設定もできるので動画のジャンルや内容に沿ったチャンネル名を考えます。

5、チャンネルのプロフィール(URL等)を設定します。後でも設定できますし動画毎にURLの記載などもできるので「後でセットアップ」で飛ばしても構いません。

6、早速動画ファイルをアップロードします。公開非公開などの設定後で変更できますが、初めは非公開もしくは限定公開に変更してアップロードすれば安心です。
非公開はログインしている自分しか見ることができず、限定公開は一般には公開されず関連動画等にもあがりませんがURLを伝えることで特定の人に見てもらえます。

 
youtubeでアップ可能なファイル形式
MOV
MPEG4
MP4
AVI
WMV
MPEGPS
FLV
3GPP
WebM
DNxHR
ProRes
CineForm
HEVC(h265)

7、基本情報に動画タイトル、概要文、タグを設定します。ここの設定内容で検索への引っかかりやホームページへの誘導力も変わってくるので重要です。

8、詳細設定タブで詳細設定の内容も確認します。

9、内容問題なければ右上青ボタンの完了を押します。動画のURLも左側に生成されているので共有したい人にはこのアドレスを伝えます。

ホームページ制作の担当は社長がやるべき!?

投稿日:

ホームページの担当は誰がなる?

今までホームページを持っていない企業にとってホームページを新規で立ち上げることは大きなチャレンジです。

企業によってはプロジェクトチームを立ち上げて入念に打ち合わせを重ねることもあります。

ここでよく議論になるのが担当(責任者)をどうするのかということです。

担当(責任者)ということで一番に浮かぶのは社長ですが、数百人規模の大会社になると社長が全てを担当することは不可能です。
では数十名の中小企業なら社長が担当になるかというと、その場合でも自分はパソコンに慣れていない、WordやExcelも使えないし、その他スキルやネットの知識が不安ということで社長ではなくホームページやパソコンに詳しい若手が担当になることも多いかもしれません。

ですが、ホームページ制作会社からのおススメは詳しかろうと詳しく無かろうと社長が担当(責任者)になることです。直接的に担当になるのが難しい場合でも積極的に関与することが大切です。

社長が担当になるべき理由

社長がホームページ制作の担当者になるべき理由は主に3点あります。

・会社のこと、今後の戦略や未来像は社長が一番知っている
・パソコンのスキル(Word、Excel、Powerpoint等)やネットの知識はあまり関係ない
・最終的な決定権(決裁権)は社長がもっている

1、会社のこと、今後の戦略や未来像も社長が一番知っている

ホームページをどのように活用していくかの目的にもよりますが、企業ホームページ共通の目的としてはホームページを通して会社を知ってもらう、会社案内的な役割があります。

伝える対象は既存の取引先、新規の取引先、求職者、個人、法人、行政等様々です。

創業社長の場合、会社の過去、現在、未来についてはスタッフの誰よりも自分自身が一番詳しく想いも強いわけです。
その想いを形にし、訪問者へ伝え、今後の戦略に生かしていく。それがホームページです。

2、パソコンスキル(Word、Excel、Powerpoint等)やネット知識はあまり関係ない

よくWordやExcel、パソコン使えないからと言われることもありますが、ホームページの制作段階においては特に必要ありません。
見た目を整えるのにWordやExcelの知識は不要ですし、タイピングができなくても手書きで原稿を作成しスタッフや制作会社にデジタルでの文字起こしをしてもらえば解決します。

ネットの知識は知っているに越したことはありませんが、ホームページ公開後の運用段階で必要になってくる知識ですし、制作会社と二人三脚でプロジェクトを進めていくうちに自然に身についていくかと思います。

『ホームページ』と考えるとあまりピンとこないかもしれませんがマイホームを建てる時も同じだと思います。
マイホームを建てる際にも建築の知識やデザインの知識が自分にあるわけではありません。自分は夢を語り、イメージを伝え、それを制作会社であるプランナーや建築士、職人が形として実現させる。そのようなものです。

細かいスキルよりも重要なのはコンテンツ(画像や原稿)の中身になります。

3、最終的な決定権(決裁権)は社長がもっている

ホームページにはデザインという要素が絡んできます。ホームページの制作会社からすればデザインよりも中身のコンテンツが重要というのはお伝えするところではありますが、とはいえやはりデザインは気になる所です。

ただ難しい所は機械のスペックのような明確な数字となる指標がなく、主観の好みも入り10人いれば10通りの意見が出てきます。
その中には良い悪い真逆の意見が出るかもしれません。

とはいえ色々な意見を尊重しつつ最後に決定するのは社長ではないでしょうか?

担当者に任せたのだからと自分が納得いかないデザインでもGoサインを出せるのならば問題ないですが、そうはいかないこともあると思います。

それならば社長が担当をつとめるか、スタッフの担当者に初期段階から積極的に確認をして作業をすすめるのが一番良い方法です。

スタッフに担当を任せ自分はノータッチ。その間スタッフは制作会社と話、作業を進めいよいよ公開間近といった時に初めてデザイン内容を確認して自分(社長)としては納得がいかないデザインなので修正指示を出す・・・。
スタッフに丸投げしてしまうと意思疎通に齟齬が生じトラブルのケースになる場合もあります。

ホームページの場合、平面の紙のデザインとは異なり、立体的に組まれベースのデザインを元にプログラムが絡む場合があるので、最終段階でベースのデザイン修正が入ると一から作業をやり直すことになり担当スタッフや制作会社の負担は増し、納期も延びることになってしまいます。

まとめ

企業の顔となるホームページだからこそスタッフに丸投げにせず社長が担当になりましょう。

Gmail POP受信遅延の軽減方法

投稿日:

独自ドメインのメールアドレスをGmailの「他のアカウントのメールを確認(POP受信)」で受信している場合、Outlookなどを使用していた場合と比較すると受信遅延が大きく感じてしまいます。
時間帯によっては数十分から数時間かかることも・・・。
ビジネスでメールを使用している場合受信遅延は色々なことに支障が出てくるので軽減方法のご紹介です。

※こちら方法でも数分の遅延や手間がかかるので数秒から数分単位のリアルタイム性を求めるのならGmailの他のアカウントからの受信機能は使用しない方が良い場合があります。

手動確認(受信を促す)方法

歯車マーク>設定>アカウントとインポート>メールを今すぐ確認する

をクリックすることで手動での受信を促すことができます。

※「メールを今すぐ確認する」をクリックするとメールの確認中となり1分ぐらい時間がかかる場合があります。
ここで何件か取得と表示されても受信トレイにすぐ反映されていないことがあるので「受信トレイ」もしくは「すべてのメール」の画面で何度か再読込してみて下さい。

まとめ

受信遅延の話題は数年前から出ていますが現状Gmail側の機能で確認間隔を短くすることなどはできないので今後の仕様変更も特に期待できないかもしれません。
慣れれば気にならない程度の負担なのでまずは手動での確認を試すことをおすすめします。

2019年9月版 ページを上位に表示させる為のSEO対策

投稿日:

ウェブサイトを初めて公開しURLを打ち込むとちゃんとページが表示された時、今までの苦労が吹き飛び嬉しくなるものです。

ではGoogleやヤフーでも検索すると表示されるかな?と検索してみると・・・、
よく公開直後に検索してもサイトが表示されないので何とかならないですか?ライバルサイトよりも順位が低いけど何故?とご質問頂くこともあります。基本的にはしばらく(数週間から2,3ヶ月)様子を見て下さいとお伝えしています。

というのもウェブサイト上には数億サイト、数兆ページというサイトがありその膨大な量のサイトをグーグルの検索エンジンのロボットが審査しており、公開直後は自社サイトの全てのページに辿りついていなかったり、評価も定まっていないので上位表示はされにくいです。

ただ、数ヶ月待っても2,3ページ以内にも入らないようであれば何かしら問題がある可能性があるのでいくつか簡単なチェックポイントとSEO(検索エンジン最適化)対策をお伝えします。

SEO(広い意味では検索上位に表示させる方法)の指標は数百あるといわれ日々そのアルゴリズムも変更されていますが、基本的な考えとしては小手先の手法に走らず訪問者にとって有益で分かりやすい情報を届けることを考えることが大切です。

狙っているキーワードとサイトタイトル

まず一番と言ってもいい重要なポイントはサイトのタイトル(主にトップページのタイトル)です。

Googleの検索結果の一覧にも表示される部分でその内容を判断してユーザーはサイトを訪問します。
※Googleが自動的に表示を変更する場合もあるので設定のタイトルがそのまま表示されるとは限りません

ページタイトル内に狙ったキーワードが含まれているかどうか、無駄に長くなっていないかは大切です。

但し、キーワードを狙いすぎて変なタイトルにしてもユーザーにクリックされずサイトにも訪問してもらえず意味が無いのでページ内容を反映しクリックしてもらいやすいタイトルにすることがポイントです。

ライバルサイトのタイトルにはキーワードが含まれていないのに上位に表示されている場合もありますが、別の要素が絡んでいることもあるのでまずはできることとしてキーワードを入れましょう。

参考:ホームページ タイトルの作り方

調べ方

サイトトップページの適当な所を右クリックして「ソースの表示」を行って下さい。
F3でページ内検索の窓を表示させてtitleと検索します。

タイトルタグで囲われている部分 「ホームページ制作とSEO対策 ワサビ株式会社 | 東京・神戸」がサイトのタイトルになります。

各ページタイトルとコンテンツキーワード

1ページもののランディングページは除いて基本的にはウェブサイトはコンテンツ毎に複数のページ構成からなっています。(会社案内、サービス紹介、採用情報等)

サイトタイトルと同じく各ページにもタイトルを設定できるのでそれぞれのタイトルが設定できているか確認しましょう。

個人で勉強して作ったサイトなどはたまに全ページのタイトルが全てサイトタイトルと同じになっていることがありますが、それでは正しく伝えきれていないので個別のタイトルを設定しましょう。
個別タイトルに共通化したサイトタイトル(社名等)を組み合わせるのも効果的です。
例、 会社案内| ワサビ株式会社

また、コンテンツ内にキーワードが使用された文章があるかも重要です。
ひと昔前でしたらキーワードを無作為に詰め込んでも効果があったこともありましたが今では文脈や意味も読み取るのでキーワードを文章内に含ませることは大切ですが、最終的にはその文章を訪問者が読んで有益な情報提供ができているかどうかを考えた方がいいでしょう。

調べ方

サイトタイトルの時と同じ方法。

外部サイトからのリンク

外部サイトからリンクが張られているかどうかもポイントの一つです。

リンクを貼るということはページやサイトを行ったり来たりできるということ。
検索ロボットもリンクを辿り色々なページを見て回っています。
複数のサイトや評価が高いサイトからリンクを貼られている(紹介されている)ことはSEOにとってプラスになります。

但し、自社サイトの内容に関係ないリンク集に登録したり有料リンクの購入や相互リンクは今ではマイナス、ペナルティにもなる可能性があるので気を付ける必要があります。

参考:ペンギン・パンダアップデート

ではどうやってリンクを集めるのでしょうか?

SEOの基本になりますが、有益なコンテンツをブログなどで積極的に発信することでユーザーに紹介してもらえる(リンクをはってもらえる)情報を提供することが大切です。
上記は受動的な方法ですが、プッシュ型のアプローチとしてはプレスリリースを利用するのも方法です。
ネットメディアに一斉配信というサービスもあります。SEO効果を直接的に与えないこと(no follow)が多いようですが多くの目にとまることによりそこからの紹介ということで間接的な効果などは期待できます。

調べ方

外部サイトからのリンク(被リンク)状態を調べる方法ですが、「被リンクチェック」等で検索すると無料や有料で利用できるツールが出てきます。
例、http://hanasakigani.jp/
またGoogleのGoogle Search Console(旧ウェブマスターツール)でもリンク状態をチェックできます。

但し、反映までに時間がかかったり100%拾えるというわけでもないので目安としての使い方に留めた方がよいです。

他の手段として実際に外部サイト経由でアクセスがあった場合はGoogleアナリティクスの集客項目から確認もできます。

スマートフォン対応

スマートフォンでの閲覧に対応しているかどうかも重要です。
ここ数年でGoogleはモバイルフレンドリーを推し進めパソコンメインからスマートフォンをデフォルトの基準とした評価手法、モバイルファーストインデックスへとに変化してきています。

よく誤解があるのがスマートフォン対応していないからといってスマートフォンでサイトが表示されないわけではありません。
パソコンと同じデザインイメージがそのままの形で表示されるのでスマートフォンで操作しようとするとメニューのタッチなどが大変になる=ユーザビリティ(使い勝手)が悪いとされてしまいます。

サイトの訪問者がスマートフォンからの閲覧が多い少ない関わらず、リニューアル検討する際にはスマートフォン対応は必要ともいえますが、トップページだけなど一部改修での中途半端な対応は、残りのページが評価対象にならないなど逆効果になることもあるので気を付ける必要があります。

調べ方

スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。
Googleクロームの場合は下記です。

1、キーボード上部のF12を押す。

2、デバイスサイズの切り替えボタン。

3、念のためページの再読み Ctrl+F5

4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。

※変わらない場合でもスマートフォン対応されていることもあります。

参考:スマートフォン対応とレスポンシブデザイン

SSL(暗号化通信)対応

2018年、Googleのブラウザ、Googleクロームの仕様変更により「行政機関のウェブサイトも対応していない」とニュースにもなった、SSL(暗号化通信)対応もSEO要素の一つです。
但し、大きなウェイトとは言えませんし、リスクや作業負担もあるのでSEOだけを考えるのであれば全体見直しのタイミングの時に導入するのがよいかもしれません。
フォーム入力時に保護されていない通信と赤字に変わったりするのでユーザーイメージやセキュリティ面を考えるなら検討も必要です。

調べ方

ブラウザのURL部分 「保護されていない通信」と表示されていたら未対応です。

鍵マークになっていたり、アドレスがhttpsとsが付いていたら対応済みです。

但し、全ページ対応できておらず一部不完全になっていることもよくあるので注意が必要です。
SSL(暗号化通信)のメリットデメリットなどは下記をご参考下さい。
参考:SSLの導入

参考:企業にとってSSL導入の目的とは

その他Youtube,ツイッター、フェイスブック、ブログ等の活用

ウェブサイトは基本的に単体で存在するものでなく色々な施策の落としどころとして活用するものです。

直接的なSEO効果ということではないですが、ウェブサイトへの間口を広げる意味でサイト内でブログを運用したり、Googleマイビジネスの登録、Youtube,ツイッター、フェイスブックといったSNS施策やチラシ、パンフ、名刺といった紙媒体にリンクやQRコードを記載しての活用、ネット上の広告(リスティング等)、メルマガや忘れがちですがリアル営業も間接的なSEOとしては重要になってきます。

Youtubeの表示

Googleマイビジネスの表示

まとめ

「ページを上位に表示させる為のSEO対策」と銘打った本文ですが、テクニカルなことではなく基本的なことをご紹介させて頂きました。
SEO対策には絶対の正解はありません。
Google自体のルール(アルゴリズム)も日々移りかわりますし、他サイトの順位変動にも影響を受ける相対的なものでもあります。

全然表示されないということであれば何かしらの原因や狙いがずれている場合もありますので上記ポイントをまずは確認してみて下さい。
そうでない場合は、あまり順位変動に一喜一憂せず訪問者にとって有益で分かりやすい情報を届けることを考え、変化の兆候を知ることができるように定期的なアクセス分析と運用が大切です。

SNSのデマ拡散と責任

投稿日:

先日SNSの利用を巡って起きた問題がニュースになっていました。

煽り運転、暴行事件を起こし指名手配された男の車に同乗していた女性と同一人物だということでとある会社代表の女性(以下Aさん)が晒されたのです。
晒しとは、悪事を犯したと噂される人物を正義感をもって私刑しようとすることでSNSの投稿、アカウント情報等から情報を繋ぎ合わせて人物を特定し住所や名前などの個人情報等をネット上に発信する行為です。

例え罪を犯したことが確かな人物であっても晒す行為は問題をはらむと思いますが、今回はそれが間違った情報、デマとして発信拡散されたことがより問題を大きくしました。

こういったデマの拡散は今回が初めてではなく、2017年にも同じくあおり運転が死亡事故の原因につながり、その犯人の父親ということで全く関係ない個人や会社が晒され問題になったこともあります。(11人が書類送検されるが不起訴)

デマ拡散の背景

なぜこのようなデマが発信拡散されてしまうのでしょうか。

背景には
・間違った正義感
・広告収入目的
・悪ふざけ
・ツールの手軽さ
等があると思います。

発信する前提としてAさんが煽り運転に関わったと本当に信じて発信したのか、Aさんは関係ないと分かっているけれどあえて発信したのかも重要です。

恐らく今回の発信者のきっかけは前者で正義感から自分の得た断片的な情報を判断し罰を与える為として発信していますが、そうではなく悪意をもってAさんを貶めようとデマを発信することも可能です。
注目を浴びるためといった悪ふざけや、過度に煽ったり不正確な情報でも発信してまとめサイト等のPV数を増やすことによる広告収入目的などのケースも考えられます。
実際に過去、地震発生時にライオンが動物園から逃げ出したというデマツイッターを悪ふざけで投稿して逮捕されたケースもあります。

そして問題なのは発信された情報を受け取った側がSNSのツールが普及した今ではリツイートのボタン(ツイッターの場合)を押すだけで簡単に不特定多数に対して善意として拡散が出来てしまうことです。

情報の取捨選択と責任をもった行動が必要

拡散行為が全て悪いとは言えません。
例えばコンビニで食品の発注数を間違えて大量に仕入れてしまったことを発信し、それを拡散することにより無駄を無くす手助けをするといったプラスの拡散もあります。

大切なのは発信された情報を安易に鵜呑みにせず情報の真偽を見極めて自分で責任が持てるのならば拡散する。責任を持てないのならば拡散しないということです。
ツイッターは匿名性ですし拡散もボタン一つなので責任の意識も希薄になりますが、デマを発信拡散した場合、業務妨害や名誉棄損に問われるリスクも考えておくということです。

拡散以外のやり方を考えるのも方法です。

冒頭のAさんを晒す行為も不特定多数に拡散するのではなく、警察に情報提供ということで意見を出せば無実の被害者を出さず、場合によっては捜査の進展にも繋がります。

法人には更に会社の信頼の看板がのしかかる

個人のアカウントにも責任はありますが、法人の公式アカウントでは個人の責任とは別に更に会社の信頼という看板がのしかかります。

法人アカウントを運用する担当が個人アカウントの感覚で発信したことにより法人アカウントが炎上してしまう事例もありました。
参考:シャープ、「値踏みツイート」で謝罪 ミニスーファミ収録ソフトに「0円」評価

こうなると影響は更に大きくなるので、個人の責任だけではなく組織としてのチェックや管理体制なども問われてきます。

まとめ

ツイッターに限らず情報を発信、拡散するという行為は今ではとても簡単にできるようになっています。但し簡単にできるからこそ、そこには責任が発生するということも意識して情報を取捨選択することが大切です。

Gmailで独自ドメインのメール送受信

投稿日:

普段Outlookというメーラーを使用しない方でも独自ドメインでのメール送受信できる方法をご紹介します。

※有料版のGsuiteベーシックを利用することで下記の設定によらず独自ドメインのメール送受信もできますが、メールアカウント数毎に課金が発生します。弊社ではGsuiteの導入サポートも可能ですのでご相談下さい
参考:https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/pricing.html

Gmailで独自ドメインのメール送受信

①Gmail管理画面の歯車設定アイコンからアカウントとインポート選択。メールアカウントを追加するをクリック

②独自ドメインのメールアドレスを追加

③他のアカウントから読み込むで次へ

④メールアカウント情報の入力。(※詳細はサーバーによってことなります。)

・ユーザー名→メールアドレス全て
・パスワード→メールアカウントパスワード
・POPサーバー→〇〇.secure.ne.jp 等
・ポート番号995に変更
・取得したメッセージのコピーをサーバーに残す(容量制限ない限りチェックあり推奨)
・メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用する。(チェックあり)
・受信したメッセージにラベルを付ける(任意)
・メッセージを受信トレイに保存せずにアーカイブする(チェック無し推奨)

⑤アカウントが追加できたら独自ドメインから送信もできるように「次へ」

※後から送信の設定をする場合は、Gmail管理画面の歯車設定アイコンからアカウントとインポート>他のメールアドレスを追加

⑥相手に表示させる名前とメールアドレスを入力して次へ

「エイリアスとして扱います」はそのままチェック推奨
参考:
https://support.google.com/a/answer/1710338?ctx=gmail&hl=ja&authuser=0&visit_id=636960110109051177-2892550470&rd=1

⑦送信サーバー情報の入力

・SMTPサーバー→〇〇.secure.ne.jp 等 
この場合は受信サーバーと同じ
・ユーザー名→メールアドレス全て
・パスワード→メールアカウントパスワード
・ポート番号465に変更
・SSLを使用したセキュリティで保護された接続にチェック入れ、アカウントを追加

⑧ポップアップで確認コードを入力する欄が出るのでそちらを入力

※独自ドメイン宛てに確認コードが届くのでサーバーで転送をかけるなど何かしらで独自ドメインのアドレスを受信する必要があります。

⑨独自ドメインに届いたメールから確認コードをコピーして先ほどの欄に入力

outlook2016 暗号化された接続(SSL/TLS)が必要 メール設定方法

投稿日:

SSLの送受信に対応したOutlook2016メール設定の方法です。
※メールサーバー等によっては設定方法が異なります

Outlook2016メール設定(ssl対応まで)

①Outlook2016でファイルタブからアカウント追加

②メールアドレスを入力してその際、詳細オプションをクリックして「自分で自分のアカウントを手動で設定」を選択

③POPを選択(サーバーと同期させたい場合はIMAP)

④パスワードを入力(管理者に確認してください)

⑤認証が取れたら完了をクリック。※但し詳細設定を変更しないと、「対象のプリンシパル名が間違っています。このサーバーの使用を続けますか」のエラーが出続けるので⑥以降で変更


⑥ファイルタブ選択

⑦アカウント情報で該当アカウント選択

⑧アカウントの設定から「サーバーの設定」を選択

⑨サーバー名の部分、デフォルトではpop.独自ドメインになっていることを確認

⑩サーバー名の部分を〇〇.secure.ne.jpに変更※こちらの設定は個々で変わるので管理者に確認してください

⑪送信メールをクリック。サーバー名の部分、デフォルトではsmtp.独自ドメインになっているのでこちらも⑩と同じサーバー名〇〇.secure.ne.jpに変更。次へをクリックすると完了

Outlook2016メール設定(名前変更とサーバーコピー残す)

⑪まででメールの送受信設定は完了ですが、おすすめの設定として下記も変更しましょう。
メールサーバーの容量に制限がある場合はメールサーバーから削除するにチェックをいれたままの方が良いかと思います。

⑫ファイルタブ、アカウント設定、「アカウント名と同期の設定」クリック

⑬自分の名前の部分を任意の名前にすることで受信相手にもその名前を表示できます。またメールサーバー容量が十分な場合はサーバーから削除するのチェックを外しておきましょう。

メール暗号化について

メール受信時のメールソフトとメールサーバーの間を暗号化することを「POP over SSL」と言います。また、メール送信時にメールソフトとメールサーバーの間を暗号化することを「SMTP over SSL」と言い、このPOP over SSLとSMTP over SSLでメールの暗号化を行うことで、メールのセキュリティを高めることができます。しかし、送信者側がSMTP over SSLの設定を行っていても、受信者側がPOP over SSLの設定をしていない場合は、受信時のメールサーバーとメールソフトの間が暗号化されなくなるため気をつけておきましょう。

参考:
https://www.hai2mail.jp/column/2018/what-is-mail-using-ssl.php

[ご対応のお願い] 貴社のドメインで Gmail 情報保護モードがデフォルトで有効になります

投稿日:

Gmail 情報保護モードがデフォルトで有効!?対策は

Gsuiteを管理しているとGoogleから通知が来ることがありますが、下記のようなタイトルのメールが最近届いたようです。

[ご対応のお願い] 貴社のドメインで Gmail 情報保護モードがデフォルトで有効になります

「重要なお知らせ」とも書いており字も大きいので何か対策をとらないといけないのかとあせりますが・・・基本的には何もしなくて大丈夫です。

Gmail 情報保護モードとは

個人向け無料のGmailでも以前からベータ(試験運転)状態で提供されていましたが企業向け有料Gmail(Gsuite)でも機能として標準装備されたとのことです。

情報保護モードが不要でしたらGoogle管理コンソールから機能オフにすることもできます。

但し一律に送信メールが保護されるかというとそうでもなく、送信時に個別で設定する必要があるため、機能がオンのままでも特段影響はなさそうです。

情報保護と言いますが、肝心の機能の中身はどんなものでしょうか。

・受信者はメールや添付ファイルを転送、コピー、印刷、ダウンロードできない。
・相手方のメールの表示に有効期限(1日~5年)を設けられる
表示期限の自動、手動で切り替えもできます。
・メールを開くのにSMS(ショートメッセージ)を利用したパスワードを必要にできる

といったセキュリティ強化の機能のようですが、
メール送信時に個別で設定する必要があるので特に使用しなければ変わりありません。

情報保護で一安心?注意は必要

セキュリティに優れた情報保護モードを毎回使ったら一安心!
でしょうか?
実はそうともいえません。
受信側でスクリーンショットを撮ったり悪意あるプログラムの利用をすることでダウンロードや転送はできてしまうようですし、一度送付した情報保護メールの情報保護自体を取り消すことはできないようなので毎回情報保護を行っていると相手方には表示期限が過ぎたメールは表示されなくなってしまい業務上や心情的に色々と支障をきたすことも多くなると思います。

まとめ

Googleからいきなり重要なお知らせと案内が届くとビックリしますが基本的には特に設定を変更する必要もないと思うのでスルーでも良いかと思います。
利用する場合はここぞという時に利用する方が良いです。

参考:情報保護モードで Gmail のメールを保護する

サンダーバード設定

投稿日:

パスワードを入力してください。
パスワードは、弊社のクライアントもしくは、現在商談中のお客様のみ閲覧が可能です。
閲覧したい方は、営業担当もしくはこちらからお問い合わせください。

ワードプレス 新規ページの追加方法

投稿日:

パスワードを入力してください。
パスワードは、弊社のクライアントもしくは、現在商談中のお客様のみ閲覧が可能です。
閲覧したい方は、営業担当もしくはこちらからお問い合わせください。

ページトップへ