非同期スニペット

「CMS」カテゴリーのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

パスワードで制限されている場合、パスワード入力が必須になります。パスワードが必要な方は、お手数をおかけしますがこちらからお問い合わせください。

ブログは、WordPress、アメブロどちらで作るべきか

投稿日:

blog

ブログの活用方法

ネットショップに限らず多くのウェブサイトに言えることですが、自身のサイトへの集客において大事になるのが、訪問者にとって価値のあるコンテンツを作成する必要があります。
そのコンテンツの中でも中長期的に最も効果を発揮する方法の一つとしてブログが挙げられます。
ブログは作成した記事をストックできる機能があります。単なる日記を載せるのでなく、訪問者にとって有益になりうる情報を載せることにより、検索結果に表示される可能性も増えます。
そのブログの記事から、人となりや思い、有益な情報を得た訪問者に導線を用いてサイトへ集客していくという流れになります。

さて、ブログを始める際にまずどのようなブログサービスを使えばよいのか疑問が生まれると思います。ライブドアブログ、FCブログ、はてなダイアリー、Seesaaブログ、エキサイトブログなど様々な有名なブログサービスは多くあります。
今回は特に人気の高い、WordPressとアメーバブログを比較してみたいと思います。

WordPress

メリット

  • 検索結果で上位に表示されやすい傾向がある
  • 世界で最も使用されている構築サービスでカスタマイズ機能が豊富
  • 広告が表示されない
  • オリジナルドメインを設定できる
  • 完全に独立した自分専用のWEBサイトを作れる
  • 外部サービスとの連携が豊富
  • 使い方を説明した記事が沢山ある。

デメリット

  • サイトの起ち上げ、設定が面倒
  • サーバーやドメインを取得する必要がある
  • 積極的に更新、宣伝を行わないとアクセスは集まらない
  • 多少のプログラミングの知識が必要
  • 独自サイトなのでセキュリティ対策が必要

まとめ:設定や運用が難しい分、自由度が高い

アメーバ

メリット

  • ブログサービスを使っている人同士の交流機能があり、読者を集めやすい
  • ネット初心者でも簡単に使う事が出来る
  • スマホでも簡単に更新することが出来る
  • 若者や女性にリーチしやすい

デメリット

  • あからさまな商用利用をすると削除される可能性がある。
  • 有料版でない限り広告が表示される
  • メンテナンス最中はアクセスが出来なくなる。
  • カスタマイズ制限がある
  • 画像アップの容量が2GBと制限がある(課金することで増加可能)

まとめ:設定や運用が簡単な分自由度が低い

WordPressとアメーバのメリット、デメリット等は以上になります。

まとめ

先にも述べた通り、顧客となる層が比較的若い方々や女性である場合は、そういった利用者の多いアメーバブログは有効な集客手段になります。
逆に、多く検索されるキーワードである商材や、ブログに力を入れたい方はWordPressをオススメします。それぞれを比較して頂き、商材なども加味し、自分に合ったサービスを選ぶと良いと思います。

ワードプレス(WordPress)の父「Matt Mullenweg」インタビュー記事のご紹介

投稿日:

株式会社THEBRIDGが経営するブログメディアにWordPressコミニティの長で、WordPress.comの運営元AutomatticのCEOであるMatt Mullenwegのインタビュー記事が掲載されました。

参照:http://thebridge.jp/2014/06/wordpress-automattic-matt-mullenweg

日本のWordPressコミニティについて

彼は今回アジア太平洋地域のWordPressコミニティを巡る中で日本に訪れた様です。その前に来日したのは5年前で、その当時の日本はスマホやタブレットが全盛というわけでなく、まだまだガラケーのシェアも高い状況でした。ガラケーで携帯用のページを見ている人もまだまだ多い状況でした。

しかし、現在の日本はスマホのシェアが非常に高く、ダブブレット等を通してウェブサイトにアクセスする割合も増えています。この様な現在の日本でのWordPressコミニティの状況に対し彼はこの様に答えています。

現在の日本の WordPress コミュニティの状況は、野球で言うなら、まだ1イニング。
だから、もっとWordPress を日本で広めたい。
そのためにも、日本から優秀な人を雇用したい。それが今回の来日の大きな目的の一つだ。

この様な日本のWordPressコミニティはまだ初期段階であり、2005~2006年位のアメリカのWordPressコミニティの状況に似ているようです。

運営元Automatticの日本人

現在Automatticの社員は250人程度います。世界中のどこで仕事をしてもいいことは、Automattic の雇用体系の特徴の一つで、250人の社員のうちサンフランシスコのオフィスに常駐する社員は15名程度しかいません。
残念ながら日本人社員は現在のところ、東京に常駐する高野直子氏の他には居ません。

それなりのユーザーが居る日本のWordPressコミニティにより良い環境にするためにも、日本人が入社することを望んでいるようです。

今後のWordPressについて

約1ヶ月ほど前、Automatticが投資ファンドから1.6億ドルの資金を調達したというニュースがありました。それに対する質問に対してこのように答えています。

典型的なIPOより、大きな金額をVCからの資金調達で賄えたんだ。
会社は自分達でコントロールしたいし、今のところIPOの必要は無い。
WordPress は2ヶ月前に11歳になった。
今回調達した資金は、WordPress のこれからの10年に備えるためのものだ。

今回調達した資金は、iPhoneやAndroid向けのモバイル最適化に向けて開発体制を作っていく様です。モバイルで欧米の先を行く日本から、WordPressの開発に加わってほしいと思うのは当然の事でしょう。

今後のWordPressの動向のなかで、日本だけに縛られず世界に飛び出していけるような人材が、WordPressを単なるブログ環境やCMSという概念に囚われるのではなく、新しいステージを生み出していってほしいと思います。

ワードプレス(WordPress)の編集。その前に!

投稿日:

ホームページの管理更新のシステム、ワードプレス(WordPress)は直感的にページ編集もできて便利なツールです。但し、既存のページ編集の前に気を付けるべきことがあります。

2つの編集モード。ビジュアル、テキスト

バージョンによって表現が異なるかもしれませんが、ワードプレスには2種類の編集モードがあります。ビジュアルテキスト。記事編集画面右上のタブから切り替えることができます。
tabu

テキストモードはHTML、タグの知識が必要になってきますが、既存のテキスト文章を差し替えるぐらいでしたら見た目からでも調整可能です。但し、タグの「>」を消してしまったりすると全体のレイアウトが崩れてしまうので注意です。

ビジュアルモードはHTMLが表示されることなく見た目が画面に表示されるので直感的に修正が可能です。但しこちらも画像の部分などを触ってしまうとレイアウトが崩れてしまう恐れがあります。

ホームページ修正恐れることなかれ。バックアップを

ビジュアル、テキスト共にレイアウトが崩れたりの危険性はありますが、だからといって必要以上に心配する必要はありません。編集前に事前にバックアップをとって保管しておけば編集前の状態に戻すことが可能です。バックアップの取り方はテキストモードにタブを切り替えた状態で記事内の全ての文章、タグをコピーし、テキストエディターに貼り付けて保管しておくだけです。(ビジュアルモードではバックアップ取れないので注意)

編集前にはバックアップを心掛けてから修正していきましょう。

CMS導入のメリットとデメリット

投稿日:

CMSとは?

CMSとは【コンテンツマネジメントシステム】を省略したものです。ウェブサイトの内容などを管理・更新できるシステムのことを言います。

ウェブサイトの内容を編集するには、テキストや画像を作成するだけでなく、HTMLやCSSなどの専門的な知識を使ってレイアウトの定義や装飾などを行ない、ページ間にリンクを設定するなどの大変手間のかかる作業を行なう必要があります。
CMSはこれらの作業をなるべく簡単に行えるよう、専門的な知識が必要な部分は全てシステム側に制御させ、テキストや画像などの情報のみを入れていくことで簡単にウェブサイトを更新することができます。また、新着情報など、必要なリンクの更新を自動的に行うことが出来ます。
つまり、専門的な知識を学習することなく、ウェブサイトを更新・管理できるシステムです。

CMSのメリット

CMSのメリットを編集と運用の2つの視点から見てみたいと思います。

編集上のメリット

  • ・専門的な知識が無くてもページを作成できる。
  • ・編集の際に発生するミスを減らすことができる。
  • ・お知らせなどの更新が自動的に反映される。
  • ・サイト全体のデザインが統一される。
  • ・サイト全体のデザイン変更が簡単に行える。
  • ・デザインとコンテンツが分離されているため作業の分業体制が明確である。
  • ・作業を社内スタッフで行え、コスト削減と時間短縮が出来る。
  • ・サイトの内部構造が明確なのでSEOに強い。

運用上のメリット

  • ・複数の人間で管理、更新することができる。
  • ・更新管理できる部分の権限を細かく割り振ることができる。
  • ・更新管理を厳格にできる。
  • ・更新履歴により、すぐに修正可能で責任の所在が明確になる。
  • ・更新や修正に時間がかからない。
  • ・指定した時間に更新できるので時間に拘束されない。
  • ・サーバー等ををまとめることにより、運用コストが軽減される。

この様にCMSを導入すると様々なメリットを挙げることができます。
導入することで多くのメリットを得ることが出来ると同時にデメリットも発生します。

CMSのデメリット

  • ・CMSの操作方法や機能を習得しなければならない。
  • ・既存のコンテンツを移行させなければならい。
  • ・CMSの導入に結構なコストがかかる。
  • ・レイアウトが統一されているためデザインに制限がある。

以上のようなデメリットが挙げられます。

CMSを導入するかどうかはメリットとデメリットをしっかりと捉え判断する必要があります。
企業にとって、ウェブサイトを活用したマーケティングの重要性が増す中、ウェブでのマーケティングを行っていく上で、マルチデバイス対応、CRM連携、ソーシャルメディア対応など様々な要件が増えています。
その構築・運用コストを考える上で、CMS導入、クラウド化は必要不可欠であると思われます。

サイトマップがリンク切れ その原因。

投稿日:

img_404

ワードプレスで作成されたホームページを閲覧していてリンクが切れていた経験はないでしょうか。通常の原因ならばリンクの記述ミスぐらいですが、ある特定のページ(サイトマップページ)はちゃんとページのパーマリンクを記述していても閲覧できない現象が起きます。
いつも起こるわけではないのですが、下記条件が重なった時に発生するようです。

サイトマップのリンク切れ原因

原因1 ウェブマスターツールでサイトマップを送る時に便利な「Google XML Sitemaps」やその他のサイトマップ生成系プラグインを使っている

原因2 パーマリンク設定で投稿名(%postname%/)を設定している場合

原因3 固定ページに「sitemap」というパーマリンクをつけている場合。

上記条件が重なると「sitemap」というリンク名のサイトマップページが閲覧できなくなってしまいます。対処法としては「sitemap」というリンク名を「site-map」等別の名称に変更すること

もしくは

.htaccessに下記の記述を追記することです。(.htaccessの最後は必ず改行してください)
Options -MultiViews

サイトマップは不要?

そこまでページ数が無く、複雑でないサイトはサイトマップも不要。という考えもあるかもしれませんが、今後サイト規模を大きくすることを考えた場合訪問者の利便性や運営者の自社サイト管理把握の為にも上記対策をしつつサイトマップを作ることをオススメします。

参考:WordPressのサイトマップページにアクセスすると404エラーになってしまう場合の対処

WordPress(WP) YARPP プラグインを好きな場所に設置する

投稿日:

関連記事を自動で表示してくれる非常に優秀なプラグイン。

設定画面で自動で表示するというチェックがあるが、自分の好きな場所に設置も可能です。

下記を、出力したいテンプレート内の出力したい場所に記述するだけです。

ワードプレスとは?メリット・デメリット

投稿日:

弊社ではホームページを納品するときに必ずワードプレス(WP)というキーワードが出てきます。ではワードプレスとはなんでしょうか?

世界で一番使われているCMS

ワードプレスは世界で一番使われているCMSになります。多くの個人や企業に利用され6500万以上のサイトがワードプレスを利用しているようです。また、聞き慣れない言葉「CMS」が出てきましたがCMSとはコンテンツマネージメントシステムのことで、簡単に言うとホームページを簡単に管理更新できるようにするシステムです。通常ホームページを作るには、テキストや画像を作成するだけでなく、レイアウトを定めてページ間にリンクを設定するなどの作業も行う必要があります。そういったホームページの様々な要素を分離してデータベースに保存し、サイト構築をソフトウェアで自動的に行うようにしたものがCMSです。

参考:WordPress increases its domination of the top 100 blogs

ワードプレスの特徴

2003年にマット・マレンウェッグさんとマイク・リトルさんが当時台頭していたCMSのムーバブルタイプ(MT)の再構築の遅さや企業開発ならではの開発の遅さに苛立ちを覚え開発リリースという形になりました。
ワードプレスは基本的に無料で利用できます。またオープンソースにし開発や公開を世界中の有志が自由に行える形をとっています。そのコミュニティの場も整えられており、シンプルで動的にページを更新するため再構築が不要なことも現在の広がりにつながっていると思います。
ウェブ上のコミュニケーションだけでなくワードキャンプという会合が世界中で開かれユーザーと開発者の交流などが行われています。

参考:オープンソース
参考:10年目を迎えたWordPressの歴史と今後の展望

では使用する上でメリットやデメリットはどのようなものがあるでしょうか?

ワードプレスのメリット


・ホームページの知識が無くてもお知らせなどお客様側で管理更新ができる。
・商用利用するにもコストがかからない
・オープンソースな為、世界中で改善開発がおこなわれ企業の倒産によってサービス停止などのリスクが無い。
・拡張プラグインも豊富
・ブラウザ上で更新作業ができる為、デバイスを選ばない。
・モジュールに分け動的にページを生成するので再構築等をする必要がなく、管理更新も楽。

ワードプレスのデメリット

・世界シェア1位な故攻撃にもさらされやすい
・セキュリティ対策のバージョン更新やアップデートを年に数回行う。それに対応する必要がある。
・サーバー要件によって対応できるできないがある。

WordPress 3.6 ベータ

投稿日:

Twenty Thirteen を含む 「WordPress 3.6 Beta 1」が出たようです。

ソースは、こちらからです。

http://wordpress.org/news/2013/04/wordpress-3-6-beta-1/

日本語訳は、下記からどうぞ。

http://ja.wordpress.org/2013/04/05/wordpress-3-6-beta-1/

ただ、公開中のサイトには絶対に使わないでくださいと釘を刺されて言います。

弊社でも力をいれている「動画」がプラグイン無しで使えるなど次世代のバージョンがちらっと見えてきました。

CPIでのWordPress利用のホームページ制作で気をつけたい事

投稿日:

前回もはまってしまった「WordPress」でタイトルや記事の中身で日本語を書いたら消えてしまう現象。

またまたはまってしまい、「wordpress 日本語消える CPI」とググると自分のブログがヒットしてラッキー!これは一発解決だなと喜びました。

contactform7を更新したら中身が消える

今回は、同じ事をしても直らない。

30分もはまってしまった事を備忘録としてブログを書きます。

ファーストサーバーでも同じ現象がおこるらしく、下記のブログを参考にしました。

WordPressで入力した日本語が消えてしまう時の対処法

前回と今回の違う所は、まずCPIのサーバーが今回は最新版だっという事。

それと、WordPressでマルチサイトを構築した事です。

結論から言うと .htaccess 2行追加しただけ。

php_flag mbstring.encoding_translation off
php_value default_charset “UTF-8”

技術的な細かい事は、WordPressで入力した日本語が消えてしまう時の対処法をご参考ください。

Posted by Taro Miki

自営業のホームページ必要性

投稿日:


企業であればホームページがあるのは当たり前の時代。
自営業の場合はどうでしょうか。

「企業であれば一般の方でも検索してくれるだろうけれど…」
「新しく人を雇う予定もないし…」
「作ってみようかとも思うけれど、Facebookや無料のブログと違いを感じない」
このようにお考えの方もいるのではないでしょうか。

様々な業種や事業形態がありますが、「必要性があるのか」と問われれば、答えは「ある」の1択です。
独自ドメインのホームページを持つことは、信用性で大きく差がつきます。

ただホームページを持っているだけでは良いとはいえません。
何も変わらないページを所持するだけで制作料を払ったり、月々料金を払うのでは勿体ないと思いませんか。
あくまで、「何のためのホームページなのか」という目的をはっきりさせ、人の動きが見えるようなホームページを持つべきです。

営業をしているのであれば、お客様に直接いいにくいことや普段は話さないようなサービスについての補足をウェブに載せるもよし、
ウェブからのお問い合わせや申し込みが必要なものであればメールフォームやひな形を設置し、業務効率の向上を図ることもできます。
CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)を組み込んだホームページでは制作会社を通さず、特別な知識なしでページの更新をすることも可能です。
お客様の声や実績の更新、営業や活動の案内を定期的に更新し、SEOにも役立てましょう。

そして最後に、ホームページにどれだけの効果があるのか。提供している情報と、訪問者が知りたいことがマッチしているのかをきちんと計測しましょう。

ホームページを制作するのには例え制作会社に頼んでも、労力がかかります。
正しく運営するのにはもっと労力を費やすといっても間違いではないかもしれません。
しかし、目的に沿った持ち方、訪問者が知りたい情報を提供するホームページを持つことが業務改善、新規顧客獲得へつながると言えます。

Posted by Fujita

ページトップへ