事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

2021年6月9日

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。
残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。

事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。

事業再構築補助金(公式)
事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容

事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)
事業再構築とは新分野への展開、業種、業態、事業の転換等を図ることで細かい条件が定義されています。

予算が1兆円以上、55000件の採択を見込んでいるので補助額の下限は100万円~ですが、
平均すると2000万近くと大規模な投資を伴う計画が必要かもしれません。
※基本補助金は後払いで、事前の全額持ち出しが必要なので金融機関とも相談する必要があります。

第2回応募締切は7月2日18時まで

第1回の応募は既に締め切られており現在採択審査中です。
事業再構築補助金は初めての補助金制度ということもあり、申請を検討している方でもまだ様子見の方もいるかと思いますが採択結果公表は6月中旬に公式HP上でとのことなので今しばらく辛抱が必要です。

ただ、第2回応募締切は7月2日18時までとなっており、事業計画書だけでなく、GビズIDを利用した電子申請が条件であったりと準備に時間もかかるので申請される方はご注意下さい。

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...