Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

2021年4月2日

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。

ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。

Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。

オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合

ここまではヘルプや他のページでも良く出ているのですが、このページを見たということはもしかしたら共有リンクから+マークが表示されなかったり、そもそもオプションのカスタマイズ設定が見当たっていないのかもしれません。
そんな時は一度
設定>一般>プライバシー設定を確認してみて下さい。
埋め込み許可を特定のドメイン限定にしていたり、Vimeoで非表示にする設定をしていないでしょうか。

Vimeoの良い所としてYoutubeと異なりクローズドな動画(リンク共有されたり、埋め込みを防ぐ)を配信できることですが、もしかしたらその設定をしていることでレスポンシブのオプションが出ていないのかもしれません。一時的に設定をデフォルトに戻してみて下さい。
カスタマイズオプションが表示されたらレスポンシブのコードをコピーして目的のサイトに埋め込み、再度プライバシー設定を元に戻せば、完成です。

もしかしたらレスポンシブにできないのは他の要因かもしれませんが躓いた場合は一度確認してみて下さい。

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...