Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

2021年4月2日

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。

ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。

Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。

オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合

ここまではヘルプや他のページでも良く出ているのですが、このページを見たということはもしかしたら共有リンクから+マークが表示されなかったり、そもそもオプションのカスタマイズ設定が見当たっていないのかもしれません。
そんな時は一度
設定>一般>プライバシー設定を確認してみて下さい。
埋め込み許可を特定のドメイン限定にしていたり、Vimeoで非表示にする設定をしていないでしょうか。

Vimeoの良い所としてYoutubeと異なりクローズドな動画(リンク共有されたり、埋め込みを防ぐ)を配信できることですが、もしかしたらその設定をしていることでレスポンシブのオプションが出ていないのかもしれません。一時的に設定をデフォルトに戻してみて下さい。
カスタマイズオプションが表示されたらレスポンシブのコードをコピーして目的のサイトに埋め込み、再度プライバシー設定を元に戻せば、完成です。

もしかしたらレスポンシブにできないのは他の要因かもしれませんが躓いた場合は一度確認してみて下さい。

Related Posts

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。

ホームページ制作の担当は社長がやるべき!?

ホームページの担当は誰がなる? 今までホームページを持っていない企業にとってホームページを新規で立ち上げることは大きなチャレンジです。 企業によってはプロジェクトチームを立ち上げて入念に打ち合わせを重ねることもあります。 ここでよく議論になるのが担当(責任者)をどうするのかということです。 担当(責任者)ということで一番に浮かぶのは社長ですが、数百人規模の大会社になると社長が全てを担当することは不可能です。...