2020年度最後の小規模事業者持続化補助金(一般型)2月5日まで

2021年1月19日

当ブログでも何度か取り上げた小規模事業者持続化補助金の最終締切が2月5日(金)(当日消印有効)に迫っています。
2020年度の同補助金としては最後の締切です。

従来からある小規模事業者持続化補助金ですが、2020年度はコロナ型が新設され、コロナ型では補助額も倍増し、公募回数も複数回にのぼるなど利用の機会も大きく増しました。
補助金としては珍しく広報費としてウェブサイトの制作やチラシ作成等に充てることも可能です。
初めての方はもちろんですが、申請したけど採択されなかった場合は再チャレンジもできるので是非チャレンジしてみて下さい。

詳細は下記をご覧ください。

小規模事業者持続化補助金(一般型公式サイト)

参考:小規模事業者持続化補助金をホームページ制作にも活用しましょう

参考:持続化補助金コロナ型 電子申請(Jグランツ)の注意点
※一般型も電子申請が可能になりました。記事はコロナ型を元にしています。

小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者等が、地域の商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3、上限50万円までが補助される制度です。
※採択のための審査があります。
※補助金は事業完了後での精算になります。

Related Posts

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

ここ数年SDGs(エス・ディー・ジーズ)が盛んに取り上げられていますが、SDGsの取り組みによって優秀な人材獲得を目指しましょう。 SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGsは国連が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示した2016年から2030年までの国際的な持続可能な開発目標です。 アルファベットそのままに読むとエス・ディー・ジー・エスになりますが、Sustainable Development Goalsの略であり最後はジーエスでなくジーズと呼ぶのが正しいです。...

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者の方は最大30万円の一時支援金が受けられる可能性があるのでご紹介です。 原油価格や原材料価格高騰等への対策として、売上の減少した中小法人・個人事業主等の事業継続を支援するため最大30万円の兵庫県中小企業等原油価格・物価高騰対策一時支援金が受給可能です。 返還義務はありませんが、要件に該当しない、不正受給などはもちろん返還対象となるのでお気をつけ下さい。 対象 ①次の「ア」または「イ」を満たすこと ア 国の事業復活支援金を受給していること (対象月:令和3年11月分から令和4年3月分までのいずれかの月)...

兵庫県内事業者必見!中小企業新事業展開応援事業でホームページ制作を

兵庫県内事業者必見!中小企業新事業展開応援事業でホームページ制作を

中小企業新事業展開応援事業は兵庫県版の事業再構築補助金といった形です。 コロナ禍に対応したビジネスモデルの再構築により経営力強化を図るための取組みとして下記のような例があげられており、その中には広告宣伝費として「ホームページ作成」も要件に含まれています。 例1)小売業者が対面販売に加えてECサイトを構築したネット販売を実施 例2)弁当販売店(飲食業)が高齢者向けの宅配事業を新たに展開 例3)ヨガ教室(サービス業)が密を回避するためにオンライン形式のヨガ教室を開始 等 事業再構築補助金との大きな違いとしては補助金額です。...