2020年度最後の小規模事業者持続化補助金(一般型)2月5日まで

2021年1月19日

当ブログでも何度か取り上げた小規模事業者持続化補助金の最終締切が2月5日(金)(当日消印有効)に迫っています。
2020年度の同補助金としては最後の締切です。

従来からある小規模事業者持続化補助金ですが、2020年度はコロナ型が新設され、コロナ型では補助額も倍増し、公募回数も複数回にのぼるなど利用の機会も大きく増しました。
補助金としては珍しく広報費としてウェブサイトの制作やチラシ作成等に充てることも可能です。
初めての方はもちろんですが、申請したけど採択されなかった場合は再チャレンジもできるので是非チャレンジしてみて下さい。

詳細は下記をご覧ください。

小規模事業者持続化補助金(一般型公式サイト)

参考:小規模事業者持続化補助金をホームページ制作にも活用しましょう

参考:持続化補助金コロナ型 電子申請(Jグランツ)の注意点
※一般型も電子申請が可能になりました。記事はコロナ型を元にしています。

小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者等が、地域の商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3、上限50万円までが補助される制度です。
※採択のための審査があります。
※補助金は事業完了後での精算になります。

Related Posts

雇用調整助成金について(2021年7月8日)

先日、厚生労働省から9月末まで延長することが発表されました。 内容などは、特に変更は内容です。 10月以降に関しては、8月中に発表されるようです。 詳細リンク...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...

事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容

事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容

前回、事業再構築補助金の必須要件ともいえる内容をご紹介しました。 事業再構築補助金 申請開始 今回は事業計画書の作成についてです。 補助金とポイント 事業再構築補助金は「補助金」と名がつく通り、「助成金」とはまた別の性質のものになります。 例えば、コロナで大きく取り上げられた雇用調整助成金などは要件さえ満たしていれば基本的には100%支給されるものになります。 また使い道ももちろん人件費に充てるのがメインかとは思いますが助成金によっては使途が決まっていなかったり別の名目で使用しても問題ないものもあります。...