WordPressのアップデート

10月末、WordPress 5.5.2及びWordPress 5.5.3が緊急リリースされました。
WordPressはホームページの管理システム(CMS)として導入されており、お知らせやブログ更新が簡単にできるのもWordPressのおかげです。
ただ、WordPressは高機能で便利が故に悪意をもった人に狙われやすいというセキュリティリスクを抱えています。
過去には脆弱性を狙って150万ページを超えるウェブサイトが改ざんの被害にあったことが問題にもなりました。
ただ、むやみに恐れる必要もなく、セキュリティリスクを回避し、脆弱性修正などで頻繁にバージョンアップが行われ、今回のリリースもその一環です。今回は10件のセキュリティバグ修正に加えて14件のバグ修正が含まれます。
WordPress 5.5だけでなく、WordPress 3.7以降のすべてのバージョンも更新されています。
参考:WordPressニュース

メールが届いたけどどうすればよいのか

システムからアップデート案内のメールが届くこともあります。
今回はセキュリティリリースのため、今すぐサイトを更新することが推奨されていますが、WordPressでは自動でバージョン更新される場合とされない場合があります。
管理画面から確認できます。
「WordPress〇〇が利用可能です!更新してください」
この場合、ボタンを押せば自動で更新されます。
ただ、表示が出ていた場合でも、慎重に対応して下さい。
WordPressのバージョンにはサーバーとの相性や使用しているプラグイン(追加機能)との相性もあり、バックアップも取らずに作業を行うとフォームが動かなくなった、管理画面にログインできなくなった等、セキュリティリスク以上に深刻な問題になる場合があります。

ボタン一つで可能だが、バックアップをとって慎重に

セキュリティ対策には必須なアップデートですが何でもかんでもすぐに更新してしまうのも問題があります。
というのはプラグインによる不具合が起きる可能性があるからです。
プラグインとはWordPressにおける追加機能のようなものです。
色々な種類がありますがプラグインを導入することでプログラミングの技術が無くても問い合わせフォームを導入したり、ウェブサイトを自動的にスマートフォン対応させたりということができます。
ただ、このプラグインにもWordPressの仕様変更等に合わせたバージョンアップがあり、プラグインの種類によってはWordPressの最新バージョン等ではまだ対応してきれておらず不具合が発生してしまうことがあります。
よってWordPressやプラグインのアップデートをする時はバックアップをとり、一つ一つ確認することが大切です。
WordPressのメジャーアップデートの場合は不具合を含んでいる可能性もあるため公開後しばらくは様子を見るのも方法です。
アップデートの作業自体はそれほど難しくはありませんが、不具合が起きた時の改善には技術的な知識や切り分け作業が必要になってきます。

専門業者に依頼するのが安心安全なアップデート

慎重さが必要なアップデートですが、更新を放置しているとフォームがSPAM送信に利用されてしまうことがあります。
そしてサーバー会社の判断でネットワークから遮断されてホームページが見れなくなってしまって困ったというご相談も実際にありました。
ご自身で対処が難しいと感じる場合は専門業者に依頼しましょう。
但し、既に不具合が起きた状態で依頼しても対応が難しかったり、確認検証などに多くの作業時間や費用が掛かってしまうのでウェブサイトの制作時点で制作会社とシステム保守契約を結び日頃から管理してもらうのも良いでしょう。
ワサビではWordPress及びホームページの定期的な保守管理やスポットでの対応、管理代行も承っておりますのでWordPressのバージョンアップ等お気軽にご相談下さい。
既にお付き合いしている業者様がいる場合でもセカンドオピニオンとしてサポートも可能です。

Related Posts

IT導入補助金2022 公募要領公開

IT導入補助金2022 公募要領公開

IT導入補助金2022年の公募要領が公開されています。 IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入するための経費の一部を補助するためのもので最大450万円(補助率1/2)までの補助を受けることが可能です。...

第8回小規模事業者持続化補助金、公募要領が発表。締切6月3日

第8回小規模事業者持続化補助金、公募要領が発表。締切6月3日

先日小規模事業者持続化補助金の公募要領が発表されました。 回数としては第8回となります。 今後、要領の細かい変更はあるかもしれませんが、第8回(次回締切分)~第11回(2023年2月下旬締め切り分)まで発表されているのでこれから申請を検討されている方は今回の公募要領(2022年度版)をベースに書類作成を進めましょう。 ※~7回までの小規模事業者持続化補助金の申請書類や形式とは異なってくるため、最新の申請書類をダウンロードして作成して下さい。 公式:令和元年度補正予算・令和3年度補正予算小規模事業者持続化補助金(一般型)...

事業再構築補助金 第4回公募の採択結果発表

事業再構築補助金 第4回公募の採択結果発表

昨日、3/3(木)18:00に事業再構築補助金 第4回公募の採択結果が発表されました。 2月下旬から3月上旬とのことだったので予定通りということでしょうか。 19,673者の応募で8,810者を採択。採択率44.78%。 結果は下記、もしくはGbizの管理画面から確認ができます。 採択結果(公式) 弊社も申請していたのですが無事採択となりました。 ただ、採択がゴールではなく、 交付申請→事業実施→事業報告 という道のりが待っていますが、...