共創型サービスIT連携支援補助金が創出されました

2020年10月14日

先日新たな補助金として「共創型サービスIT連携支援補助金」なるものが創出されました。
タイトルにあるようにIT関連に対する補助金ですが、似たようなIT関連に対応した補助金では小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金というものがあります。
では「共創型サービスIT連携支援補助金」はどう違うのでしょうか。
詳しくは公募要領をご確認頂ければと思いますが大まかには下記になると思います。
条件に合致した場合は補助額も大きいので検討してみましょう。
共創型サービスIT連携支援補助金公式HP
小規模事業者持続化補助金公式HP
IT導入補助金公式HP

補助率、補助金額

共創型サービスIT連携支援補助金は補助額が大きい
■小規模事業者持続化補助金
補助率1/2~3/4 補助額50万円~100万円
■IT導入補助金 
補助率1/2~3/4 補助額30万円~450万円
■共創型サービスIT連携支援補助金 
補助率1/2 補助額500万円~1億円

スケジュール

共創型サービスIT連携支援補助金は事業実施期間が短い
■小規模事業者持続化補助金 
複数回の募集があり、12月10日がコロナ型の最終申請締切
事業実施期間は2021年10月31日まで。
■IT導入補助金 
複数回の募集があり、11月2日が現状の最終申請締切
事業実施期間は2021年6月30日まで。
■共創型サービスIT連携支援補助金 
現状、1回のみ。11月13日の締め切りまでに随時審査。
事業実施期間は2021年2月26日まで。

進め方

■小規模事業者持続化補助金 
事業計画書と経費区分を自由記述で5枚ほど書き、事務局で審査。
「ホームページ制作」等項目を決める必要はあるが、審査段階では詳細は不要で発注業者も未定で構わないので自由度は高い。
■IT導入補助金 
事前にITツールの登録審査があり、その審査がおりたものにしか利用できない。
特定の業者の特定のITツールしか利用できないので自由度は低い。
審査は大部分がアンケート型の選択式で一部自由記述。
■共創型サービスIT連携支援補助金 
共創、連携とあるように基本的には複数社での合同プロジェクトを想定し、ITツールもいくつかを組合せ連携し改善していくことを目的としている。
審査は自由記述がメイン。事前のツール登録はないのでIT導入補助金よりも自由度は高いがその分審査の比重が高くなることが考えられます。

Related Posts

IT導入補助金2022 公募要領公開

IT導入補助金2022 公募要領公開

IT導入補助金2022年の公募要領が公開されています。 IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入するための経費の一部を補助するためのもので最大450万円(補助率1/2)までの補助を受けることが可能です。...

第8回小規模事業者持続化補助金、公募要領が発表。締切6月3日

第8回小規模事業者持続化補助金、公募要領が発表。締切6月3日

先日小規模事業者持続化補助金の公募要領が発表されました。 回数としては第8回となります。 今後、要領の細かい変更はあるかもしれませんが、第8回(次回締切分)~第11回(2023年2月下旬締め切り分)まで発表されているのでこれから申請を検討されている方は今回の公募要領(2022年度版)をベースに書類作成を進めましょう。 ※~7回までの小規模事業者持続化補助金の申請書類や形式とは異なってくるため、最新の申請書類をダウンロードして作成して下さい。 公式:令和元年度補正予算・令和3年度補正予算小規模事業者持続化補助金(一般型)...

事業再構築補助金 第4回公募の採択結果発表

事業再構築補助金 第4回公募の採択結果発表

昨日、3/3(木)18:00に事業再構築補助金 第4回公募の採択結果が発表されました。 2月下旬から3月上旬とのことだったので予定通りということでしょうか。 19,673者の応募で8,810者を採択。採択率44.78%。 結果は下記、もしくはGbizの管理画面から確認ができます。 採択結果(公式) 弊社も申請していたのですが無事採択となりました。 ただ、採択がゴールではなく、 交付申請→事業実施→事業報告 という道のりが待っていますが、...