SSL化したらアナリティクスが動かない。解決方法

No Tags | システムデザイン · アナリティクス

SSL導入前

SSL導入後

とあるサイトをSSL化した際にアナリティクスが上手く動かない現象に遭遇したので原因と解決策のご紹介です。

なお、「SSL化の注意点」「SSL アナリティクス」等で検索すると、アナリティクスのプロパティやビューのURLをhttp:からhttps:に変更して下さいという記事が良く出てきます。
まずはそちらを試してみて下さい。
この記事はそれで上手く行かなかった人対象です。

こんな方におススメの記事です

・SSL化するとアナリティクスの訪問者が0に。リアルタイムサマリーでもカウントされない。
・元々アナリティクスを導入しており問題なく動いていた
・プロパティURLの変更をしたけどうまくいかない。
・サーチコンソールでhttpsのプロパティを登録しても問題なく所有権確認がとれた。
・Googleタグマネージャーを使用している※重要

原因

すみません、今回は全般的な解決策でないので特定の状況可だけですがこの記事がハマりから解放されるきっかけになればと思います。

結論からお伝えするとアナリティクスのタグが動かなくなったのでアクセスデータも記録されなくなっています。

では何故タグが動かなくなったのか。

今回のケースではアナリティクスのコードを直接サイトに埋め込むのではなく、Googleタグマネージャーを介してアクセスデータを計測できるようにしていました。
タグマネージャーを入れることで細かい計測や今後の変更にも柔軟に対応できるということでそうしていたのですが、タグマネージャーの設定項目に「トリガー」というものがあります。
拳銃でもトリガーを引いて弾を発射しますが、トリガーとはきっかけとなる条件です。
タグマネージャーでアナリティクスとの紐づけ設定をしていきデフォルトだと配信トリガーでAllpagesの選択肢があり、それを選択すれば完了です。

通常はAllpagesで設定している方が多いかもしれません。
この場合はホームページをSSL化しても特に問題なくアナリティクスも計測されます。
トリガーをAllpagesにしていてアナリティクスが動かない場合はこの記事とは別の原因が考えられるので他の情報を探してみて下さい。

では何故今回タグが動かなかったのか。
原因はトリガーをAllpagesではなく、ページビューイベントのページURLのフィルターで「http://www.〇〇.comを含む」 という設定にしていたからです。

サイトがSSL化によって全てhttps://となったのでhttp://ではトリガーが発動しないのも納得です。

では何故このような設定にしていたかというと、複数サイトを管理運営する状況で間違ってタグマネージャーのタグを別のサイトに貼り付けてしまったら
別のサイトデータとして計測されてしまうということでそのミスを防ぐために登録サイトのURLでないとトリガーが動かないようにしていたのです。

設定が大分昔だったのでそのことを失念していました。

原因が分かると答えは単純でしたが、URL条件でのトリガー設定はとあるセミナーで聞いたポイントの一つだったのでもしかしたら同じ状況の人がいるかもしれません。
SSL化してアナリティクスが動かずデータが計測されなくなった場合はGoogleタグマネージャーのトリガーをご確認下さい。