小規模事業持続化補助金がパワーアップ。50万円上乗せで最大150万円

2020年7月2日

以前ご紹介させて頂いた小規模事業持続化補助金がパワーアップしています。
補助率引き上げと事業再開枠の創設です。

小規模事業持続化補助金とは

一般型と新設されたコロナ型の2種類があり、補助率3分の2で最大100万円分経費の補助がおりる制度です。

例、150万円の見積内容を50万円の実費で対応可能
※100万円は事業完了後の精算

・オリジナルネットショップ作成90万円
・ネット広告出稿代行8万円
・広告費40万円
・チラシデザイン費8万円
・チラシ印刷及び送付費用4万円
==========
見積合計150万円
・小規模事業持続化補助金▲100万円
==========
実質50万円

持続化補助金について詳しくは下記をご覧ください。

小規模事業持続化補助金(コロナ特別対応型)の活用

小規模事業者持続化補助金をホームページ制作にも活用しましょう(一般型)

補助率3分の2→4分の3へ拡大

非対面型ビジネスモデルへの転換(類型B)、テレワーク環境の整備(類型C)への投資が一定水準(補助対象経費の6分の1以上)の場合、
補助率が3分の2→4分の3へ引き上げられます。

具体的には100万円の最大補助を得ようとすると150万円分の見積で実費が50万円だったところ、132万円分の見積で実費が32万円で可能になったということです。

制作側からすると売上が下がる為、制作泣かせの拡充ですが、利用者にとっては負担は減らせる良い拡充です。

50万円上乗せされる事業再開枠の創設

従来の最大100万円補助に上乗せで50万円の補助が出ます。

上乗せ分の対象経費は限られていますが補助率100%(かかった経費が全額対象)なので、新型コロナウイルス感染症対策にかける予定だった予算を販路開拓や広報費としてあてることができます。

対象経費:業種別ガイドライン等に沿った感染防止対策の経費
(例:消毒、マスク、清掃、間仕切り、換気設備等の費用)
※39県で緊急事態宣言が解除された5月14日以降に発生した経費が対象

広告の出稿や、ホームページの作成・リニューアルなどお気軽にご相談下さい。

弊社は補助金申請専門でやっているわけではないので補助金詳細はお付き合いある税理士、社労士さんや商工会等にご相談頂ければと思いますが、
ホームページ制作やチラシデザイン等弊社でできるところなど一度ご提案させていただければと思うのでお気軽にご相談下さい。

諸条件ありますので詳しくは要綱必ずご確認ください。

参考:経済産業省HP
https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200522002/20200522002.html

Related Posts

雇用調整助成金について(2021年7月8日)

先日、厚生労働省から9月末まで延長することが発表されました。 内容などは、特に変更は内容です。 10月以降に関しては、8月中に発表されるようです。 詳細リンク...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...

事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容

事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容

前回、事業再構築補助金の必須要件ともいえる内容をご紹介しました。 事業再構築補助金 申請開始 今回は事業計画書の作成についてです。 補助金とポイント 事業再構築補助金は「補助金」と名がつく通り、「助成金」とはまた別の性質のものになります。 例えば、コロナで大きく取り上げられた雇用調整助成金などは要件さえ満たしていれば基本的には100%支給されるものになります。 また使い道ももちろん人件費に充てるのがメインかとは思いますが助成金によっては使途が決まっていなかったり別の名目で使用しても問題ないものもあります。...