ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。そんな時は画像を入れ込むことで読みやすくさせ目を引き付ける効果もありますが、画像や文章で伝えきれない情報を訴求できるコンテンツとして動画も効果的です。

動画コンテンツのメリット

導入も手軽に

従来は動画コンテンツを作成、配信するには機材やサーバーを準備してコストや手間がかかるものでしたが、今ではスマートフォンやデジカメでも画質的には十分の動画を撮ることができ、Youtubeなどの配信サービスを利用することで手軽にウェブサイトにも導入することができます。

ソーシャルメディアとの相乗効果がある

Youtuberという職業?ができたほどで動画コンテンツは魅力や話題性があればソーシャルメディアも活用することで拡散していく可能性を秘めています。
逆に悪目立ちということで炎上というリスクもあることは知っておく必要があります。

ウェブサイトへの誘導経路の一つに

概要部分にウェブサイトへのリンクを掲載することで自社サイトへ誘導することができます。
また、Youtubeなどの動画コミュニティー内だけでの閲覧にとどまらずGoogleで通常のキーワード検索をした際にもサムネイル画像と共に表示されることがあるので目を引き付けることができます。
今回は動画掲載において便利なYoutubeへのアップとウェブサイトへの掲載方法をご紹介します。

Youtubeへの掲載方法

1、ページ再下部までおりて後でセットアップクリック
Googleでyoutubeと検索してもよいですが、Googleアカウントにログインする必要などもあるのでお勧めは一度Gmailの管理画面にログインし、画面右上のナビゲーションキューブをクリックしyoutubeを選択することです。


2、youtubeの管理画面に入ると画面右上のプラスマーク付きビデオカメラボタンから動画をアップロードをクリックします。


3、始めるをクリックしカスタム名を選択をクリックします。


4、チャンネル名を作成します。複数設定もできるので動画のジャンルや内容に沿ったチャンネル名を考えます。

5、チャンネルのプロフィール(URL等)を設定します。後でも設定できますし動画毎にURLの記載などもできるので「後でセットアップ」で飛ばしても構いません。

6、早速動画ファイルをアップロードします。公開非公開などの設定後で変更できますが、初めは非公開もしくは限定公開に変更してアップロードすれば安心です。
非公開はログインしている自分しか見ることができず、限定公開は一般には公開されず関連動画等にもあがりませんがURLを伝えることで特定の人に見てもらえます。

 
youtubeでアップ可能なファイル形式
MOV
MPEG4
MP4
AVI
WMV
MPEGPS
FLV
3GPP
WebM
DNxHR
ProRes
CineForm
HEVC(h265)
7、基本情報に動画タイトル、概要文、タグを設定します。ここの設定内容で検索への引っかかりやホームページへの誘導力も変わってくるので重要です。


8、詳細設定タブで詳細設定の内容も確認します。

9、内容問題なければ右上青ボタンの完了を押します。動画のURLも左側に生成されているので共有したい人にはこのアドレスを伝えます。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

ホームページ制作の担当は社長がやるべき!?

ホームページの担当は誰がなる? 今までホームページを持っていない企業にとってホームページを新規で立ち上げることは大きなチャレンジです。 企業によってはプロジェクトチームを立ち上げて入念に打ち合わせを重ねることもあります。 ここでよく議論になるのが担当(責任者)をどうするのかということです。 担当(責任者)ということで一番に浮かぶのは社長ですが、数百人規模の大会社になると社長が全てを担当することは不可能です。...