Gmail POP受信遅延の軽減方法

2019年10月23日

独自ドメインのメールアドレスをGmailの「他のアカウントのメールを確認(POP受信)」で受信している場合、Outlookなどを使用していた場合と比較すると受信遅延が大きく感じてしまいます。
時間帯によっては数十分から数時間かかることも・・・。
ビジネスでメールを使用している場合受信遅延は色々なことに支障が出てくるので軽減方法のご紹介です。
※こちら方法でも数分の遅延や手間がかかるので数秒から数分単位のリアルタイム性を求めるのならGmailの他のアカウントからの受信機能は使用しない方が良い場合があります。

手動確認(受信を促す)方法

歯車マーク>設定>アカウントとインポート>メールを今すぐ確認する

をクリックすることで手動での受信を促すことができます。
※「メールを今すぐ確認する」をクリックするとメールの確認中となり1分ぐらい時間がかかる場合があります。
ここで何件か取得と表示されても受信トレイにすぐ反映されていないことがあるので「受信トレイ」もしくは「すべてのメール」の画面で何度か再読込してみて下さい。

まとめ

受信遅延の話題は数年前から出ていますが現状Gmail側の機能で確認間隔を短くすることなどはできないので今後の仕様変更も特に期待できないかもしれません。
慣れれば気にならない程度の負担なのでまずは手動での確認を試すことをおすすめします。

Related Posts

メールを受信はできるけど返信できない。エラーの原因はローカル配信

メールを受信はできるけど返信できない。エラーの原因はローカル配信

メールを受信はできるけど、返信してもエラーが返ってくる。 そんな現象が起きた際に確認するべきことをご紹介します。 下記は1例です。ケースにより色々な原因がありますのでまずは契約しているメールサーバー会社に確認してみるのが一番です。 Sorry, no mailbox here by that name. (#5.1.1) 相手からメールが送られてきてそれに対して返信する。 しばらくするとfailure noticeのタイトルでMAILER-DAEMON@~ の返信が。 本文には Sorry, no mailbox here by...

ホームページ制作の注意点 フォントサイズは設定の問題!?

ホームページ制作の注意点 フォントサイズは設定の問題!?

ホームページを制作する上でフォントの種類やサイズは全体の印象を決める上でも重要な所です。 サイトの特徴やターゲットにより推奨されるサイズなどもありますが、最終的な決定はクライアントのブラウザでの見え方でクライアントがどう感じるか、主観的な問題にもなってきます。 同じ空間で同じ画面を見ながらでしたら大丈夫ですが、リモートでの打ち合わせの場合気を付けないと、認識のずれから大きすぎる、小さすぎると無駄な修正をしてしまうことがあるのでおかしいなと思ったら下記を確認しましょう。 PCのシステム設定の拡大率の確認...

ワードファイル内の画像をホームページで使いたい場合

ワードファイル内の画像をホームページで使いたい場合

ホームページを作成する時に素材としてパワーポイントやWordのファイルを利用することがよくあります。テキストはコピペで使えるので問題ないのですが、画像を利用しようとすると一苦労です。 ワードの場合画像が埋め込まれているのでそのまま使用しようとしても簡単には利用できません。スクリーンショット等でハードコピーを取るか、右クリックして図として保存を利用することが可能です。 参考:素材準備 パワーポイントの図表を画像化する方法...