ブロックエディターって何?ワードプレス5.0へアップデート

No Tags | システムデザイン

ワードプレス(WordPress)の投稿画面が違う

いきなりブロックエディターへようこそと表示された、ワードプレスの投稿画面がいつもと違う、変なボタンを押したら画面が真っ白になってしまった、何か変な操作をしてしまった・・・?という戸惑いの声が最近あがっています。
原因はワードプレスのメジャーアップデートでした。
4××から5.××へ。
それに伴い投稿画面のエディター機能がコードネーム「グーテンベルクGutenberg」
に切り替わり従来とは大きく変わってしまいました。
参考:https://ja.wordpress.org/gutenberg/

ワードプレス(WordPress)投稿画面グーテンベルクを元に戻す方法

機能が追加されたり、削減される際に見た目上のデザインが変わることはありますが、何とか以前との共通点を探し徐々に慣れていくものですが、今回の変更はデザインのみならず仕様まで変わってしまったので戸惑うこと必須だと思います。
元の投稿画面で投稿したい場合はどうしたらいいでしょうか。
方法としては主に下記です。
①ワードプレスをダウングレードする。
②プラグインで対応する。
③あきらめる
ただいずれもデメリットはあります。

①ワードプレスをダウングレードする

ワードプレスをバックアップなどからダウングレードすることで元の状態に戻すことはできます。但し、一度アップデートしたものをダウングレードさせることは不具合の原因になりますし、ワードプレスはセキュリティの改善の為にもアップデートされていくので、ダウングレードして古いバージョンのままとどめておくのはあまりおすすめできません。

②プラグインClassic Editorを利用

プラグインも
Classic Editor
というものを使用すると旧バージョンの画面で対応できるようですが、こちらも同じくアップデートの問題などもありますしプラグインがいつか使えなくなってしまう可能性も無いとはいえません。

③あきらめる!?

①②はいずれも少し問題があります。よって正解は3番のあきらめるです。
「あきらめる」というのは語弊がありますが新バージョンの投稿機能グーテンベルクに慣れることです。ワードプレスから別のCMSに変更しない限りはアップデートと変更というものはつきものですので長期的に考えれば使い慣れることが一番です。

慣れるにあたっての注意点

慣れるには触ることが一番ですが、事前の注意点もあるので下記参考にしてみて下さい。
ワードプレス5.0の投稿編集前の注意
ただ現時点でバージョンが5.0になっていない場合は焦ってワードプレスのアップデートをする必要はないと思います。
バージョンが上がる直後は不具合が残っていることもありますし、プラグインが対応できずに不具合の原因になることもあります。
ワードプレスのアップデートに関しては下記記事ご参照下さい。
参考:ワードプレス(WordPress)のアップデート