ブロックエディターって何?ワードプレス5.0へアップデート

ワードプレス(WordPress)の投稿画面が違う

いきなりブロックエディターへようこそと表示された、ワードプレスの投稿画面がいつもと違う、変なボタンを押したら画面が真っ白になってしまった、何か変な操作をしてしまった・・・?という戸惑いの声が最近あがっています。
原因はワードプレスのメジャーアップデートでした。
4××から5.××へ。
それに伴い投稿画面のエディター機能がコードネーム「グーテンベルクGutenberg」
に切り替わり従来とは大きく変わってしまいました。
参考:https://ja.wordpress.org/gutenberg/

ワードプレス(WordPress)投稿画面グーテンベルクを元に戻す方法

機能が追加されたり、削減される際に見た目上のデザインが変わることはありますが、何とか以前との共通点を探し徐々に慣れていくものですが、今回の変更はデザインのみならず仕様まで変わってしまったので戸惑うこと必須だと思います。
元の投稿画面で投稿したい場合はどうしたらいいでしょうか。
方法としては主に下記です。
①ワードプレスをダウングレードする。
②プラグインで対応する。
③あきらめる
ただいずれもデメリットはあります。

①ワードプレスをダウングレードする

ワードプレスをバックアップなどからダウングレードすることで元の状態に戻すことはできます。但し、一度アップデートしたものをダウングレードさせることは不具合の原因になりますし、ワードプレスはセキュリティの改善の為にもアップデートされていくので、ダウングレードして古いバージョンのままとどめておくのはあまりおすすめできません。

②プラグインClassic Editorを利用

プラグインも
Classic Editor
というものを使用すると旧バージョンの画面で対応できるようですが、こちらも同じくアップデートの問題などもありますしプラグインがいつか使えなくなってしまう可能性も無いとはいえません。

③あきらめる!?

①②はいずれも少し問題があります。よって正解は3番のあきらめるです。
「あきらめる」というのは語弊がありますが新バージョンの投稿機能グーテンベルクに慣れることです。ワードプレスから別のCMSに変更しない限りはアップデートと変更というものはつきものですので長期的に考えれば使い慣れることが一番です。

慣れるにあたっての注意点

慣れるには触ることが一番ですが、事前の注意点もあるので下記参考にしてみて下さい。
ワードプレス5.0の投稿編集前の注意
ただ現時点でバージョンが5.0になっていない場合は焦ってワードプレスのアップデートをする必要はないと思います。
バージョンが上がる直後は不具合が残っていることもありますし、プラグインが対応できずに不具合の原因になることもあります。
ワードプレスのアップデートに関しては下記記事ご参照下さい。
参考:ワードプレス(WordPress)のアップデート

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

contactform7 確認画面や完了画面を表示する

contactform7は、完成形のフォームのプラグインであるため手間のかからない優れたものだと個人的には思っております。 ただ、確認画面や完了画面を表示するとなるとちょっとしたコツが必要です。 1 確認画面を表示する プラグイン(Contact Form 7 add confirm)を利用することにより、対応できる。 少し手間をかけて、フォームの上部にテキストを表示することも可能です。 <p class="wpcf7c-elm-step1"...