ブロックエディターって何?ワードプレス5.0へアップデート

ワードプレス(WordPress)の投稿画面が違う

いきなりブロックエディターへようこそと表示された、ワードプレスの投稿画面がいつもと違う、変なボタンを押したら画面が真っ白になってしまった、何か変な操作をしてしまった・・・?という戸惑いの声が最近あがっています。
原因はワードプレスのメジャーアップデートでした。
4××から5.××へ。
それに伴い投稿画面のエディター機能がコードネーム「グーテンベルクGutenberg」
に切り替わり従来とは大きく変わってしまいました。
参考:https://ja.wordpress.org/gutenberg/

ワードプレス(WordPress)投稿画面グーテンベルクを元に戻す方法

機能が追加されたり、削減される際に見た目上のデザインが変わることはありますが、何とか以前との共通点を探し徐々に慣れていくものですが、今回の変更はデザインのみならず仕様まで変わってしまったので戸惑うこと必須だと思います。
元の投稿画面で投稿したい場合はどうしたらいいでしょうか。
方法としては主に下記です。
①ワードプレスをダウングレードする。
②プラグインで対応する。
③あきらめる
ただいずれもデメリットはあります。

①ワードプレスをダウングレードする

ワードプレスをバックアップなどからダウングレードすることで元の状態に戻すことはできます。但し、一度アップデートしたものをダウングレードさせることは不具合の原因になりますし、ワードプレスはセキュリティの改善の為にもアップデートされていくので、ダウングレードして古いバージョンのままとどめておくのはあまりおすすめできません。

②プラグインClassic Editorを利用

プラグインも
Classic Editor
というものを使用すると旧バージョンの画面で対応できるようですが、こちらも同じくアップデートの問題などもありますしプラグインがいつか使えなくなってしまう可能性も無いとはいえません。

③あきらめる!?

①②はいずれも少し問題があります。よって正解は3番のあきらめるです。
「あきらめる」というのは語弊がありますが新バージョンの投稿機能グーテンベルクに慣れることです。ワードプレスから別のCMSに変更しない限りはアップデートと変更というものはつきものですので長期的に考えれば使い慣れることが一番です。

慣れるにあたっての注意点

慣れるには触ることが一番ですが、事前の注意点もあるので下記参考にしてみて下さい。
ワードプレス5.0の投稿編集前の注意
ただ現時点でバージョンが5.0になっていない場合は焦ってワードプレスのアップデートをする必要はないと思います。
バージョンが上がる直後は不具合が残っていることもありますし、プラグインが対応できずに不具合の原因になることもあります。
ワードプレスのアップデートに関しては下記記事ご参照下さい。
参考:ワードプレス(WordPress)のアップデート

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...