ホームページ素材準備 類似画像の検索方法

2018年12月11日


ホームページの中で画像は重要な存在です。
テキストだらけのサイトだと読むのがしんどくなってしまいますが、画像を使用することで適度な間を作ることができ、直感的にイメージを伝えることもできます。
ただ、画像を準備するのは結構大変なものでスマホやデジカメで簡単に撮れるといってもプロが撮影したものと比べるとどうなんだろう等と思ってしまい進まないことがあります。
自分達で撮った生の雰囲気の方が味がありますが、困った時はピクスタ、フォトリア、ピクサベイ等素材サイトなどを利用するのも方法です。
またそれらを含めGoogleの画像検索を利用して用意するのも便利です。
但しライセンスの問題で使用できない、そのまま使用してはいけない場合も多いので注意が必要です。
参考:素材準備 画像選びの便利な方法
1人で画像を選んでいるならば権利関係の確認も大丈夫かと思いますが、複数人で画像を選んでいる場合素材元が分からない画像が混じってしまうことも・・・。
そんな時は画像の類似検索を使用してみましょう。100%ではないかと思いますが、素材元の確認に役立ちます。

Google画像検索を利用した類似画像の確認

1、https://images.google.com/
上記URLからアクセスするか通常のグーグル検索で適当に検索した後にタブを「画像」に切り替えます。

2、検索窓にカメラアイコンが出現するのでそちらをクリック

3、画像のアップロードを選択。
4、ファイルを選択でパソコンのフォルダー内から選択するか、ドラッグ&ドロップで画像を貼り付けます。
5、類似の画像や一致した画像を含むページとして表示されます。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。