ホームページが上手く印刷出来ない時 解決方法

2018年12月7日



修正確認のためにホームページの画面を印刷して赤入れしたいけど画像が表示されたり、されなかったり上手く印刷できないことがあります。
ホームページは印刷を前提に作っているわけではないので印刷がしにくい作りになっている場合もありますが、設定を変更することで印刷できる場合もあるのでご紹介します。
赤入れ(修正指示)のポイントについては下記ご参考下さい。
参考:ホームページ、チラシの修正赤入れ

グーグルクロームの場合の印刷設定

右クリック印刷
→詳細設定
→背景のグラフィック にチェック
→保存

IE11の場合の印刷設定

右クリック印刷プレビュー
→左上歯車マークの設定
→背景の色とイメージを印刷する にチェック
→OK

マイクロソフトエッジの場合

残念ながらエッジでの背景印刷はできないようです。

番外編 スクリーンショットで対応

ブラウザの設定変更でも上手く印刷ができない場合は画面のスクリーンショットをとって対応しましょう。
「PrtScr」を押してペイントツールやパワーポイントに貼り付け(Ctrl+V)
縦長の画面などは都度スクリーンショットをとっていく必要があり少し大変です。
グーグルクロームの場合は縦長の画面を一括で撮影できるアプリもあるので活用しましょう。

まとめ

赤入れするのに背景画像はいらないことも多いですが、全体のイメージを印刷したい場合は試してみて下さい。

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...