ホームページが上手く印刷出来ない時 解決方法

2018年12月7日



修正確認のためにホームページの画面を印刷して赤入れしたいけど画像が表示されたり、されなかったり上手く印刷できないことがあります。
ホームページは印刷を前提に作っているわけではないので印刷がしにくい作りになっている場合もありますが、設定を変更することで印刷できる場合もあるのでご紹介します。
赤入れ(修正指示)のポイントについては下記ご参考下さい。
参考:ホームページ、チラシの修正赤入れ

グーグルクロームの場合の印刷設定

右クリック印刷
→詳細設定
→背景のグラフィック にチェック
→保存

IE11の場合の印刷設定

右クリック印刷プレビュー
→左上歯車マークの設定
→背景の色とイメージを印刷する にチェック
→OK

マイクロソフトエッジの場合

残念ながらエッジでの背景印刷はできないようです。

番外編 スクリーンショットで対応

ブラウザの設定変更でも上手く印刷ができない場合は画面のスクリーンショットをとって対応しましょう。
「PrtScr」を押してペイントツールやパワーポイントに貼り付け(Ctrl+V)
縦長の画面などは都度スクリーンショットをとっていく必要があり少し大変です。
グーグルクロームの場合は縦長の画面を一括で撮影できるアプリもあるので活用しましょう。

まとめ

赤入れするのに背景画像はいらないことも多いですが、全体のイメージを印刷したい場合は試してみて下さい。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。