ホームページが上手く印刷出来ない時 解決方法

2018年12月7日



修正確認のためにホームページの画面を印刷して赤入れしたいけど画像が表示されたり、されなかったり上手く印刷できないことがあります。
ホームページは印刷を前提に作っているわけではないので印刷がしにくい作りになっている場合もありますが、設定を変更することで印刷できる場合もあるのでご紹介します。
赤入れ(修正指示)のポイントについては下記ご参考下さい。
参考:ホームページ、チラシの修正赤入れ

グーグルクロームの場合の印刷設定

右クリック印刷
→詳細設定
→背景のグラフィック にチェック
→保存

IE11の場合の印刷設定

右クリック印刷プレビュー
→左上歯車マークの設定
→背景の色とイメージを印刷する にチェック
→OK

マイクロソフトエッジの場合

残念ながらエッジでの背景印刷はできないようです。

番外編 スクリーンショットで対応

ブラウザの設定変更でも上手く印刷ができない場合は画面のスクリーンショットをとって対応しましょう。
「PrtScr」を押してペイントツールやパワーポイントに貼り付け(Ctrl+V)
縦長の画面などは都度スクリーンショットをとっていく必要があり少し大変です。
グーグルクロームの場合は縦長の画面を一括で撮影できるアプリもあるので活用しましょう。

まとめ

赤入れするのに背景画像はいらないことも多いですが、全体のイメージを印刷したい場合は試してみて下さい。

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...