横並び画像の設置方法

2018年1月16日


ホームページに画像を掲載するときに2枚横並びで掲載したいこともあると思います。
HTMLやCSSを駆使すれば綺麗にレイアウトができますし、ワードプレスの画像配置を活用すればある程度のレイアウトも可能ですが、ホームページを初めて作る方には微調整など難しいものです。
そんな時にパワーポイントさえあれば簡単に横並びの画像配置ができる方法ご紹介します。
※画像劣化などの問題もあるのであくまで簡易的な方法です。

パワーポイントで横並び画像の作成方法

下記イメージはパワーポイント2016です。

  • 「ホーム」→「新しいスライド」→「白紙」
  • 「挿入」→「画像」→自分のパソコンのフォルダーから任意の画像選択し挿入
  • 画像サイズが大きい場合は画像を右クリック→「配置とサイズ」→高さと幅を調整
  • 2と3を繰り返し2つ目の画像を挿入
  • 横並びに配置してバランスを調整
  • どちらかの画像を左クリックで選択→shiftキーを押しながらもう一つの画像も選択し両方の画像を選択している状態にして右クリック。グループ化→グループ化
  • パワーポイントのままではワードプレスにアップできないので、右クリック→「図として保存」

  • これで2つの画像を一つの画像として保存することができたので後は普通の画像と同じくワードプレスの投稿画面内で「メディアを追加」で画像を追加してみて下さい。
    ※基本的にメディア追加するときの設定画面で配置は「なし」が良いと思います。右配置や左配置にすると画像にテキストが回り込みずれたりします。

    まとめ

    Adobe Photoshop(フォトショップ)などの編集ソフトがある方は画像の劣化もしないのでそちらの方が良いですが、特に無いという場合は試してみて下さい。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

contactform7 確認画面や完了画面を表示する

contactform7は、完成形のフォームのプラグインであるため手間のかからない優れたものだと個人的には思っております。 ただ、確認画面や完了画面を表示するとなるとちょっとしたコツが必要です。 1 確認画面を表示する プラグイン(Contact Form 7 add confirm)を利用することにより、対応できる。 少し手間をかけて、フォームの上部にテキストを表示することも可能です。 <p class="wpcf7c-elm-step1"...