Macメールでのエラー解決!識別情報を確認できません。

2017年11月22日

2019年追記
受信サーバー、送信サーバー名を変更することで解消する場合があります。
(サーバーによります)
参考:
サーバー名の部分を〇〇.secure.ne.jpに変更
ビジネスでメールを送る機会は多いですが、メーラーを立ち上げる度に毎回アラート(警告)が表示されると気になってしまうものです。
Windowsのアウトルックなどでは特に問題なく使えるメール(メール設定)もMacではエラーが表示されることがあるのでその解決法ご紹介します。

メールはサーバー○○の識別情報を確認できません。

Macメール立ち上げ時に下記のようなアラートが表示されることがあります。

「メールはサーバー○○の識別情報を確認できません。
このサーバーの証明書は無効です。”pop.○○.co.jp”に偽装したサーバーに接続している可能性があり、機密情報が漏えいするおそれがあります。それでもこのサーバーに接続しますか?」

続けるを押すとメールの送受信はできますが、不安にもなりますし気持ち悪いものです。
アラートが表示される原因としては独自ドメインを使用したメールの送信設定の際に表示されるケースがあるようです。
企業によっては○○@○○.ocn.ne.jpのようなインターネットプロバイダー(OCN等)のメールを使用しているケースもありますが、多くはホームページで使用している独自ドメイン(例、wasabi3.com)を使用したメールアカウント(例、○○@wasabi3.com)を使用しているかと思います。
設定自体に問題が無いのであれば毎回アラートがあがって続けるを押すのも大変なので表示されないようにしましょう。

Macメールエラー解決法

  • 「証明書を表示」をクリック
  • 「”○○” への接続時に“○○を常に信頼”」にチェックを入れて「続ける」をクリック
  • 暗証番号の入力を求められるので入力して終了

まとめ

Macメールでの「識別情報を確認できません」の対処法の一例をご紹介しました。
但し、MacのOS、メールサーバーの種類、設定自体が間違っているなどMacメールでの不具合は多岐に渡るので解決しない場合は管理会社やMacに直接確認するのが良いです。

Related Posts

メールを受信はできるけど返信できない。エラーの原因はローカル配信

メールを受信はできるけど返信できない。エラーの原因はローカル配信

メールを受信はできるけど、返信してもエラーが返ってくる。 そんな現象が起きた際に確認するべきことをご紹介します。 下記は1例です。ケースにより色々な原因がありますのでまずは契約しているメールサーバー会社に確認してみるのが一番です。 Sorry, no mailbox here by that name. (#5.1.1) 相手からメールが送られてきてそれに対して返信する。 しばらくするとfailure noticeのタイトルでMAILER-DAEMON@~ の返信が。 本文には Sorry, no mailbox here by...

ホームページ制作の注意点 フォントサイズは設定の問題!?

ホームページ制作の注意点 フォントサイズは設定の問題!?

ホームページを制作する上でフォントの種類やサイズは全体の印象を決める上でも重要な所です。 サイトの特徴やターゲットにより推奨されるサイズなどもありますが、最終的な決定はクライアントのブラウザでの見え方でクライアントがどう感じるか、主観的な問題にもなってきます。 同じ空間で同じ画面を見ながらでしたら大丈夫ですが、リモートでの打ち合わせの場合気を付けないと、認識のずれから大きすぎる、小さすぎると無駄な修正をしてしまうことがあるのでおかしいなと思ったら下記を確認しましょう。 PCのシステム設定の拡大率の確認...

ワードファイル内の画像をホームページで使いたい場合

ワードファイル内の画像をホームページで使いたい場合

ホームページを作成する時に素材としてパワーポイントやWordのファイルを利用することがよくあります。テキストはコピペで使えるので問題ないのですが、画像を利用しようとすると一苦労です。 ワードの場合画像が埋め込まれているのでそのまま使用しようとしても簡単には利用できません。スクリーンショット等でハードコピーを取るか、右クリックして図として保存を利用することが可能です。 参考:素材準備 パワーポイントの図表を画像化する方法...