Macメールでのエラー解決!識別情報を確認できません。

2017年11月22日

2019年追記
受信サーバー、送信サーバー名を変更することで解消する場合があります。
(サーバーによります)
参考:
サーバー名の部分を〇〇.secure.ne.jpに変更
ビジネスでメールを送る機会は多いですが、メーラーを立ち上げる度に毎回アラート(警告)が表示されると気になってしまうものです。
Windowsのアウトルックなどでは特に問題なく使えるメール(メール設定)もMacではエラーが表示されることがあるのでその解決法ご紹介します。

メールはサーバー○○の識別情報を確認できません。

Macメール立ち上げ時に下記のようなアラートが表示されることがあります。

「メールはサーバー○○の識別情報を確認できません。
このサーバーの証明書は無効です。”pop.○○.co.jp”に偽装したサーバーに接続している可能性があり、機密情報が漏えいするおそれがあります。それでもこのサーバーに接続しますか?」

続けるを押すとメールの送受信はできますが、不安にもなりますし気持ち悪いものです。
アラートが表示される原因としては独自ドメインを使用したメールの送信設定の際に表示されるケースがあるようです。
企業によっては○○@○○.ocn.ne.jpのようなインターネットプロバイダー(OCN等)のメールを使用しているケースもありますが、多くはホームページで使用している独自ドメイン(例、wasabi3.com)を使用したメールアカウント(例、○○@wasabi3.com)を使用しているかと思います。
設定自体に問題が無いのであれば毎回アラートがあがって続けるを押すのも大変なので表示されないようにしましょう。

Macメールエラー解決法

  • 「証明書を表示」をクリック
  • 「”○○” への接続時に“○○を常に信頼”」にチェックを入れて「続ける」をクリック
  • 暗証番号の入力を求められるので入力して終了

まとめ

Macメールでの「識別情報を確認できません」の対処法の一例をご紹介しました。
但し、MacのOS、メールサーバーの種類、設定自体が間違っているなどMacメールでの不具合は多岐に渡るので解決しない場合は管理会社やMacに直接確認するのが良いです。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。