ホームページが表示されない。自分でできる解決法!

2017年11月22日


多くの労力と時間をかけてやっと初めての会社のホームページが完成!
知り合いにもみてもらおうとさっそく連絡したけれどホームページが見つからないと言われてしまった・・・。
そんな時の解決法をご紹介です。

ホームページが検索エンジンに表示されるまでには時間がかかる

※今回の方法はホームページの制作、サーバーへのアップロード等は正常に完了していることが前提です。
ヤフーやグーグルの検索エンジンでキーワード検索(社名等)をして検索一覧に表示させるには検索プログラムを提供しているグーグルにインデックス(目次登録)される必要があります。
ホームページを公開(ウェブサーバーにアップ)してもそれ以外にアクションを起こさない場合、新しく作ったホームページはどこからもリンクされていないことになるのでインデックスされるには時間がかかります。(長い時は数週間以上も)
せっかく作ったので早くみてもらいたい時にはインデックスを促す必要があります。

方法1:Google Search Consoleに登録

同じくグーグルが提供しているサービスにGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール。以前はウェブマスターツールという名称)というサービスがあります。
こちらのサービスは検索数やクリック数、キーワード順位といった統計データや被リンク元の確認、サイト上のエラーチェックなどができる便利なサービスですが、その中にサイトマップの送信という機能もあります。
そちら送信を行うことでインデックスを促すことができます。
但し、グーグルサーチコンソールにホームページを登録するにはそのサイトが自分のものだという証明が必要になってきます。
証明の方法は色々ありますが、おススメはGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)の登録です。

GoogleAnalyticsに登録するために

グーグルアナリティクスは導入することでホームページの分析ができるツールで、基本的な所ではホームページへの訪問数やページビュー数、またどこのリンク元からサイトに訪れたかなどが分かります。
今後ホームページを運用するにおいて目標をたて現状のデータを分析し改善していくには必須のツールにもなってくるのでこれを機会に一緒に導入しましょう。
グーグルアナリティクスを導入することによりグーグルサーチコンソールも利用できるようになります。
但し、グーグルアナリティクスを導入するにはタグコードをホームページ内に埋め込む必要があります。
ホームページ制作会社に制作を依頼している場合はそちらに依頼しましょう。
但しレアなケースとして、ワードプレスを利用してホームページを制作し、公開を急ぐためにデフォルトのテーマ(ホームページのデザイン)で一旦公開した後、最終的なテーマへ変更する際にはタグの再設置が必要になります。
制作会社としては二度手間になってしまうので相談してみましょう。

方法2:Goolgeマイビジネスに登録する

グーグルアナリティクス及びグーグルサーチコンソールへの登録は技術的にホームページ制作会社じゃないと難しい部分もありますが、ご自身でできる方法として同じくグーグルのサービスのグーグルマイビジネスへの登録というものがあります。
新しく設立した会社だと難しいかもしれませんが、比較的歴史がある会社であれば会社名をグーグル検索するだけで検索結果の横に下記のような表記が出てくることがあります。

こちらはグーグルがサービスとして(言い換えれば勝手に)作っているユーザー利便性アップの為の情報提供です。
「このビジネスのオーナーですか?」との表記が出ている場合はグーグルが登録しているだけなのでオーナー確認をして自分で情報を編集(ウェブサイトの登録や営業時間の登録など)できるようにしましょう。
オーナー確認には登録住所にハガキが送られてそのハガキのコードを入力しての確認となるので少し時間はかかります。
制作会社に代行依頼することも可能ですが、その際もオーナー確認は必要になってくるかと思うので可能であればご自身でチャレンジしてみましょう。

まとめ

時間がたてばいずれインデックスされグーグル検索やヤフー検索にも表示されるようになるかと思いますが、グーグル次第なのでなんともいえません。
せっかくホームページが完成したのであれば、できることをやってインデックスを促し早くみんなに見てもらえるようにしましょう。

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...