ホームページが表示されない。自分でできる解決法!

2017年11月22日


多くの労力と時間をかけてやっと初めての会社のホームページが完成!
知り合いにもみてもらおうとさっそく連絡したけれどホームページが見つからないと言われてしまった・・・。
そんな時の解決法をご紹介です。

ホームページが検索エンジンに表示されるまでには時間がかかる

※今回の方法はホームページの制作、サーバーへのアップロード等は正常に完了していることが前提です。
ヤフーやグーグルの検索エンジンでキーワード検索(社名等)をして検索一覧に表示させるには検索プログラムを提供しているグーグルにインデックス(目次登録)される必要があります。
ホームページを公開(ウェブサーバーにアップ)してもそれ以外にアクションを起こさない場合、新しく作ったホームページはどこからもリンクされていないことになるのでインデックスされるには時間がかかります。(長い時は数週間以上も)
せっかく作ったので早くみてもらいたい時にはインデックスを促す必要があります。

方法1:Google Search Consoleに登録

同じくグーグルが提供しているサービスにGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール。以前はウェブマスターツールという名称)というサービスがあります。
こちらのサービスは検索数やクリック数、キーワード順位といった統計データや被リンク元の確認、サイト上のエラーチェックなどができる便利なサービスですが、その中にサイトマップの送信という機能もあります。
そちら送信を行うことでインデックスを促すことができます。
但し、グーグルサーチコンソールにホームページを登録するにはそのサイトが自分のものだという証明が必要になってきます。
証明の方法は色々ありますが、おススメはGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)の登録です。

GoogleAnalyticsに登録するために

グーグルアナリティクスは導入することでホームページの分析ができるツールで、基本的な所ではホームページへの訪問数やページビュー数、またどこのリンク元からサイトに訪れたかなどが分かります。
今後ホームページを運用するにおいて目標をたて現状のデータを分析し改善していくには必須のツールにもなってくるのでこれを機会に一緒に導入しましょう。
グーグルアナリティクスを導入することによりグーグルサーチコンソールも利用できるようになります。
但し、グーグルアナリティクスを導入するにはタグコードをホームページ内に埋め込む必要があります。
ホームページ制作会社に制作を依頼している場合はそちらに依頼しましょう。
但しレアなケースとして、ワードプレスを利用してホームページを制作し、公開を急ぐためにデフォルトのテーマ(ホームページのデザイン)で一旦公開した後、最終的なテーマへ変更する際にはタグの再設置が必要になります。
制作会社としては二度手間になってしまうので相談してみましょう。

方法2:Goolgeマイビジネスに登録する

グーグルアナリティクス及びグーグルサーチコンソールへの登録は技術的にホームページ制作会社じゃないと難しい部分もありますが、ご自身でできる方法として同じくグーグルのサービスのグーグルマイビジネスへの登録というものがあります。
新しく設立した会社だと難しいかもしれませんが、比較的歴史がある会社であれば会社名をグーグル検索するだけで検索結果の横に下記のような表記が出てくることがあります。

こちらはグーグルがサービスとして(言い換えれば勝手に)作っているユーザー利便性アップの為の情報提供です。
「このビジネスのオーナーですか?」との表記が出ている場合はグーグルが登録しているだけなのでオーナー確認をして自分で情報を編集(ウェブサイトの登録や営業時間の登録など)できるようにしましょう。
オーナー確認には登録住所にハガキが送られてそのハガキのコードを入力しての確認となるので少し時間はかかります。
制作会社に代行依頼することも可能ですが、その際もオーナー確認は必要になってくるかと思うので可能であればご自身でチャレンジしてみましょう。

まとめ

時間がたてばいずれインデックスされグーグル検索やヤフー検索にも表示されるようになるかと思いますが、グーグル次第なのでなんともいえません。
せっかくホームページが完成したのであれば、できることをやってインデックスを促し早くみんなに見てもらえるようにしましょう。

Related Posts

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

ここ数年SDGs(エス・ディー・ジーズ)が盛んに取り上げられていますが、SDGsの取り組みによって優秀な人材獲得を目指しましょう。 SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGsは国連が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示した2016年から2030年までの国際的な持続可能な開発目標です。 アルファベットそのままに読むとエス・ディー・ジー・エスになりますが、Sustainable Development Goalsの略であり最後はジーエスでなくジーズと呼ぶのが正しいです。...

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者の方は最大30万円の一時支援金が受けられる可能性があるのでご紹介です。 原油価格や原材料価格高騰等への対策として、売上の減少した中小法人・個人事業主等の事業継続を支援するため最大30万円の兵庫県中小企業等原油価格・物価高騰対策一時支援金が受給可能です。 返還義務はありませんが、要件に該当しない、不正受給などはもちろん返還対象となるのでお気をつけ下さい。 対象 ①次の「ア」または「イ」を満たすこと ア 国の事業復活支援金を受給していること (対象月:令和3年11月分から令和4年3月分までのいずれかの月)...