ウェブサイト制作の流れ。ウェブサイト制作業者はいつ決める?


ウェブサイト制作においては多くの工程が発生します。
オリジナルデザインで制作する場合、テンプレートデザインを利用する場合、スマートフォン専用のデザインを制作する場合、レスポンシブデザインでスマートフォン対応させる場合等、状況によっては工数(期間)や内容も異なってきますがウェブサイト制作の流れの例をご紹介します。

ウェブサイト制作の流れ

0 ヒアリング
1 企画提案書・概算見積もり提出(ワサビ)
2 コンテンツ内容を元にページ構成(サイトマップ)を決定(ワサビ)
3 契約書のご確認、お申込み、着手金制作費のお支払い(お客様、ワサビ)
4 トップページ、各ページに必要な素材(ロゴ、ヘッダー画像、バナーに使用する画像、テキスト等)を用意(お客様)
※ロゴ作成や写真撮影、インタビュー等による原稿作成などワサビで対応も可能です。
5 コンテンツ配置(ワイヤーフレーム)を決定(ワサビ)
6 トップページ初稿デザイン案を提出(ワサビ)
※2週間程度
7 トップページデザイン修正確認(お客様⇔ワサビ)
8 トップページデザイン確定(お客様
※全体デザインの核となるので重要です。
9 他のページ(下層ページ)のデザインを制作(ワサビ)
※1~2週間程度
10 他のページ(下層ページ)のデザイン修正確認(お客様⇔ワサビ)
11 確認完了ページのHTML、CSSコーディング作業(ワサビ)
※1~2週間程度
(この時点からサーバー料金が発生)
12 リンクやレスポンシブデザインでの挙動等を確認(お客様⇔ワサビ)
13 サイト構築(CMS導入、システム構築)・DNS設定(ワサビ)
※1週間程度
14 各ページの誤字脱字や微調整、スマートフォンでの挙動確認等最終チェック(お客様⇔ワサビ)
15 テスト記事、テストデータの削除(ワサビ)
16 公開作業。本番環境への移行、インデックス制限解除、Googleへの登録等(ワサビ)
17 納品、一般公開(ワサビ)
18 ホームページ運用。残金ご請求(ワサビ)
19 運用などのご相談

ウェブサイト制作業者はいつ決めれば良い?

上記を例にすると納品までには素材準備や企画設計が固まり実際に制作着手してから約5週間程度~という形になります。
実際には内容の確認のやりとりや修正が入る為、制作期間としては8週間程度~みておくことが理想です。
ウェブサイト制作の業者選定や素材準備に4週間程度かかると考えると、4月1日に新しいウェブサイトをオープンしたいと考えるなら遅くとも1月には社内でのプロジェクト着手したいところです。
上記はあくまで一例なのでお急ぎの案件等でもお気軽にご相談下さい。

Related Posts

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

ここ数年SDGs(エス・ディー・ジーズ)が盛んに取り上げられていますが、SDGsの取り組みによって優秀な人材獲得を目指しましょう。 SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGsは国連が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示した2016年から2030年までの国際的な持続可能な開発目標です。 アルファベットそのままに読むとエス・ディー・ジー・エスになりますが、Sustainable Development Goalsの略であり最後はジーエスでなくジーズと呼ぶのが正しいです。...

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者の方は最大30万円の一時支援金が受けられる可能性があるのでご紹介です。 原油価格や原材料価格高騰等への対策として、売上の減少した中小法人・個人事業主等の事業継続を支援するため最大30万円の兵庫県中小企業等原油価格・物価高騰対策一時支援金が受給可能です。 返還義務はありませんが、要件に該当しない、不正受給などはもちろん返還対象となるのでお気をつけ下さい。 対象 ①次の「ア」または「イ」を満たすこと ア 国の事業復活支援金を受給していること (対象月:令和3年11月分から令和4年3月分までのいずれかの月)...