ウェブサイト制作の流れ。ウェブサイト制作業者はいつ決める?


ウェブサイト制作においては多くの工程が発生します。
オリジナルデザインで制作する場合、テンプレートデザインを利用する場合、スマートフォン専用のデザインを制作する場合、レスポンシブデザインでスマートフォン対応させる場合等、状況によっては工数(期間)や内容も異なってきますがウェブサイト制作の流れの例をご紹介します。

ウェブサイト制作の流れ

0 ヒアリング
1 企画提案書・概算見積もり提出(ワサビ)
2 コンテンツ内容を元にページ構成(サイトマップ)を決定(ワサビ)
3 契約書のご確認、お申込み、着手金制作費のお支払い(お客様、ワサビ)
4 トップページ、各ページに必要な素材(ロゴ、ヘッダー画像、バナーに使用する画像、テキスト等)を用意(お客様)
※ロゴ作成や写真撮影、インタビュー等による原稿作成などワサビで対応も可能です。
5 コンテンツ配置(ワイヤーフレーム)を決定(ワサビ)
6 トップページ初稿デザイン案を提出(ワサビ)
※2週間程度
7 トップページデザイン修正確認(お客様⇔ワサビ)
8 トップページデザイン確定(お客様
※全体デザインの核となるので重要です。
9 他のページ(下層ページ)のデザインを制作(ワサビ)
※1~2週間程度
10 他のページ(下層ページ)のデザイン修正確認(お客様⇔ワサビ)
11 確認完了ページのHTML、CSSコーディング作業(ワサビ)
※1~2週間程度
(この時点からサーバー料金が発生)
12 リンクやレスポンシブデザインでの挙動等を確認(お客様⇔ワサビ)
13 サイト構築(CMS導入、システム構築)・DNS設定(ワサビ)
※1週間程度
14 各ページの誤字脱字や微調整、スマートフォンでの挙動確認等最終チェック(お客様⇔ワサビ)
15 テスト記事、テストデータの削除(ワサビ)
16 公開作業。本番環境への移行、インデックス制限解除、Googleへの登録等(ワサビ)
17 納品、一般公開(ワサビ)
18 ホームページ運用。残金ご請求(ワサビ)
19 運用などのご相談

ウェブサイト制作業者はいつ決めれば良い?

上記を例にすると納品までには素材準備や企画設計が固まり実際に制作着手してから約5週間程度~という形になります。
実際には内容の確認のやりとりや修正が入る為、制作期間としては8週間程度~みておくことが理想です。
ウェブサイト制作の業者選定や素材準備に4週間程度かかると考えると、4月1日に新しいウェブサイトをオープンしたいと考えるなら遅くとも1月には社内でのプロジェクト着手したいところです。
上記はあくまで一例なのでお急ぎの案件等でもお気軽にご相談下さい。

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...