初めて使うGmail アカウント作成の方法


最近ではスマートフォンを契約する際にGooglePlay等を使用するためにGmailのアカウント(Googleアカウント)が必要になることがあります。
お店の人にお任せでやってもらってたので、いざ自分で別のアカウントを作成しようと思ってやり方が分からない、とならない為にGmailのアカウントを作成する方法をご紹介します。
※Googleは管理画面デザインなどが結構頻繁に変わるので細かい違いが出てくるかもしれませんがご了承ください。

1、作成画面の表示

「Gmail 作成」等と検索すれば該当ページが出てきますが下記リンクからも直接アクセスができます。
Google アカウントの作成 – Google Accounts
※「Googleアカウント」となっていますが、Gmailアカウントとほぼ同じことだと思って下さい。

2、内容の入力


各項目を入力していきます。
・「姓」「名」はデフォルト状態では相手に通知される表示になりますが、設定変更で変えることもできるので複数アカウントを作成する際は適当でも大丈夫かと思います。
・パスワードは8文字以上が必要です。
参考:効果的なパスワードの作り方
・「携帯番号」と「現在のメールアドレス」は必須項目ではないようですが、パスワードを忘れたときの再発行用に入力する方が良いです。
入力が完了したら青ボタン「次のステップ」をクリック。

3、プライバシーと規約の同意


同意するをクリックします。

4、ようこそページの表示


ようこそページが表示されアカウント自体はこれで作成完了です。
初期設定が必要なのでGmailへ移動をクリックして管理画面を表示させます。

5、管理画面の表示


利用ガイドが表示されます。
利用ガイドを閉じると管理画面が表示されます。
このままの状態でもメールの送受信はできますが、便利に使うためにも下記設定は確認しておきましょう。
・差出人の名前
・署名
・プロフィール画像
設定詳細や2回目以降のログインについては下記をご参照下さい。
参考:初めて使うGmail ログインと必須の設定を確認

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...