Google Apps for Workから G Suiteへ

2016年10月3日

Google Apps for Workから G Suiteへ

先日グーグルから「Google Apps for Work」のサービス名称変更がアナウンスされました。
新しい名称は「 G Suite 」。(カタカナ読みが特に記載無いですがジースウィート!?)
「Suite」はスウィートルームのスウィートと同じですが、組とか揃いという意味がありアプリケーション群の総称として使われています。
サービス内容的には何か一新されたということはなく、従来のGoogleAppsから引き続き「Gmail」「Googleドキュメント」「Googleドライブ」「Googleカレンダー」「ハングアウト」などを使用することができますが、その中でAIの機械学習技術を応用した機能などが提供されるようです。

AI機能でGoogleドライブやGoogleドキュメントがより便利に!?

詳細なアナウンスはこれからですが具体的にはAndroid版端末においてGoogleドライブでファイル検索を行った際に従来よりも短時間で探し出すこともできる「Quick Access」。
これはAIにより利用履歴、今後の予定、現在のやりとりなどからどのファイルが検索されるかを入力前に「先読み」し、関連性の高いファイルを画面上に表示する機能です。
その他Googleカレンダーにおいて、複数人でのミーティングの際に最適な時間や会議室をAIが提示したり、Googleドキュメントでも検索(Explore)機能が強化され利用者が求めている資料、データ、デザインなどを迅速に提示してくれます。
グーグルは結構頻繁にサービス名称やサービス内容、UIを変更するので利用者にとっては大変な一面もありますが、今回の変更のコンセプトとしては”チームワークの活発化、業務の効率化を通じ、組織間連携を促進することで、企業の成長速度を加速し、成果につながるように強力に支援する”
とのことなので今後に期待です。
参考:G Suite のご紹介 All together now.
参考:「Google Apps for Work」を「G Suite」に改名、AI機能など追加

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...