直帰率が高くてもSEO順位には関係がないのか

2016年7月8日

search-engine-optimization
ウェブサイト内で継続的にブログ記事を作成しコンテンツを増やすと直帰率も高くなりがちです。
直帰とはウェブサイトに訪れたけれども一番初めに見たページだけで画面を閉じてしまうことです。
コンテンツを増やすということは間口が広がり色々なキーワードで各記事が検索されやすくなります。
ブログ記事は基本的には検索ユーザーの求めている情報をその記事内で解決できるように作成するのでそこが解決されると離れていき直帰となります。
もちろん関連記事を表示させたり、問い合わせリンクをつけたりと工夫によって直帰でなくウェブサイト内を回遊させることは可能です。
グーグルの計測上、長くその記事を読んでいても一瞬で帰ってしまっても同じ直帰として評価されます。
1ページで帰ってしまう=そのサイトの内容は検索結果との関連性が低いとも考えることもできますので直帰率が高い=グーグルからの評価(SEO順位)が下がってしまう。
とも考えることができますが、実際の所どうなのでしょうか。

直帰率は順位データとして余計(影響がない)という見解

直帰に関してグーグルのマットカッツ氏は2008年のフォーラムで下記のように述べています。

直帰率(をランキング要因にすること)は、スパムに繋がるし、そもそもデータとして余計なものだよ。

直接順位には影響がないと断言しているわけではありませんが、余計というニュアンスからすると影響は少ないようです。

直帰が順位に影響するとの検証結果

グーグルの見解としてはSEO順位に影響がないとのことでしたが実際に10万ものサイト(全ての検証含めると100万)を分析検証してみた例をご紹介します。
海外調査になりますが、リンク構築の手法で定評のあるブライアン・ディーン氏が設立したBACKLINKOの調査です。
tyokki
参考、画像引用元:BACKLINKOによるランキング要素の大調査!100万の検索結果を分析してわかったこと。
縦軸が直帰率、横軸が順位です。
こちらの結論としては「低い直帰率は、Googleの検索結果における高順位と、強い関連性がある。」とのこと。
確かにグラフ全体を見ると関連性がありそうです。
但し、気をつけないといけないのは他の要素も絡むため直帰率が直接の順位決定の要因になっているかは分からず、直帰率が低いことは検索結果上位の十分条件ではないということです。

直帰に一喜一憂することもないけど一つの指標にしましょう

結論としては直帰率とSEO順位との関連性に関しては明確になっていませんが直帰率をユーザーの期待に応えられているかどうかの一つの指標にすることは大切です。
ブログ記事を特に作っているわけでもない企業サイトなどでトップページの直帰率が高ければアイキャッチやタイトルの見直しを検討する必要もありますし、ブログで直帰が高いページがあってもそこへの被リンク等が多ければユーザーの期待に応えた上での直帰と考えることもできます。特定の記事が直帰率を極端に押し上げていることもあります。
大切なのは何故直帰率が高くなっているのかを確認することです。
コンテンツ作りの参考に下記など参考にしてみて下さい。
参考:今すぐ始めるコンテンツマーケティング

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。