Googleマップの住所の修正

アクセスページとGoogleマップ

お客様が実際に来社されるような企業のウェブサイトにはアクセスページは必須と言えます。
ひと昔前であれば略地図をイラストで起こしてそれを掲載したりしていましたが、Googleマップが登場してからその手間が無くなったので大分楽になりました。
イラスト地図よりもスマートフォンと連動させて経路案内をすることもできるGoogleマップを使用する方がお客様の利便性が高いので今では広く使われているGoogleマップですが注意事項もあります。
よくある失敗例として会社の住所が変更になった際にテキストとしての住所表記は変更したけれどもGoogleマップはそのままだったということもあります。
Googleマップも忘れずに最新の住所に変更しましょう。

Googleマップの変更方法

  • まずは住所でグーグル検索します。
  • 表示をすべてから地図に切り替えます。
  • blog map1

  • 共有を選択します。
  • blog map2

  • 地図を埋め込むを選択します。
  • 初めて入れ込む場合や特にサイズを意識しないでも良い場合はそのままでも大丈夫ですが、既存のGoogleマップの差し替えは「中」となっている所を「カスタムサイズ」に変更します。
  • blog map3

  • 既存のサイズを指定、枠内をクリックしてソースコードをコピーします。
  • blog map4

  • 既存のアクセスページのGoogleマップ該当コード部分を先ほどコピーしたコードに差し替えます。

そのまま差し替えられるとは限らない

Googleマップの仕様変更などによりソースコードが今までのものと変わっている場合があります。
また、そのまま使わずにカスタマイズしている場合もありますので差し替えが難しい場合は制作会社等に依頼しましょう。

ワードプレス(WordPress) 使用時のGoogleマップ変更注意

ワードプレスでウェブサイトを構築している場合は注意が必要です。
ワードプレスはビジュアルモードとテキストモード2種類の編集方法がありますが、既存のグーグルマップを差し替える場合はビジュアルモードのままだと変なタグが入ったり、今までのタグを消してしまい地図が表示されないということも考えられるのでテキストモードで編集するようにしましょう。
仮に崩れてしまっても表示を戻せるようにバックアップを取ることは大切です。
参考:ワードプレス(WordPress)の編集。その前に!

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

contactform7 確認画面や完了画面を表示する

contactform7は、完成形のフォームのプラグインであるため手間のかからない優れたものだと個人的には思っております。 ただ、確認画面や完了画面を表示するとなるとちょっとしたコツが必要です。 1 確認画面を表示する プラグイン(Contact Form 7 add confirm)を利用することにより、対応できる。 少し手間をかけて、フォームの上部にテキストを表示することも可能です。 <p class="wpcf7c-elm-step1"...