トップページだけのリニューアルで大丈夫なのか

topkasou

トップページと下層ページのデザインが異なる。

トップページと下層ページのデザインが全く異なるウェブサイトを見ることがあります。
理由は様々かと思います。意図的にデザインを変えている場合、古い作りなのでトップページのみを取り急ぎスマートフォン対応にしたり、新着情報を更新する為にリニューアルした場合、経験もなく初めてウェブサイトを作った場合等。
段階を追ったリニューアルでしたらまだ良いですが、ずっとそのままの状態というのはあまりおススメしません。

1、訪問者が迷ってしまう

トップページからメニューをクリックした時に全く別のデザインのサイトが開かれると一瞬別サイトに飛ばされたかと思ってしまいます。
またメニューが一致していない場合などは次に見たかったページに行くにはどうすれば良いか迷ってしまいます。

2、リンク切れなどの原因になる

トップページだけが更新されていて、下層ページが更新されていない。逆に下層ページを追加したけどトップページを更新していない。
ヘッダー部やフッター部が共通化されていないとリンク切れの原因になりやすく、その為のチェックや管理の負担も増します。

3、トップページがランディングページとは限らない

全ての訪問者がトップページからサイトに訪れてくれるとは限りません。
人気のページや記事などは単独で上位にインデックスされやすいのでそちらがランディングページ(サイトで初めてみたページ)となる場合があります。
通常ロゴやホームボタンをクリックすることでトップページに戻ることが多いですが、下層ページがそのようなデザインになっておらず、トップページからしかリンクされていないページなどがあるとせっかくの訪問者にそのページを見てもらえません。

トップページだけのリニューアル。ユーザービリティに注意

下層ページを追加したり、キャンペーン用のページとして全く別のデザインのランディングページを作成しトップページからリンクさせる等でしたらあまり問題ありませんが、トップぺージのみのリニューアルというのはあまりおススメしません。
予算の都合などもあると思いますので取り急ぎトップページのみリニューアルするという場合でもユーザービリティ上問題ないかも含めて確認することが大切です。
サイト全体やトップページのリニューアルをお考えされていましたらご相談下さい。

お問い合わせ

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...