GoogleサジェストでSEO対策

2016年6月27日

blogeye0627

Googleサジェストとは

Googleで検索をする時に文字の入力途中なのに候補が表示されることがあります。
これはGoogleサジェストと呼ばれるもので検索傾向や関連性からGoogleが入力を予測し補助してくれる仕組みです。
サジェストは「示唆、提案」という意味があり、Googleからの提案ですね。
検索結果下部に表示されるキーワードもGoogleサジェストです。
blog0627-2

Googleサジェストをコンテンツ作りの参考に

Googleサジェストは検索ユーザーにとって便利な仕組みです。
1単語(ビックキーワード)だけでしたらサジェストもあまり必要ないかもしれませんが、目的を持って検索している場合は2語以上を組み合わせて検索するのでその際の入力の補助になったり、検索キーワードが曖昧な時に助けになってくれます。
またGoogleサジェストは検索ユーザーだけでなくウェブサイトの管理者にとっても便利な仕組みです。
というのはGoogleサジェストで表示されるキーワードはある程度検索ボリュームがあるキーワードであったり、トレンドで検索数が一時的に伸びているキーワードでもあるのでそのキーワードを使用してコンテンツを作成することで多くのユーザーを集客できることになります。
単純なアクセス数アップもそうですが、そのキーワードで検索されているということは何かしらの興味、疑問があるのでそれを解決するコンテンツを用意するというのはコンバージョン(サイトの目的達成)やSEO対策にも大切なことです。

Googleサジェストの調べ方

実際に自分で入力して 候補を調べるのもよいですが数が多く大変ですし、全部が表示されているわけではないのでツールを使ってみましょう。
下記などを使用するとサジェストキーワードを見つけることができます。
Googlekeyword
グーグルサジェスト キーワード一括DLツール
有志が開発しており公式ツールでないので若干の誤差等はあるようですが、目安にはなるかと思います。
簡単に候補全てをコピーしたりCSVでダウンロードすることができます。

Googleサジェストとキーワードプランナー

色々なキーワードを発見することができましたが具体的にはどのようにGoogleサジェストを活用すれば良いでしょうか。
ツールでダウンロードしたキーワードを元にコンテンツを作成していけば良いのですが、むやみやたらにコンテンツを作るのも労力がかかるだけですので、キーワードプランナーを使い効率的に作成しましょう。
Google Adwordsのキーワードプランナー
キーワードプランナーはグーグルからの公式ツールで主にGoogleアドワーズを使用する時にキーワード候補作成や金額設定の参考に使用します。
上記サジェストキーワードのダウンロードツール単体だと検索ボリュームがでてこないのですが、キーワードプランナーを併用することで月単位での検索ボリューム等を調べることができます。

キーワードプランナーの使い方

    blogadword

  • キーワードプランナーのログイン画面からログインします
  • https://adwords.google.co.jp/keywordplanner
    ※Googleのアカウントが必要になります。
    blogkeywor

  • 検索ボリュームと傾向を取得をクリック
  • ツールからコピーしたサジェストキーワードを全て貼り付け。もしくはファイルのアップロード
  • bloggraf

  • グラフが表示されます。上に表示されるのはキーワードの合計の月間検索ボリュームです
  •        

  • キーワード単体で確認する際にはグラフマークにマウスオーバーさせます

トレンド傾向を確認

一口に検索数が1万回といっても検索には流行があります。
半年前までは全然だったけど直近半年で一気に伸びたキーワードなのか、逆に半年前までは頻繁に検索されていたけど今ではほとんど検索されていないキーワードなのか。
それとも時期に関わりなく定期的に検索されているキーワードなのか。
このようなトレンドを知ることでどのキーワードを優先的に考えれば良いか分かります。
おススメとしては現在検索されていないトレンドが去ったキーワードは外してしまう。
今急激に検索されているキーワードはそれだけ競合も多くなるので場合によっては外してしまう。
ということで数が少なくても定期的に検索されているキーワードを狙うのがよいかと思います。
但し、検索数と競合度は比例しないのでこちらもキーワードプランナーの競合度を参考にするのが良いです。
kyougou

ニーズがあり質の良いコンテンツでSEO対策

検索ニーズの全く無いキーワードで上位に表示されてもSEO対策としてはあまり意味がありません。
Googleサジェストを参考に有益なキーワードで質の良いコンテンツを作りましょう。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。