意図したキーワードで上位に表示されない そんな時のSEO対策

2016年6月9日

seo
ウェブサイトで日々新しいコンテンツを発信していると必然的に内容が似通ったページなどが出てきます。
偶然に似通る場合もありますし、SEO対策として特定のキーワードにフォーカスして記事を作成することもあります。
記事を増やし間口を広げることにより類似キーワードでも色々なページが検索結果の上位に表示されるのは良いことですが、一番に見てもらいたいページが自サイトの他のページよりも下になってしまうというのは困りものです。

自社サイトで何が最上位か確認方法

まずは自分の意図したページとキーワードがマッチしているか確認してみましょう。
通常のグーグル検索からコマンドを入力することにより確認できます。
コマンドといっても難しいものでなく対象となるドメインURL(弊社でしたらhttps://www.wasabi3.com/)の前に「site:」と入れURLの後ろに半角スペースと調べたいキーワードを入力します。
例えばSEOについて調べたい場合は site:https://www.wasabi3.com/ seo
seo
こちらの検索結果で上位表示されているのがグーグルに最も評価されているコンテンツページです。
(実際には競合他社サイトがその中に入ってくる為隣合うのか離れるのかは分かりませんが。)

意図したページが上位に表示されていない場合

検索タイミングなどにより順位が変動することも考えられるので間を置いて数回調べてみて下さい。
それでも意図したページが上位に表示されていない場合は対策を行う必要があります。
方法としては当たりまえですが他のページを下げるか、該当ページをあげるかになります。
ここで影響してくるSEOの主な評価ポイントとしては被リンクとコンテンツ内容があります。
被リンクは短期的には対策し辛いのでコンテンツを見直しましょう。
余談ですが間違っても安易な有料リンクの購入での被リンクはやめて下さい。

タイトルタグ、見出しタグ、ページ内キーワードの見直し

意図以外のページが上位に表示されている場合は恐らくタイトルタグにも意図したキーワードが入っているのでそちらのタイトルを変更しキーワードを外すことで簡単に順位を下げることができます。
タイトルは変更したくない場合はページ内の見出しや本文で使っているキーワードを減らすと共に全体のコンテンツボリュームを増やしましょう。
意図したページを上げるのは他のページを下げるよりも大変です。
既にタイトルタグでキーワードは使用していますし他のページもタイトルタグでキーワードを使っているのでページ内コンテンツの見直しが必要です。
ポイントは訪問者に有益なコンテンツを提供することです。
具体的にはキーワードを含めたコンテンツボリュームを増やしましょう。グーグルのアナウンスでは適切な文量などの指定はありませんし量よりも品質を重視するとありますが、短く中身が無いコンテンツよりは適度に読み応えのあるページの方が訪問者にも利便性が高いかと思います。
目安としては概要400文字、本文はストレス無く3分程度で読める2,3000文字程度に納めるのが良いでしょう。
有益で訪問者が紹介したいコンテンツを作ることが出来れば自然発生的な良質な被リンクも作ることができます。

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...