リファラースパム対策

| お知らせ · アナリティクス

ウェブサイトのアクセスデータに偽装データを混ぜて不正確な数値にしてしまうリファラースパム。
放置していては厄介なので対策をしましょう。
リファラースパムって何?という方は下記ご参考下さい。
ウェブ集客アップ成功!実はリファラースパムかも。見分け方。

リファラースパム3つの対策

3つの対策ご紹介しますが、基本的にはビューを複製した後に対応する方が良いです。
(間違った場合でも数値を元に戻せなくなってしまうため)
①~③ご紹介します。どれかをするというよりも全て対応する方が望ましいです。

①ボットのフィルタリング(自動)

まずはお手軽簡単にできる方法です。
bot
グーグルアナリティクスのビュー設定をクリック。
ボットのフィルタリングの項目の「既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します」の項目にチェックをいれる。
これで完了です。
グーグルアナリティクス側でスパムを自動除外してくれます。
但しイタチごっこの所もあるので新しくでてきたスパムに対応されるにはある程度のタイムラグがあります。

②フィルターの利用(手動)

こちらは自動ではなく手動での対策になります。
filter1

  • ビュー>フィルターをクリックします。
  • フィルターを追加をクリックします。
  • フィルタ名を入力。
  • 後で分かりやすいように「リファラースパム ドメイン」などの記述が良いでしょう。
    filter2

  • フィルタの種類はカスタム除外。
  • フィルタフィールドは 参照。
  • ※スパムによっては参照では対応できない場合もあるので任意で選択してください。

  • フィルタパターン にドメインを記載し保存します。

フィルタリングの欠点

上記対策①、②は欠点があります。
フィルタを設定することでグーグルアナリティクス上でスパムデータは全く計測されなくなるので綺麗なデータにすることができますが、これらは設定以降の対応になってしまいます。
つまり過去に記録されたリファラースパムのデータはそのまま残ってしまうことになります。
過去のデータも含めて処理するには下記③が必要です。
またフィルターの共有設定ができないことも大きな欠点です。
一つのウェブサイトを管理しているだけならあまり影響はありませんが複数のウェブサイトをそれぞれのアカウントで管理している場合は大変です。

③セグメントの利用(手動)

segment1

  • セグメントをクリック。
  • 新しいセグメントをクリック。任意のセグメント名を入力。
  • 詳細条件クリック。
  • segment2png

  • 「フィルタ」と記述されている2つ右隣を「含める」→「除外する」に変更。
  • 参照元/メディアを選択し「含む」のままスパムドメインを記載。
  • or

  • 以降「OR」をクリックして発見されたものを追記していく。

これでリファラースパムのデータを過去からも省くことができます。
データ自体は変わりませんのでセグメントを外すと元に戻ります。
セグメントのメリットとしては一度作ったセグメントを他のアカウントでも共有できるので手間を減らすことができます。
ざっくりと簡単に設定したいのであれば「国」を選択し「含まない」Japanとすれば多くのスパムは排除できます。

いたちごっこといえども必須なリファラースパム対策

日々新しいスパムが増えるのでどうしても対処療法的な対策となってしまいますが、放置していてはどんどんと正確な数値とは乖離していくので定期的な対策が必要です。