外部ブログサービス(アメブロ、FC2ブログ等)の利用だけで大丈夫?

2016年6月7日

blog
パンフレットやチラシ、会社案内といった紙媒体と異なりウェブサイトの最大のメリットは日々新鮮な情報を無料で発信ができることです。
お知らせ、スタッフブログ、お役立ち情報・コラムといった形で目にする機会も多いと思います。
こういった情報発信の手段としてブログシステムが必要になってくるのですが、大きく2種類のケースがあります。
本体ウェブサイトと同じドメインで運用している場合(以下内部ブログ)と外部のブログサービス(アメブロ、FC2ブログ等)を利用している場合。
では内部ブログとして構築する場合、外部のブログサービスを利用する場合どちらが良いでしょうか。
目的や条件にもよりますが両方併用して利用することが良いと思います。
それが難しい場合は内部ブログでの構築だけで良いと思います。
外部ブログサービスにもメリットはありますが、SEOの点から考えるとあまりおススメしません。

外部ブログサービスのメリット

・本体ウェブサイトに影響を与えず導入が簡単でコストもほとんどかからない。
・あまりウェブサイトの知識が無い方でも直感的にできるように作られているので操作性が簡単。
・ブログサービス内での独自のコミュニティがあるので、そこからのアクセスが見込め、ランキングの上位にもなるとより多くの目に触れることができる。

外部ブログサービスのデメリット

・本体ウェブサイトとは別ドメインでの運用になるので記事を更新していっても本体ウェブサイトのページが増えるわけではなく直接Googleの評価に影響しない。
・Googleの検索結果からブログの記事がランディングページとしてヒットしてもそこから本体ウェブサイトを見てもらえるとは限らない。
・外部の広告が入ることがあるので企業が運営する上では好ましくない。

おススメの運用方法

おススメの運用方法は内部ブログ、外部ブログ 両方やることです。
但し、ブログを継続することは結構労力がいることですのでどちらも中途半端にならないという条件付きですが。
今まで外部ブログでやっていた場合は閉鎖するのでなく、併用してするのがおススメです。
外部ブログに本体ウェブサイトへのリンクを貼ればそこからのアクセスアップも見込めます。
但しやみくもに記事を書いても意味がありません。
基本的にはビジネスに直結し訪問者に検索して欲しいキーワードを含めた記事を書いていくことが必要です。
自社内で記事を作っていくことが一番ですが、ライターによるリライトや更新代行も可能ですのでご相談下さい。

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...