新規ホームページ公開。インデックスとは?担当者がするべきこと

2016年5月13日

blog kuroru
手間暇をかけてやっと完成したホームページ。お客様に見てもらうにはどうすればよいでしょうか。インデックスとその為に必要なことをご紹介します。

インデックスとは

通常ホームページを見るときにURL(https://www.wasabi3.com)を全て打ち込んで検索することはまれで、Googleやヤフーといった検索エンジンでキーワードを検索して探し出すことが多いと思います。検索エンジンはインターネット上の辞書のようなもので色々なキーワードに応じてページが表示、登録されるようになっています。
※辞書と違いこのキーワードにはこのページと順位などが必ず決まっているわけではありません。
この検索エンジンに登録されることを「インデックスされる」と言います。
通常はクローラーというロボットがインターネットの世界中のサイトのページを取得に回っているので何もしないでもホームページを発見してインデックスしてくれます.
とはいえビジネスとしては直ぐにでも検索結果に反映されるようにしたいところ。そこでいくつかインデックスを促進する方法をご紹介します。

グーグルサーチコンソール(旧名称 ウェブマスターツール)への登録

こちら登録自体がインデックスを促進するわけではありませんが下記機能を利用するためにも登録しておきましょう。
Googleウェブマスターツール

xmlサイトマップの登録

クローラーに隅々までホームページを見てもらい、抜けなくインデックスを促すためにもxmlサイトマップを用意しましょう。xmlサイトマップはよくホームページ内にある人間のユーザーにサイト構成を案内するものとは違いクローラー用です。詳しくは参考記事などご覧ください。
参考:サイトマップについて

Fetch as Googleを利用しページ登録のリクエストをする

blog fetch
新しくページを作った際などはグーグルサーチコンソールのFetch as Googleという機能を利用すると個別にインデックスを促すことができます。通常1日以内ぐらいにはインデックスされるようです。

サイトを新鮮な状態に保つ。(更新頻度を高くする)

ホームページ全体の更新頻度を高くすることも大切です。全く更新されないホームページと頻繁に更新するホームページだと後者の方がクローラーも気になり定期巡回の頻度を上げてくれるのでインデックスの可能性を高めることができます。

サイト内リンクを分かりやすくする。

基本的なことですが、リンクの中のリンクの中のリンク。みたいに迷宮のような階層構造が複雑なホームページだとクローラーも全てのページ見てくれるとは限らないので出来る限りワンクリック、ツークリックぐらいで全てのページを見れるようなサイト構成にすることが大切です。

Related Posts

スラック(slack)のバックアップは取れる?

スラック(slack)のバックアップは取れる?

先日スラック(slack)の仕様が変更されるとお伝えしましたが、できれば費用をかけずに無料で使い続けたいという方もいるかと思います。とりあえずは90日分は閲覧できるのでバックアップをとっておいて、タイミングの時に有料化するのも方法かもしれません。 それではスラック(slack)でバックアップをとることはできるのでしょうか。 結論としては不可能ではないが、難しいケースが多いという形です。 スラック(slack)の仕様変更に注意 無料の履歴は90日まで プランによりエクスポート可能なデータは異なる...

至急BitLocker回復バックアップキーの取得を。Windows11で不具合発生中!?

至急BitLocker回復バックアップキーの取得を。Windows11で不具合発生中!?

Windows11のパソコンを使用されている方は要注意です。 Windows向けの更新プログラム「KB5012170」で現在問題が発生しており、最悪パソコンがロックされて初期化以外復旧ができなくなってしまうことがあるので事前の対策を取りましょう。 手動更新している場合はしばらく更新しないことをおススメします。 症状 BitLocker回復キーを求められる 普段と同じようにパソコンを使い、パソコンをシャットダウンし、翌日立ち上げると英語だらけの画面に。よくわからないので取り合えずOKやキャンセルを押すと、...

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...