素材準備 画像選びの便利な方法

2016年5月13日

ホームページを作成する際に必要になってくるのは画像とテキストです。テキストだらけのページだと閲覧者の心理的負担が大きいので画像を少なくとも1ページに1枚以上は入れた方が良いです。
コンテンツマーケティングとして定期的に今後ブログ更新する場合は毎回画像を用意しないといけないので大変です。
そんな時に便利な方法があるのでご紹介します。
コンテンツマーケティングという言葉を初めて聞くという方は下記ご参考下さい。
参考:今すぐ始めるコンテンツマーケティング

有料画像サイトの利用

数多くの画像を販売しているサイトが幾つかあるのでそこを利用するのが一つの方法です。
フォトリア
ピクスタ
単品購入だと1枚数百円と高いのですが、定額制だと数十円からでも購入できます。
定期的に使用するのが分かっているのであれば定額制での購入も良いと思います。

無料画像サイトの利用

少しでもコストを抑えたいという場合は無料の画像サイトも幾つかあるのでそちらを利用するのも一つの方法です。
写真素材 足成【フリーフォト、無料写真素材サイト】
イラストAC
無料とはいえそれなりの画像やイラストは揃っているので役立ちますが、全体のボリュームが少なかったり、サイト毎に特徴があるので自分がイメージしている使いたい画像を数多くあるサイトから探すのは一苦労です。
そんな時に便利でおすすめしたい方法がGoogleの画像検索です。

Googleでライセンスフリー画像を検索

グーグルで検索する時に通常だとホームページがヒットしてきますが画像に絞りこんで検索することができます。
キーワードに応じた検索結果というのは通常通りなのでイメージ通りの画像を探すことができます。
但しグーグルの画像検索を使用する際は注意しないといけない点があります。
それは再使用や商用利用が可能かのライセンス確認です。これが一番大変なのですが、実は設定を変えるだけで簡単に調べることができます。

  • グーグルの検索窓で検索をすると「すべて」という表示に下線が引かれていると思いますがこれを画像に変更します。
  • blog gazou1

  • すると検索キーワードに応じた画像が表示されます。但しこれらは再使用可のものと許可が無いものが入り混じっているので詳細検索が必要です。
    検索ツールをクリックし、その中のライセンスをクリックします。
  • blog gazou25

  • その中で「再使用が許可された画像」をクリックします。すると再使用も可能な画像の一覧が表示されます。
    使用目的に応じて「改変後の再使用が許可された画像」「改変後の非営利目的での再使用が許可された画像」「非営利目的での再使用が許可された画像」から選択します。※最終はご自身のご判断で使用下さい。
  • blog gazou3

画像をオリジナルで作成

画像素材をそのまま使用するだけでも絵にはなりますが、ひと手間加工を加えてオリジナルでバナーやポイント画像を作成するとより魅力的になり差別化も図れます。
ご自身で画像加工が難しいという場合はご相談下さい。

お問い合わせ

参考:自由に利用できる画像の検索

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...