ホームページ、チラシの修正赤入れ

2016年5月17日

aka
ホームページやパンフレット、チラシといった紙媒体を制作する時にお客様に赤入れをお願いすることがあります。

赤入れとは

普段あまり意識せずに使ってしまいますが、赤入れとはどういう意味でしょうか。
意味としては添削、校正、修正、チェックをするという意味です。
語源があっているかは分かりませんが、学生の時にテストで間違った箇所を先生に赤ペンで直されるのと同じようなイメージです。
どんな時に「赤入れ」をよく使うかというと初稿として初めてデザインとして形にして提出した際に修正内容をまとめる為に使います。
弊社では基本的にお客様ご自身に赤入れをお願いしています。

どのように赤入れをすれば良い?手書き、デジタルデータ

一番ベストは手書きと、手書き内容も含め修正内容をデジタルデータとしてメールやワードにまとめてご用意頂くことです。
■手書きのポイント
・成果物を一度プリントアウトして頂いて修正箇所等はそちらに○をつけ、連番で数字を打つ等すると分かりやすくなります。
・手書きで頂くことで大きさや配置などの感覚的な部分が分かったり、位置などが直感的に把握できます。
■デジタルデータのポイント
・手書きのファイルだけだと一度そのファイルを開いて見比べたり、文字起こしをしないといけませんが、メールだとそのまま対応ができます。
・連番に合わせて記載することで確認作業が容易になりミスが減りお互いの負担も減ります。
・ホームページの場合は複数ページに渡ることも多いため、URLとしてページが分かる場合はページタイトルやURLも記載しましょう。
記入例、
○○ページ
https://www.wasabi3.com/○○○/
1、テキスト差し替え
ワサビは、東京、大阪、神戸に事務所があるホームページ制作会社です。
→ワサビは、東京、大阪、神戸に事務所があるWebデザイン制作会社です。
2、画像差し替え
○○の画像→添付画像に差し替え
3、下記文言追加。配置は手書き参照
「Googleインドアビューの費用」
4、リンクを下記に変更
お問い合わせ

Contact


→https://www.wasabi3.com/contact0516/

お客様に赤入れをお願いする理由

弊社では基本的にお客様からデザイナー、SEに直接修正依頼という形では無く間に担当が入らせて頂いています。
口頭で修正内容をお伺いしての対応も可能ではありますが、その場合口頭ベースのみのご連絡だと一旦それをまとめる作業が発生し場合によっては認識違いも発生してタイムロスを生じてしまうため、お急ぎの時などは必ずお客様に赤入れをお願いしております。
またメールでご連絡頂くとデザイナー、SEも直接確認できる共通アドレスもあるのでお客様ご自身で赤入れ頂く方が結果的に早く作業を進めることができます。

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...