自動返信メールは必要?注意すること。

blog mail
ホームページ作成にあたってお問い合わせフォームを作成する際にssl対応(暗号化)や自動返信をつけて下さいと依頼されることがあります。
その際に注意点があるのでご紹介です。
ワードプレスのコンタクトフォーム7などは問い合わせ内容を送信者にも分かる様に比較的簡単に自動返信の設定をすることができます。しかし、そもそも自動返信は必要なのでしょうか。
確かに自動返信が返ってきて入力内容が記載されていれば、送信者としては送り間違いがあった際の確認が出来たり、自分の送信メモとしてメールを残すことができます。
しかし、ssl対応ということであれば自動返信は問題があります。というのは自動返信のデータは基本的に暗号化されないからです。

ssl対応のメール

メールが相手に届くまでは大きく3つの区間があります。
A:送信者のパソコン から メールサーバー(送信側)
B:メールサーバー(送信側) から メールサーバー(受信側)
C:メールサーバー(受信側) から 受信者のパソコン
ssl対応した場合A区間は暗号化されますが、B区間は基本的に暗号化されません。C区間は相手に依存します。フォームからの自動返信も暗号化されません。
参考:BPnet
参考:Gmailのセキュリティー!メールサーバー間の暗号化はどうなってるの?

自動返信の上手な使い方

自動返信を利用したい場合は相手の入力内容をそのまま表示させるようにするのでなく、
・メールを受信した旨
・担当から折り返しどのくらいで返事するのかの記載
・万が一折り返しがない場合の連絡先、対処法
を記載するのが良いでしょう。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

contactform7 確認画面や完了画面を表示する

contactform7は、完成形のフォームのプラグインであるため手間のかからない優れたものだと個人的には思っております。 ただ、確認画面や完了画面を表示するとなるとちょっとしたコツが必要です。 1 確認画面を表示する プラグイン(Contact Form 7 add confirm)を利用することにより、対応できる。 少し手間をかけて、フォームの上部にテキストを表示することも可能です。 <p class="wpcf7c-elm-step1"...