自動返信メールは必要?注意すること。

blog mail
ホームページ作成にあたってお問い合わせフォームを作成する際にssl対応(暗号化)や自動返信をつけて下さいと依頼されることがあります。
その際に注意点があるのでご紹介です。
ワードプレスのコンタクトフォーム7などは問い合わせ内容を送信者にも分かる様に比較的簡単に自動返信の設定をすることができます。しかし、そもそも自動返信は必要なのでしょうか。
確かに自動返信が返ってきて入力内容が記載されていれば、送信者としては送り間違いがあった際の確認が出来たり、自分の送信メモとしてメールを残すことができます。
しかし、ssl対応ということであれば自動返信は問題があります。というのは自動返信のデータは基本的に暗号化されないからです。

ssl対応のメール

メールが相手に届くまでは大きく3つの区間があります。
A:送信者のパソコン から メールサーバー(送信側)
B:メールサーバー(送信側) から メールサーバー(受信側)
C:メールサーバー(受信側) から 受信者のパソコン
ssl対応した場合A区間は暗号化されますが、B区間は基本的に暗号化されません。C区間は相手に依存します。フォームからの自動返信も暗号化されません。
参考:BPnet
参考:Gmailのセキュリティー!メールサーバー間の暗号化はどうなってるの?

自動返信の上手な使い方

自動返信を利用したい場合は相手の入力内容をそのまま表示させるようにするのでなく、
・メールを受信した旨
・担当から折り返しどのくらいで返事するのかの記載
・万が一折り返しがない場合の連絡先、対処法
を記載するのが良いでしょう。

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...