ホームページの写真をコピー(転用・保存)できないようにしたい。どうすれば?

2016年3月2日

よくある質問
ホームページの写真をコピー(転用・保存)できないようにしたい。どうすれば?

結論としてはあまりおススメしない

方法の説明に入る前にいきなり結論ですが、基本的にはあまりおススメしません。
というのは簡単にコピー(転用・保存)できないように対処するのは技術的には可能ですが、対応策も色々あるため最終的には優先度と費用面の兼ね合いになるかと思います。
それではホームページの写真をコピー(転用・保存)できないようにする方法下記にご紹介します。

方法1、右クリックできないようにしてしまう

画像を保存する際に一般的で簡単なのは画像を右クリックし「名前を付けて画像を保存」をクリックする方法かと思います。右クリックすると画像保存以外にも印刷やソース表示等色々な選択肢がでてきますが、この右クリック自体を禁止してしまうということがJavaScript等のプログラムを組みこむことで可能になります。組み込むと右クリックしてもメニュー選択肢が出て来なくなるため画像のコピー(転用・保存)ができなくなります。

方法2、背景(バックグラウンド)に組み込んでしまう

もう一つの方法として背景(バックグラウンド)に組み込んでしまうというのがあります。背景に設定されていると右クリックで「名前をつけて保存」をクリックしても画像でなくウェブページが全体保存されてしまい画像を保存することができません。画像を背景に設定する場合とそうでない場合の違いなどは下記ご参考下さい。
参考:ホームページの画像がコピーできない、印刷できない。

コピー対策をしても少し工夫するとコピー(転用・保存)は可能

これらの方法で簡単にはコピーできなくなるので試してみて下さい。但し、これで安心!とはいかず下記のような方法を使うと結局は画像を転用することも可能になります。

  1. ・欲しい画像の部分だけのスクリーンショットを取る。
  2. ・ブラウザの設定でJavaScript自体を無効にしてしまう。

技術的に全てを防ぐのは難しくいたちごっこになってしまうと思うので、悪意をもって不正使用された場合の方針などを示しておくというのも対処法の一つかもしれません。

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...