ホームページの写真をコピー(転用・保存)できないようにしたい。どうすれば?

2016年3月2日

よくある質問
ホームページの写真をコピー(転用・保存)できないようにしたい。どうすれば?

結論としてはあまりおススメしない

方法の説明に入る前にいきなり結論ですが、基本的にはあまりおススメしません。
というのは簡単にコピー(転用・保存)できないように対処するのは技術的には可能ですが、対応策も色々あるため最終的には優先度と費用面の兼ね合いになるかと思います。
それではホームページの写真をコピー(転用・保存)できないようにする方法下記にご紹介します。

方法1、右クリックできないようにしてしまう

画像を保存する際に一般的で簡単なのは画像を右クリックし「名前を付けて画像を保存」をクリックする方法かと思います。右クリックすると画像保存以外にも印刷やソース表示等色々な選択肢がでてきますが、この右クリック自体を禁止してしまうということがJavaScript等のプログラムを組みこむことで可能になります。組み込むと右クリックしてもメニュー選択肢が出て来なくなるため画像のコピー(転用・保存)ができなくなります。

方法2、背景(バックグラウンド)に組み込んでしまう

もう一つの方法として背景(バックグラウンド)に組み込んでしまうというのがあります。背景に設定されていると右クリックで「名前をつけて保存」をクリックしても画像でなくウェブページが全体保存されてしまい画像を保存することができません。画像を背景に設定する場合とそうでない場合の違いなどは下記ご参考下さい。
参考:ホームページの画像がコピーできない、印刷できない。

コピー対策をしても少し工夫するとコピー(転用・保存)は可能

これらの方法で簡単にはコピーできなくなるので試してみて下さい。但し、これで安心!とはいかず下記のような方法を使うと結局は画像を転用することも可能になります。

  1. ・欲しい画像の部分だけのスクリーンショットを取る。
  2. ・ブラウザの設定でJavaScript自体を無効にしてしまう。

技術的に全てを防ぐのは難しくいたちごっこになってしまうと思うので、悪意をもって不正使用された場合の方針などを示しておくというのも対処法の一つかもしれません。

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...