ホームページのリニュアル。ドメインの変更時にすべきこと

2016年3月16日

ドメイン
時代やビジネスの流れに合わせてホームページもいずれリニューアルする時期がくると思います。
その際に同じドメイン内でのリニュアルでしたらあまり問題はないですが、例えば社名に由来したドメイン(wasabi3.com)を使っているけれど社名変更をして会社名がまるで変ってしまう場合、以前の社名を使ったままのドメインというのも違和感があるのでドメインを変更してしまおうと考えることがあります。
何も対策をせずに新規ドメインを使用した場合折角の今までのクライアントを逃してしまう場合もあるのでその際の注意点ご紹介します。

301リダイレクトの設定をしましょう

301リダイレクトとは簡単にいうと前のドメインにアクセスしたユーザーを新しいドメインに転送する方法です。
前のホームページを削除してしまった場合、そのドメインにアクセスしても404Notfoundとなり新しいホームページを見つけることができないですが、301リダイレクトを設定することで新しいホームページへと誘導してくれます。
また前のホームページが一時的に残っていてインデックスされている状態でも新しいホームページへ誘導してくれます。
301リダイレクトにはユーザーの直接の誘導以外にもう一つメリットがあります。

301リダイレクトでSEO的評価も引き継ぐ

コンテンツ内容は同じでも新しいドメインでホームページを立ち上げる場合、検索エンジンのクロールロボットは別のサイトと認識しSEO的評価(被リンクやPageRank、ドメインの運用年数等)も1からのスタートとなってしまいます。
また重複コピーコンテンツとみなされてしまう場合もあります。そんな時に301リダイレクトを設定していると検索エンジンのクロールロボットに対しても適切に誘導し評価を引き継ぐことができます。

Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)で設定

301リダイレクトだけでなく、Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)も活用しましょう。
Googleサーチコンソールで「アドレス変更」を検索エンジンに対して通知することができます。
301リダイレクトとの違いのイメージとしては301リダイレクトはページ毎での通知に対して、Googleサーチコンソールの「アドレス変更」はサイト全体を指しあるドメインからあるドメインへ移動したと大まかに伝えることができます。301リダイレクトよりも早く認識させることもできるため、301リダイレクトと併用して使用するのが推奨されています。「アドレス変更」は以下の方法で設定します。

  • 旧ドメインと新ドメインでGoogleサーチコンソールにサイト登録をする
  • 旧ドメインのサーチコンソール、右上歯車アイコンの設定からアドレス変更を選択
  • アドレス変更

  • 新ドメインのサイトを選択
  • 301 リダイレクトが正常に動作していることを確認する
  • アドレス変更のリクエストを送信する

最後に
参考:ドメイン移転のときに301リダイレクトだけじゃなく、ウェブマスターツールの「アドレスの変更」を使うのはなぜ?

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...