修正が反映されない。キャッシュのクリアとプロキシ。

2016年3月25日

ホームページ制作会社にページを修正してもらったのにその修正が反映されていない。
そんな時にまず試して頂きたいのがキャッシュのクリアです。

キャッシュとは

キャッシュはブラウザで閲覧したページ内容をパソコンに一時的に保管しておくことによって次回アクセスした際により早く表示できるようにする機能です。
例えばノートパソコンでホームページを閲覧していてページを開いたそのままの状態で無線LANが飛んでいない外に出る場合でも今までみていたページは閲覧することができ、それ以外のページを見ようとするとインターネットに接続されていませんという表示になると思います。これは常に最新の内容にアクセスしているわけではなく、キャッシュを読み込んでいるから表示できているわけです。

キャッシュのクリア。再読込

修正が反映されていない場合は修正前のキャッシュを読みこんでいる可能性があるのでキャッシュのクリア、ページの再読込が必要になってきます。
再読込はキーボードの主に左下と上部にある「Ctrl+F5」キーを押すか、ブラウザのアドレスを表示させている所の隣にある再読込ボタンを押すことでキャッシュをクリアできます。
blog keybord
IEアドレス
クロームアドレス

F5でもキャッシュがクリアされない

通常は上記方法でクリアされ最新のページ内容が表示されるようになるかと思いますが、それでも表示されない場合は別の原因が考えられます。それはプロキシです。

プロキシとは

通常ホームページを表示させるのにはパソコンのブラウザからウェブサーバーと呼ばれる所にアクセスして情報を取得してくるのですが、パソコンとウェブサーバーの間に一つ「プロキシ」と呼ばれる中継点を挟むことがあります。プロキシとは「代理」という意味でウェブサーバーの代理としてパソコンにホームページを表示させるイメージです。

プロキシの役割。高速な表示と安全な通信

中継にプロキシを挟むことによりウェブサーバーから取得した情報をプロキシにキャッシュしていきます。初回以降のアクセスはウェブサーバーから取得するのではなくプロキシのキャッシュを見に行くことによりより早く表示させることができるようになります。
またもう一つの役割としては外部からのアクセスも一旦プロキシが処理することにより不正なアクセスや有害な情報を防ぐことができます。
以前と比べてインターネット回線自体が高速になったので高速な表示というよりも安全な通信という理由で企業等で利用されることがあるプロキシ。
ページの修正が反映されない場合、原因がプロキシにあると前述の「Ctrl+F5」の再読込ではすぐにプロキシキャッシュがクリアできずシステム管理者でないと対応ができない場合があるので注意が必要です。

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...