スタッフ紹介のページを作る際に大切なことは?

2016年2月12日

よくある質問
お客様から頂いた質問に答えるこのコーナー。今回はスタッフ紹介のページでスタッフの名前や写真を出した方が良いかどうかです。

スタッフ紹介のページは安心感や信頼感の元

結論としては出来れば出した方が良いかと思います。
スタッフ紹介のページは「ホームページ制作 担当者は、何から始めるのか」でのサイトマップの項でもお伝えしましたが、ホームページに入れた方が良いおススメメニューです。
ホームページはインターネットの世界なのでリアル店舗と異なり、ある意味実態が分からない所もあります。そんな中、人気(ひとけ)が無いサイトよりはスタッフの顔などが見える人気あるサイトの方が訪問者に安心感や信頼感を与えることができサイトの目的を達成しやすくなります。
ではスタッフ紹介のページで何を掲載すれば良いのでしょうか。おススメなのはスタッフ個人個人の紹介を写真入りで、名前・携わっている仕事内容・訪問者へのメッセージ等を掲載することでしょうか。
また趣味なども掲載したら親近感が湧き実際に対面した際に話のきっかけにもなります。
とはいえ顔写真や実名を掲載するのは抵抗がある方も多いと思います。名前を掲載すると基本的には検索エンジンにキーワードを入力した際に表示される対象となります。中には検索されたくないという人もいるでしょう。
そんな時はイラストやイニシャル、ニックネームを使うのもありです。案外写真をそのまま掲載するよりも似顔絵イラストを掲載することで実際に対面で会った際に、「似てる!」と話題のきっかけにもなります。
似顔絵イラスト参考:株式会社アイテック
スタッフ紹介参考:株式会社メール企画

スタッフ紹介のページを作る際に大切なことは?

訪問者に安心感や信頼感を与えることができるのでスタッフ紹介のページを作ることは大切なのですが、制作の際に気を付けるべきことがあります。
それはスタッフの方に事前に説明をしておき退職後などのデータの取扱について予め決めておくことです。消さないとデータはずっと残っていくものですし、個人の紹介ページは削除してもサイト内の他のページに自分が写った画像が掲載されているかもしれません。後々トラブルになることもあるので予め個人写真や名前などの取扱にルールを定めておくことが大切です。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。