スライドシェア(SlideShare)でセミナー集客!?

2016年2月4日

slideshare

スライドシェアとは

スライドシェアとは海外発ウェブサービスの一つでプレゼンなどで使うような資料を共有できるサービスです。2006年に「オンラインで知識を共有する」という考えのもと起ち上げられました。
残念ながら日本語表示にはなっていないのですが、英語アレルギーがある方でも資料のアップや共有,閲覧等基本的な操作はビジュアルである程度分かる作りです。静的なPDFだけでなく動画も共有できます。
スライドシェア公式サイト

スライドシェアの活用法!セミナー集客

ではこのスライドシェアはどんな時に利用するのでしょうか。
例えばあるセミナーを開催していてそこで使うプレゼン用資料を集客の為に事前にスライドシェアで共有するというのも方法です。
資料ダウンロードの際によく使われる、PDFのリンクを貼っておいてそこをクリックして下さい、という方式だとダウンロードして開くまで中身が分からないですしダウンロードして開くという手間も発生してしまうのでハードルが高くなります。
その点スライドシェアを活用するとスライドイメージがそのまま表示され、自分で動かすことができるのでより訪問者の興味を引き付けることができます。
最終的にセミナーに集客できるかはスライドの出来次第にも関わってきますが、それも他の人がスライドシェアで共有しているスライドをみて良い所を参考にするというのも方法です。

共有権限の変更、ホームページへの埋め込みも可能。

スライドをダウンロードできるようにするか、埋め込みコードを発行できるようにするかなど細かい権限もアップロード時に設定ができるので、流用して他で使い回しをされてしまうのでは?といった懸念も抑えることができます。
とはいえスライドシェア自体が公開しているサービスなので権限を絞り限定してしまうよりも、ポイントだけを抑えたスライドにして詳しく聞きたいと期待感を抱かせるスライドをアップロードすることが結果的に集客につながるかもしれません。今まで利用したことが無いという方は一度試してみて下さい。
自社サイトに上手く埋め込めないと一度ワサビの下記お問い合わせまでご連絡下さい。

お問い合わせ

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。