スライドシェア(SlideShare)でセミナー集客!?

2016年2月4日

slideshare

スライドシェアとは

スライドシェアとは海外発ウェブサービスの一つでプレゼンなどで使うような資料を共有できるサービスです。2006年に「オンラインで知識を共有する」という考えのもと起ち上げられました。
残念ながら日本語表示にはなっていないのですが、英語アレルギーがある方でも資料のアップや共有,閲覧等基本的な操作はビジュアルである程度分かる作りです。静的なPDFだけでなく動画も共有できます。
スライドシェア公式サイト

スライドシェアの活用法!セミナー集客

ではこのスライドシェアはどんな時に利用するのでしょうか。
例えばあるセミナーを開催していてそこで使うプレゼン用資料を集客の為に事前にスライドシェアで共有するというのも方法です。
資料ダウンロードの際によく使われる、PDFのリンクを貼っておいてそこをクリックして下さい、という方式だとダウンロードして開くまで中身が分からないですしダウンロードして開くという手間も発生してしまうのでハードルが高くなります。
その点スライドシェアを活用するとスライドイメージがそのまま表示され、自分で動かすことができるのでより訪問者の興味を引き付けることができます。
最終的にセミナーに集客できるかはスライドの出来次第にも関わってきますが、それも他の人がスライドシェアで共有しているスライドをみて良い所を参考にするというのも方法です。

共有権限の変更、ホームページへの埋め込みも可能。

スライドをダウンロードできるようにするか、埋め込みコードを発行できるようにするかなど細かい権限もアップロード時に設定ができるので、流用して他で使い回しをされてしまうのでは?といった懸念も抑えることができます。
とはいえスライドシェア自体が公開しているサービスなので権限を絞り限定してしまうよりも、ポイントだけを抑えたスライドにして詳しく聞きたいと期待感を抱かせるスライドをアップロードすることが結果的に集客につながるかもしれません。今まで利用したことが無いという方は一度試してみて下さい。
自社サイトに上手く埋め込めないと一度ワサビの下記お問い合わせまでご連絡下さい。

お問い合わせ

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...