Gmail 容量が一杯になった時の解決策

2016年2月22日

gmailyouryou
通常のテキスト形式のメールのやり取りだけだとあまり容量を気にする必要はありませんが、添付ファイルを多く使用していると気づけば容量の残りが少ない!というエラーメッセージが出てしまうことがあります。
そんな時は容量アップやメールの削除を検討しましょう。

メールの容量アップ

無料版のGmailとGoogleAppsでは内容が異なります。
無料版のGmailは通常15GB/月0円。
追加として100GBプラン/月1.99ドル、1TBプラン/月9.99ドル。
GoogleAppsの場合は通常30GB。月600円。
追加として上位プランのGoogle Apps with unlimited storage and Vaultになると1TB/月1200円になります。(同一ドメインで5ユーザー以上いる場合は容量無制限。)
手早くストレスなくメール容量問題を解決するには容量アップがおススメです。
容量確認と購入はこちらから

メールの削除

メールの容量アップはストレス無く問題を解決できる方法ですが、費用もかかってしまいます。出来る限り費用を抑えたい場合はまずはメールを削除していきましょう。とはいえ数十GBあるメールを一つづつ開いて容量を確認して削除となるととても大変なのでメールの検索機能を有効活用しましょう。
コマンドを入力するなど色々方法がありますが簡単な方法をご紹介します。
gmail size
1、検索ボックスの右端の下向き三角をクリックすると条件入力ボックスが表示されます。
2、その中にサイズという項目があるのでそこに任意の数字を入力し虫眼鏡ボタンをクリックします。
3、するとそのサイズ以上のメールを絞って表示してくれます。
4、その中で必要なメール以外をチェックいれて削除ボタンをクリックするとチェックしたメールがゴミ箱に移動されます。
※この時点では容量は回復しません。30日間の自動削除を待つかゴミ箱を開き完全に削除してしまいましょう。
参考:保存容量を確認する

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...