Gmail 容量が一杯になった時の解決策

2016年2月22日

gmailyouryou
通常のテキスト形式のメールのやり取りだけだとあまり容量を気にする必要はありませんが、添付ファイルを多く使用していると気づけば容量の残りが少ない!というエラーメッセージが出てしまうことがあります。
そんな時は容量アップやメールの削除を検討しましょう。

メールの容量アップ

無料版のGmailとGoogleAppsでは内容が異なります。
無料版のGmailは通常15GB/月0円。
追加として100GBプラン/月1.99ドル、1TBプラン/月9.99ドル。
GoogleAppsの場合は通常30GB。月600円。
追加として上位プランのGoogle Apps with unlimited storage and Vaultになると1TB/月1200円になります。(同一ドメインで5ユーザー以上いる場合は容量無制限。)
手早くストレスなくメール容量問題を解決するには容量アップがおススメです。
容量確認と購入はこちらから

メールの削除

メールの容量アップはストレス無く問題を解決できる方法ですが、費用もかかってしまいます。出来る限り費用を抑えたい場合はまずはメールを削除していきましょう。とはいえ数十GBあるメールを一つづつ開いて容量を確認して削除となるととても大変なのでメールの検索機能を有効活用しましょう。
コマンドを入力するなど色々方法がありますが簡単な方法をご紹介します。
gmail size
1、検索ボックスの右端の下向き三角をクリックすると条件入力ボックスが表示されます。
2、その中にサイズという項目があるのでそこに任意の数字を入力し虫眼鏡ボタンをクリックします。
3、するとそのサイズ以上のメールを絞って表示してくれます。
4、その中で必要なメール以外をチェックいれて削除ボタンをクリックするとチェックしたメールがゴミ箱に移動されます。
※この時点では容量は回復しません。30日間の自動削除を待つかゴミ箱を開き完全に削除してしまいましょう。
参考:保存容量を確認する

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。