アマゾンが危ない?フィッシングサイトと注意点

amazon
フィッシングに関して重要なアナウンスがあったのでご紹介です。
フィッシング対策協議会によると大手通販サイトAmazonに似せたフィッシングサイトが見つかったとのことで注意を促しています。
www.amazon.co.jpのURL末尾がco.jpからco(コロンビアのドメイン)に変わっているだけで他は同じとのこと。
現時点でサイトは閲覧できないようなのでこのサイトに関しては大丈夫のようですが今後も注意が必要です。

フィッシングとは

そもそもフィッシングとは何でしょうか。「釣り」が語源になっているようですが、その名の通り偽サイトを作り、色々な方法でつられて騙された人からの情報を搾取する詐欺のことです。金融機関のサイトだとおもってメールアドレス等不用意に個人情報を入力するとそれが悪用されてしまうことも考えられます。

○○で検索!は危ない?

よくテレビなので「○○で検索!」みたいな形でウェブサイトに誘導させる広告を見たことがあるかと思います。テレビだけでなくチラシなどのデザインに使われたりもしますが、この手法もそのまま使うと少し危険な面があります。
というのは検索順位というのは常に変動しておりウェブサイト制作者の方で意図的に順位を決められるわけではありません。SEO対策を行い現在1番目の表示順位を確保しているからといっても絶対ではありません。
また広告を使い通常検索よりも上位に表示させる手段もあります。
「○○で検索!」の広告を見た人がそのキーワードで検索して一番目に表示されていたら大抵は公式サイトと思ってしまいますが、中には公式サイトに似せて作ったフィッシングサイトが紛れている可能性もあります。
よって広告手段として「○○で検索!」を使う場合にはURLを併記するのが大切です。

判別は困難?見分けるには

では訪問者はどのようにフィッシングサイトを見分けたらよいでしょうか。
デザイン的には非常に似せて作っているので判別は難しいかと思いますので基本的にはブラウザの上部やリンクをクリックする前に左下に表示されるURLを確認することが大切です。同じドメインを重複して取得することはできないので必ず公式サイトとは異なるドメインになっているかと思います。とはいえアマゾンの偽サイトのようにco.jpがcoに変わっているだけなど、スマートフォンからの閲覧なども考えたら判別が難しいのも事実です。
まずはそういうフィッシングサイトや手法があるということを頭に入れておいて少しでも違和感を感じたら不用意に情報を入力せず、一つ一つ確認していくことが大切です。
参考:フィッシング対策協議会、Amazon をかたるフィッシング

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。