遠隔操作TeamViewerとは

2016年1月26日

team
ホームページの更新やメールの設定などの方法が分からない、現場でトラブルが起きた、現場のパソコンでしか確認できない情報がある等の場合、現場に行って直接確認するのが一番早いですが、物理的な問題などもあって難しいことも多いと思います。その際は対処法として電話や写真を撮ってもらって送ってもらうという形を取ることが多いと思いますが、そんな時に使用すると便利なTeamViewerという遠隔操作ソフトのご紹介です。
TeamViewer公式サイト

遠隔操作は怖い?使用条件

勝手に操作をして不正なことをするというのは論外ですが、遠隔操作という言葉はそれだけでも印象が悪い言葉でもあります。但しTeamViewerは使用条件として下記が必要になるので必要以上に不安になる必要もないと思います。
・遠隔操作側、操作される側双方でTeamViewerを入れたPCを立ち上げる必要があります。
・操作される側はTeamViewerを立ち上げ、表示されるIDとパスワードを相手方に連絡する必要があります。
・仮に操作される側と遠隔操作側で同時作業をした場合は操作される側の作業が優先されます。
・TeamViewerを切断してしまえば以降操作されることはなく、パスワードも接続毎に変更されるので後から知らずに操作されるということはありません。

予めルールやフローを定めておくことが大切です。

必要以上に不安になる必要もなく、便利なツールではありますが予め操作側、操作される側でルールやフローを決めておくことは大切です。
・操作時間や作業の目安時間を予め連絡する。
・操作される側も信頼しているからと任せきりにするのでなく定期的に確認できる体制にしておく。
・操作後簡単な操作内容を報告する。
・電話やチャット等リアルタイムでも連絡を取れる体制にしておく。
  等々。

作業フロー例

  • 電話もしくはメールで事前にご連絡(操作側)
  • 作業希望日時や作業目途時間を調整

  • パソコン及びTeamViewerを立ち上げIDパスワードを連絡(操作される側)
  • ※メール送信後確認の電話をすると確実です。

  • 作業完了。作業完了の報告をしログアウト(操作側)
  • ※作業途中操作される側で切断したい場合は都度連絡。

  • TeamViewerの終了、パソコンシャットダウン(操作される側)
  • 簡単に作業、操作内容をメールで報告。(操作側)

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...