遠隔操作TeamViewerとは

2016年1月26日

team
ホームページの更新やメールの設定などの方法が分からない、現場でトラブルが起きた、現場のパソコンでしか確認できない情報がある等の場合、現場に行って直接確認するのが一番早いですが、物理的な問題などもあって難しいことも多いと思います。その際は対処法として電話や写真を撮ってもらって送ってもらうという形を取ることが多いと思いますが、そんな時に使用すると便利なTeamViewerという遠隔操作ソフトのご紹介です。
TeamViewer公式サイト

遠隔操作は怖い?使用条件

勝手に操作をして不正なことをするというのは論外ですが、遠隔操作という言葉はそれだけでも印象が悪い言葉でもあります。但しTeamViewerは使用条件として下記が必要になるので必要以上に不安になる必要もないと思います。
・遠隔操作側、操作される側双方でTeamViewerを入れたPCを立ち上げる必要があります。
・操作される側はTeamViewerを立ち上げ、表示されるIDとパスワードを相手方に連絡する必要があります。
・仮に操作される側と遠隔操作側で同時作業をした場合は操作される側の作業が優先されます。
・TeamViewerを切断してしまえば以降操作されることはなく、パスワードも接続毎に変更されるので後から知らずに操作されるということはありません。

予めルールやフローを定めておくことが大切です。

必要以上に不安になる必要もなく、便利なツールではありますが予め操作側、操作される側でルールやフローを決めておくことは大切です。
・操作時間や作業の目安時間を予め連絡する。
・操作される側も信頼しているからと任せきりにするのでなく定期的に確認できる体制にしておく。
・操作後簡単な操作内容を報告する。
・電話やチャット等リアルタイムでも連絡を取れる体制にしておく。
  等々。

作業フロー例

  • 電話もしくはメールで事前にご連絡(操作側)
  • 作業希望日時や作業目途時間を調整

  • パソコン及びTeamViewerを立ち上げIDパスワードを連絡(操作される側)
  • ※メール送信後確認の電話をすると確実です。

  • 作業完了。作業完了の報告をしログアウト(操作側)
  • ※作業途中操作される側で切断したい場合は都度連絡。

  • TeamViewerの終了、パソコンシャットダウン(操作される側)
  • 簡単に作業、操作内容をメールで報告。(操作側)

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...