初めて使うGmail ログインと必須の設定を確認

2016年1月21日

今までOutlookを使っていて初めてGmailを使用する場合、慣れなくて戸惑うことも多いと思います。
Gmailはクラウド型なのでOutlookのようにパソコン毎に1台1台設定する手間も必要なく、色々な機能が搭載されていて便利なのですが、その分使いこなすのも大変です。
今回は初めてGmailを使う方向けに必要最低限確認するポイントご紹介します。

ログイン方法

下記リンクもしくは「Gmail」で検索しグーグルアカウントとパスワードを入力。
https://accounts.google.com/ServiceLogin?service=mail&continue=https://mail.google.com/mail/&hl=ja#identifier
gmail5

差出人の名前

初期設定はGoogleアカウントでの姓名の設定が引き継がれるので特に問題ないと思いますが、差出人として別の名前を表示させたい場合は下記で再設定致します。

設定方法

右上歯車マーク→設定→アカウントとインポート→名前→情報を編集→表示させたい名前を入力して変更を保存
※アカウント名は変わりません。
gmail1
gmail4

署名の設定

プライベートメールでしたら署名を設定しないことも多いですが、ビジネス用に使うのであれば署名も設定した方が良いです。

設定方法

右上歯車マーク→設定→全般→ページ下部の署名→入力して変更を保存
よくある記述内容
・社名
・差出人名
・メールアドレス
・電話番号
・住所
・ホームページ
・受付時間
gmail2

プロフィール画像の設定

こちらは必須ではないですが、プロフィール画像というのを設定ができます。

設定方法

右上 人型マークをクリック→人型の「変更」部分をクリック→写真をアップロード。
※システム上でトリミングもできます。
但し、気を付けないといけないのがこのプロフィール画像は基本的に公開されてしまうので例えば相手もGmailから受信した場合は相手にもこの画像が見られてしまう可能性が高いということです。
プライベートな画像を載せてしまうと思わぬトラブルになることもあるので気を付けて下さい。
gmail3
Gmail基本操作参考:Gmailスタートガイド

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...