ライブ動画配信サービスのまとめ

企業のマーケティングや広報の一環として、
動画配信を検討されている方もいらっしゃると思います。
制作した動画を自社のWebサイトで公開するためには、「動画配信プラットフォーム」が必要になります。
中でも、最も有名なのは「YouTube」になります。
無料で利用する事が出来、ユーザー数が多く、プロモーションに活用しやすいのが特徴になります。
一方で、インターネットライブ配信などの生放送と呼ばれる
動画配信サービスを活用し、自社チャンネルの様な運用をしている企業も増加しています。

インターネットライブ配信とは?

インターネットライブ配信」とは、通販などの商品紹介の番組や、イベントや音楽ライブの生中継、討論会やセミナーなど、インターネットを利用してリアルタイムに配信していくのが「インターネットライブ配信」です。
最大の特徴としては、テレビなどの一方向な配信だけでなく、コメントを利用して出演者と視聴しているユーザーのコミュニケーションを行うことが出来ます。

この様に、動画を配信する目的やシーンによってそれぞれ動画プラットフォームの利用を変えています。
「インターネットライブ配信」のなかでも有名な配信プラットフォームとしては、「Ustream」、「Youtube Live」が挙げられます。
それぞれの概要を下記に記載いたします。

「Ustream」

インターネットライブ配信の主流サービスになります。
高画質な配信が可能で、FacebookやTwitterなどの外部サービスとの連携が充実しています。
登録をすれば、無料で放送が可能になります。

「YouTube Live」

動画配信サイトの「YouTube」が提供するライブストリーミング。
YouTubeならではの安定した配信環境と高画質が魅力のプラットフォームになります。
魅力的な環境は提供されているものの、ライブストリーミングとしては、まだまだ認知度が低いのが難点です。
2014年より制限が廃止され、登録を行えば誰でも気軽に配信ができるようになりました。

「ニコニコ生放送」

ニコニコ生放送では、リアルタイムで配信する動画に、通常のニコニコ動画と同様にコメント利用できるサービスになります。
10〜30歳代の若い年代が圧倒的に多く利用しているのが特徴になります。
配信には有料会員のプレミアムアカウントが必要になります。

動画コンテンツを有料で配信する場合

「Ustream」の場合

月額9800円〜のビジネス向けサービス「アドフリープラス」に申し込めば、広告を非表示にする「アドフリー配信」ができたり、同時試聴人数が無制限でパスワードをかけた限定配信ができたりするほか、すぐに有料配信も使うことができます。

「YouTube Live」の場合

有料のコンテンツを配信するには、
「アカウントが良好な状態であること」
「電話でアカウント認証をすましていること」
「AdSenseアカウントと紐づいていること」
「アクティブなチャンネル登録者が10000人以上いること」
などの要件を満たす必要があります。

「ニコニコ生放送」場合

誰でも有料で配信できるサービスは現時点では無い。
公募やテスト配信等を行い、有料配信サービスを検討している。

まとめ

今後、PCのみならずスマートフォン、タブレット端末といったマルチデバイスでの視聴増加や、動画を有料で配信するオンデマンドのみならずLIVE配信も市場の拡大が見込まれてます。
動画配信する際のプラットフォームの利用をお考え際は、参考にして頂けると幸いです。

Related Posts

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...

今からでも遅くないテレワークのポイント

今からでも遅くないテレワークのポイント

2020年、新型コロナウイルス感染症の流行と共にテレワークが注目されました。 国や自治体も盛んに人流抑制によるテレワークの導入を訴えていましたが、実は感染症対策の為に2020年にぽっと出てきた単語でないのです。 実は2017年頃より政府が推進した「働き方改革」の一つにテレワークがうたわれていました。...

IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日(日本時間)に決定

IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日(日本時間)に決定

先日マイクロソフトからIE11のサポート終了期限が発表されました。2022年6月16日(日本時間) IE(Internet Explorer)はバージョンを変えながら長年Windowsの標準ブラウザだったこともあり、親しみが深い人も多いと思います。 そもそも詳しい人以外はインターネット=IEとして、その他のブラウザの存在を意識していない方も多いと思います。...