Googleアナリティクス試験「GAIQ(GoogleAnalytics Individual Qualification)」の日本語化

120430アナリティクス

GAIQとは

ウェブサイトの効果の検証などの際に必要になるものが解析ツールになります。
その解析ツールの中でも日本で多くの企業が採用している多機能でかつ、無料で出来るツールとしてGoogleアナリティクスがあります。
Googleでは、そのツールのプロの使い手の証明としてGAIQ(GoogleAnalytics Individual Qualification)という資格を用意しています。

試験の変更

以前は有料で2時間の試験を行います。しかも全て英語での受験でした。
当時の試験は、回答後戻ることも可能で、しかも途中で止めて戻ることも可能でした。
しかし、そのAnalyticsの試験も、GooglePartnerに統合され無料で受験できるようになっていました。また試験問題も英語だけでなく日本語対応にもなりました。
今回の試験形式は、90分の試験で合格基準は80%となり、試験中は回答後戻ることが出来なくなっています。1週間後に再受験することも可能になります。
試験が無料になり、日本語にも対応されたことにより試験に取り組む壁が少なくなくなりました。アナリティクスの総合的な知識を持っている事を証明するためにも取得してみてはいかがでしょうか。
参考:https://support.google.com/analytics/answer/3424287?hl=ja
 

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。