印刷時にトンボ(トリムマーク)を外す方法

2014年7月29日

トンボ(トリムマーク)とは?

印刷物をデザインする際に設定する仕上がりサイズの目安のことです。例えばA4サイズの印刷物の場合、デザイン時にはA4サイズよりも大きめにデザインしA4サイズの部分にトンボを設定します。何故わざわざ大きめにデザインしトンボを設定するかというと印刷所では大量の用紙を一度にカットしサイズを合わせるため、多少のズレが生じてきます。仮に仕上がりサイズぴったりにデザインしていた場合、カット位置がずれた時に余白が生じてしまいます。
それを防ぐため、デザインする側は、どこまで印刷範囲にすればいいか分かるようにトンボを目安にします。印刷業者さんもどこで断裁すればいいのか明確に分かるようになります。

家庭用プリンター等での確認用印刷。トンボ外し

大量にチラシ印刷する場合は印刷業者に頼む前に事前にプリントアウトして出来映えチェックしてからというケースも多いでしょう。そんな時通常に印刷するとトンボが印刷の中に入り込んでしまうことになります。印刷時と同じ状況で確認したい場合はプリンターの設定を変更してみましょう。
トンボ内印刷
プリンターの設定でページサイズ処理の所、実際のサイズを選択頂いたらトンボ内印刷が可能です。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。