タグマネージャーでクリックされたリンクを特定

2014年7月15日

サイト分析をする際に訪問者がどのページを閲覧したかというのは重要な情報になってきます。見てもらいたい狙いのページのアクセス数が伸びないのであれば、改善策として、

  • 1、そのページ内容を充実させて直接検索結果から誘導させるか、
  • 2、外部の広告などにリンクを張って直接誘導するか、
  • 3、トップページやその他ページにバナー等を作り誘導するかといった方法があります。

この中でも3に関しては誘導経路の作り方によりその効果が変わってくるのでPDCAチェック(設置場所毎に効果検証し、修正確認の繰り返し)が大切です。
ただ、分析にグーグルアナリティクスを用いる場合、通常のままではどのページから誘導することができたというのは分かりますがどのバナー、どのリンクから誘導できたかは分かりません。しかし、グーグルタグマネージャーを利用するとどのリンクから誘導できたかも調べることが可能になります。

1、クリックイベントを発生させる

blog clickrisu
クリックリスナータグを使います。
新しいタグを作成>タグの種類:イベントリスナー>リンククリックリスナー
配信ルール:全てのページ
タグ名:LinkClick
参考:クリックリスナータグ

2、リンク情報を保持させる

blog tag2
クリックしたリンク情報の保持にマクロを使用します。
新しいマクロを作成>マクロのタイプ:自動イベント変数>変数タイプ:要素
マクロ名:linkElement

3、リンクのテキスト要素を取得

blog tag3
URLだとリンク先が同じボタンが複数ある際に困るのでテキスト要素を取得するマクロを作成します。下記コードを使用します。
新しいマクロを作成>マクロの種類:カスタムJavascript
マクロ名:linkurl
————————————————–


function(){
    // クリックされた対象を jQuery オブジェクトに変換
    var $linkElement = jQuery({{linkElement}});
    // 前後の空白を除去してアンカーテキスト取得
    var text = $linkElement.text().replace(/^\s+|\s+$/g, "");
    // テキストリンクの場合はアンカーテキスト
    if (text) {
        return "text: " + text;
    }
    var alt = $linkElement.find("img").attr("alt");
    // 画像リンクの場合は altの文章
    if (alt) {
        return "image: " + alt;
    }
    // alt も取れない場合は遷移先のURL
    return "other: " + $linkElemtn.attr("htrf");
}

————————————————–
参考:Googleタグマネージャーでクリックされたリンクを特定する方法

4、タグマネージャーにイベントを飛ばすルール作成

blog tag4
>新しいルールを作成
ルール名:質問個別クリック(任意)
条件:{{event}} 
等しい
gtm.linkClick

5、GoogleAnalyticsのタグを作成

blog tag5
新しいタグを作成>タグの種類:Googleアナリティクス>トラッキングタイプ:イベント
タグ名:GAclick(任意)
トラッキングタイプ:イベント
カテゴリ:click
操作:{{url}}
ラベル:{{linkurl}}
ルール:上記4、「質問個別クリック」ルールを適用
このタグの設定通りにGoogleアナリティクスに表示されます。操作は操作が行われた場所のURL、ラベルはクリックされたURLのテキスト情報を設定します。

バージョン作成と公開

それ以後の流れは通常通りバージョン作成と公開になります。
コンテナ>サマリー>バージョンを作成>公開

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...