「rel="nofollow"」とは?

2014年7月31日

nofollowとは?

nofollow」とは、検索エンジンのクローラー(検索ロボット)がウェブページを巡回した際に、ページ中にある外部リンクを追跡しないように指定するHTMLタグの記述の事です。
当初、「nofollow」はページの情報を定義する「meta」タグに記入して使われているものでした。
そのため、クローラーにそのページから張られた全てのリンクを辿らないように指示していました。
例:<meta name=”robots” content=”nofollow” />
つまり、スパムコメントなどの対策の為に、メタタグに「nofollow」を設定してしまうと、クローラーは価値のあるリンク先や内部リンクまでも辿らなくなってしまいます。
そのため、価値のあるリンク先や内部リンクを残し、ページにある個々のリンクをクローラに辿られないようにする為に、robots.txt でブロックされる URL にリンクをリダイレクトするなどを行うという
多大な労力が必要でした。
この様な理由から「rel=”nofollow”」というタグが作られました。
このタグにより、リンクそれぞれにに対してクローラーに指定していくことができます。
例:<a href=””http://sample.com”” rel=””nofollow””>辿ってほしくないリンク先</a>

nofollowを使用する場所

①信頼できないコンテンツ
リンクを貼るということは、そのリンク先を評価するとクローラーは認識してしまいます。ですので、リンク先が信頼できないサイトやコンテンツを仕方なく設定する場合(有料広告・悪質なサイトの注意喚起など)にnofollowに指定するに推奨されています。
②有料リンク
有料リンクとは、ページランクや検索順位を意図的に操作することを目的としたリンクを金銭で購入することです。有料リンクはGoogleから禁止されており、SEO目的の相互リンクや低品質のディレクトリ登録等があげられます。もし、宣伝・広告用に有料リンクを設定する際、もしくは既に設定している際はnofollowに指定することが推奨されます。
③クロールさせる必要がないページ
クローラーはIDやパスワードを用いてログインすることは出来ません。このため、「登録はこちら」や「ログイン」のリンクを辿る必要性はありません。nofollowに指定することによりこの様なページを辿らず、その他の検索エンジンに表示させたいページをクローラーが辿るようになります。
外部リンクにnofollowを使用するのは、不正なサイト排除するために創られたものです。
通常のサイト運営する際には、nofollow属性を使う必要は限られています。
安心してサイトを運営するために必要な事になりますので、一度見直してみてはいかがでしょうか。
参考:「Googleガイドライン

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。