「rel="nofollow"」とは?

2014年7月31日

nofollowとは?

nofollow」とは、検索エンジンのクローラー(検索ロボット)がウェブページを巡回した際に、ページ中にある外部リンクを追跡しないように指定するHTMLタグの記述の事です。
当初、「nofollow」はページの情報を定義する「meta」タグに記入して使われているものでした。
そのため、クローラーにそのページから張られた全てのリンクを辿らないように指示していました。
例:<meta name=”robots” content=”nofollow” />
つまり、スパムコメントなどの対策の為に、メタタグに「nofollow」を設定してしまうと、クローラーは価値のあるリンク先や内部リンクまでも辿らなくなってしまいます。
そのため、価値のあるリンク先や内部リンクを残し、ページにある個々のリンクをクローラに辿られないようにする為に、robots.txt でブロックされる URL にリンクをリダイレクトするなどを行うという
多大な労力が必要でした。
この様な理由から「rel=”nofollow”」というタグが作られました。
このタグにより、リンクそれぞれにに対してクローラーに指定していくことができます。
例:<a href=””http://sample.com”” rel=””nofollow””>辿ってほしくないリンク先</a>

nofollowを使用する場所

①信頼できないコンテンツ
リンクを貼るということは、そのリンク先を評価するとクローラーは認識してしまいます。ですので、リンク先が信頼できないサイトやコンテンツを仕方なく設定する場合(有料広告・悪質なサイトの注意喚起など)にnofollowに指定するに推奨されています。
②有料リンク
有料リンクとは、ページランクや検索順位を意図的に操作することを目的としたリンクを金銭で購入することです。有料リンクはGoogleから禁止されており、SEO目的の相互リンクや低品質のディレクトリ登録等があげられます。もし、宣伝・広告用に有料リンクを設定する際、もしくは既に設定している際はnofollowに指定することが推奨されます。
③クロールさせる必要がないページ
クローラーはIDやパスワードを用いてログインすることは出来ません。このため、「登録はこちら」や「ログイン」のリンクを辿る必要性はありません。nofollowに指定することによりこの様なページを辿らず、その他の検索エンジンに表示させたいページをクローラーが辿るようになります。
外部リンクにnofollowを使用するのは、不正なサイト排除するために創られたものです。
通常のサイト運営する際には、nofollow属性を使う必要は限られています。
安心してサイトを運営するために必要な事になりますので、一度見直してみてはいかがでしょうか。
参考:「Googleガイドライン

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...