ホームページレイアウト崩れ 互換表示とIE11

2014年7月18日

互換表示という言葉をご存知でしょうか。IE(インターネットエクスプローラー)でホームページを閲覧している際に、何かこのホームページレイアウトが崩れている(全部コンテンツが左に寄っている、右に寄っている、表示されない)といった場面で試してみる機能です。互換表示することできっちりしたホームページ(制作者側が意図したレイアウト)を表示できる場合があります。(100%ではありません)

何故互換表示が必要なのか

ではそもそも何故互換表示が必要なのでしょうか。理由としてはホームページを見るブラウザ(インターネットエクスプローラー、グーグルクローム等)の環境が常に変化していっているということがあります。IEのバージョンアップによって設計ルールなども少しづつ変わってくるので古い設計のホームページ(IE7での対応想定等)を最新バージョンのブラウザで見るとレイアウト崩れなどが発生することになります。

互換表示の仕方 IE9,10の場合

実際にどのようにすれば互換表示ができるのでしょうか。IE(インターネットエクスプローラー)9,10の場合は下記です。
アドレスバーの横に紙をちぎったような互換表示のボタンが表示されるのでそちらをクリックすると互換表示(正しいレイアウトでの表示)が可能です。こちらを再度クリックすることで有効や無効を切り替えられます。
blog gokan1
blog gokan2
ツールバーからも有効にすることができます。
1、キーボードの Alt キーを押してメニュー バーを表示
2、[ツール] をクリック
3、[互換表示] をクリック
blog gokan3
参考:初心者でもわかる! IE で互換表示 (IE10/IE9)

互換表示の仕方 IE11の場合

IE(インターネットエクスプローラー)11の場合、アドレスバーの横の互換表示ボタンが前バージョンと異なり表示されないので注意が必要です。
右上の歯車マーク(設定アイコン)から設定します。
1、歯車マーククリック
2、互換表示設定
3、該当WEBサイトを追加

互換表示は万能?互換表示に頼らない作りが重要

では互換表示機能があるから古い設計のままずっとそのままで良いかというとそうでもありません。ホームページの訪問者全てが互換表示のことを知っているわけではありません。せっかく訪れた訪問者をレイアウトが崩れているからと不信感を持たれて直帰させてしまうのを避けるためにも定期的なブラウザチェックと場合によってはリニューアルが重要になってきます。

Related Posts

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

ここ数年SDGs(エス・ディー・ジーズ)が盛んに取り上げられていますが、SDGsの取り組みによって優秀な人材獲得を目指しましょう。 SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGsは国連が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示した2016年から2030年までの国際的な持続可能な開発目標です。 アルファベットそのままに読むとエス・ディー・ジー・エスになりますが、Sustainable Development Goalsの略であり最後はジーエスでなくジーズと呼ぶのが正しいです。...

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者の方は最大30万円の一時支援金が受けられる可能性があるのでご紹介です。 原油価格や原材料価格高騰等への対策として、売上の減少した中小法人・個人事業主等の事業継続を支援するため最大30万円の兵庫県中小企業等原油価格・物価高騰対策一時支援金が受給可能です。 返還義務はありませんが、要件に該当しない、不正受給などはもちろん返還対象となるのでお気をつけ下さい。 対象 ①次の「ア」または「イ」を満たすこと ア 国の事業復活支援金を受給していること (対象月:令和3年11月分から令和4年3月分までのいずれかの月)...