ホームページレイアウト崩れ 互換表示とIE11

2014年7月18日

互換表示という言葉をご存知でしょうか。IE(インターネットエクスプローラー)でホームページを閲覧している際に、何かこのホームページレイアウトが崩れている(全部コンテンツが左に寄っている、右に寄っている、表示されない)といった場面で試してみる機能です。互換表示することできっちりしたホームページ(制作者側が意図したレイアウト)を表示できる場合があります。(100%ではありません)

何故互換表示が必要なのか

ではそもそも何故互換表示が必要なのでしょうか。理由としてはホームページを見るブラウザ(インターネットエクスプローラー、グーグルクローム等)の環境が常に変化していっているということがあります。IEのバージョンアップによって設計ルールなども少しづつ変わってくるので古い設計のホームページ(IE7での対応想定等)を最新バージョンのブラウザで見るとレイアウト崩れなどが発生することになります。

互換表示の仕方 IE9,10の場合

実際にどのようにすれば互換表示ができるのでしょうか。IE(インターネットエクスプローラー)9,10の場合は下記です。
アドレスバーの横に紙をちぎったような互換表示のボタンが表示されるのでそちらをクリックすると互換表示(正しいレイアウトでの表示)が可能です。こちらを再度クリックすることで有効や無効を切り替えられます。
blog gokan1
blog gokan2
ツールバーからも有効にすることができます。
1、キーボードの Alt キーを押してメニュー バーを表示
2、[ツール] をクリック
3、[互換表示] をクリック
blog gokan3
参考:初心者でもわかる! IE で互換表示 (IE10/IE9)

互換表示の仕方 IE11の場合

IE(インターネットエクスプローラー)11の場合、アドレスバーの横の互換表示ボタンが前バージョンと異なり表示されないので注意が必要です。
右上の歯車マーク(設定アイコン)から設定します。
1、歯車マーククリック
2、互換表示設定
3、該当WEBサイトを追加

互換表示は万能?互換表示に頼らない作りが重要

では互換表示機能があるから古い設計のままずっとそのままで良いかというとそうでもありません。ホームページの訪問者全てが互換表示のことを知っているわけではありません。せっかく訪れた訪問者をレイアウトが崩れているからと不信感を持たれて直帰させてしまうのを避けるためにも定期的なブラウザチェックと場合によってはリニューアルが重要になってきます。

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...