ホームページレイアウト崩れ 互換表示とIE11

2014年7月18日

互換表示という言葉をご存知でしょうか。IE(インターネットエクスプローラー)でホームページを閲覧している際に、何かこのホームページレイアウトが崩れている(全部コンテンツが左に寄っている、右に寄っている、表示されない)といった場面で試してみる機能です。互換表示することできっちりしたホームページ(制作者側が意図したレイアウト)を表示できる場合があります。(100%ではありません)

何故互換表示が必要なのか

ではそもそも何故互換表示が必要なのでしょうか。理由としてはホームページを見るブラウザ(インターネットエクスプローラー、グーグルクローム等)の環境が常に変化していっているということがあります。IEのバージョンアップによって設計ルールなども少しづつ変わってくるので古い設計のホームページ(IE7での対応想定等)を最新バージョンのブラウザで見るとレイアウト崩れなどが発生することになります。

互換表示の仕方 IE9,10の場合

実際にどのようにすれば互換表示ができるのでしょうか。IE(インターネットエクスプローラー)9,10の場合は下記です。
アドレスバーの横に紙をちぎったような互換表示のボタンが表示されるのでそちらをクリックすると互換表示(正しいレイアウトでの表示)が可能です。こちらを再度クリックすることで有効や無効を切り替えられます。
blog gokan1
blog gokan2
ツールバーからも有効にすることができます。
1、キーボードの Alt キーを押してメニュー バーを表示
2、[ツール] をクリック
3、[互換表示] をクリック
blog gokan3
参考:初心者でもわかる! IE で互換表示 (IE10/IE9)

互換表示の仕方 IE11の場合

IE(インターネットエクスプローラー)11の場合、アドレスバーの横の互換表示ボタンが前バージョンと異なり表示されないので注意が必要です。
右上の歯車マーク(設定アイコン)から設定します。
1、歯車マーククリック
2、互換表示設定
3、該当WEBサイトを追加

互換表示は万能?互換表示に頼らない作りが重要

では互換表示機能があるから古い設計のままずっとそのままで良いかというとそうでもありません。ホームページの訪問者全てが互換表示のことを知っているわけではありません。せっかく訪れた訪問者をレイアウトが崩れているからと不信感を持たれて直帰させてしまうのを避けるためにも定期的なブラウザチェックと場合によってはリニューアルが重要になってきます。

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...