動画アプローチとSEOとの関係

2014年7月2日

動画でのアプローチ

ウェブサイトを運営していく上で、訪問者に興味をもってらうコンテンツが重要になります。その中でも動画を活用するのも効果的です。
動画でアプローチを行う理由としては、

  • 多彩な表現力により、短時間に多くの情報を提供できる。
  • 自社の伝えたいイメージを情感豊かにアピールできる。
  • ユーザーの主体的な操作で、自社の伝えたいメッセージへアクセスしてもらえる。
  • 楽しみながら利用していただくことで、WEBサイトでの滞在時間を伸ばせる。

以上のような魅力があります。
参考:「動画コンテンツの可能性

SEOとの関係性

魅力的なコンテンツである動画ですが、SEO対策としてはどの様に関わるのでしょうか。
Googleはウェブサイトのコンテンツについて、文書や写真だけでなく、さまざまなメディアの活用を推奨しています。一概に全てとは言い切れない部分があるのですが、SEOの効果を得る可能性があります。
Googleなどの検索エンジンがサイトを見回す場合、ページの品質や関連性、含まれるキーワードといった指標を探しています。これら3つの指標すべてに価値を付加しています。
動画を設置することで、ユーザーのページ滞在時間を増やしてくれます。
この滞在時間はSEO対策の内部要因であるページ品質の重要な指標の一つになります。
また、この様な動画などはリンクされやすいというメリットがあります。外部リンクはSEO対策の外部要因の一つになります。
この様にSEOに効果的である動画ですが、動画を設置するだけでは効果はありません。
たとえ単純に、そのページに関連性の高いコンテンツ動画を置いていても、Googleなどの検索エンジンは動画の内容は読み取ることが出来ないからです。検索エンジンに良いページであると知らせるためには、動画の内容と同時に、関連性の高いテキストや画像を置く必要があります。このようにして、動画だけでなく設置しているページに対してもしっかりと対策を施さないといけません。
インターネット回線の普及に伴い、スマホなどの高速通信機器の数も増え、以前に比べてユーザーの動画の視聴環境が格段に良くなっています。
そのような影響で外でも動画を見る機会が増えています。取り扱い商品やサービスによっては、動画掲載の有無が、アクセス者の反応を左右するケースもありますので、動画を活用してはいかかでしょうか。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。