ワードプレス(WordPress)の父「Matt Mullenweg」インタビュー記事のご紹介


株式会社THEBRIDGが経営するブログメディアにWordPressコミニティの長で、WordPress.comの運営元AutomatticのCEOであるMatt Mullenwegのインタビュー記事が掲載されました。
参照:http://thebridge.jp/2014/06/wordpress-automattic-matt-mullenweg

日本のWordPressコミニティについて

彼は今回アジア太平洋地域のWordPressコミニティを巡る中で日本に訪れた様です。その前に来日したのは5年前で、その当時の日本はスマホやタブレットが全盛というわけでなく、まだまだガラケーのシェアも高い状況でした。ガラケーで携帯用のページを見ている人もまだまだ多い状況でした。
しかし、現在の日本はスマホのシェアが非常に高く、ダブブレット等を通してウェブサイトにアクセスする割合も増えています。この様な現在の日本でのWordPressコミニティの状況に対し彼はこの様に答えています。
現在の日本の WordPress コミュニティの状況は、野球で言うなら、まだ1イニング。
だから、もっとWordPress を日本で広めたい。
そのためにも、日本から優秀な人を雇用したい。それが今回の来日の大きな目的の一つだ。
この様な日本のWordPressコミニティはまだ初期段階であり、2005~2006年位のアメリカのWordPressコミニティの状況に似ているようです。

運営元Automatticの日本人

現在Automatticの社員は250人程度います。世界中のどこで仕事をしてもいいことは、Automattic の雇用体系の特徴の一つで、250人の社員のうちサンフランシスコのオフィスに常駐する社員は15名程度しかいません。
残念ながら日本人社員は現在のところ、東京に常駐する高野直子氏の他には居ません。
それなりのユーザーが居る日本のWordPressコミニティにより良い環境にするためにも、日本人が入社することを望んでいるようです。

今後のWordPressについて

約1ヶ月ほど前、Automatticが投資ファンドから1.6億ドルの資金を調達したというニュースがありました。それに対する質問に対してこのように答えています。
典型的なIPOより、大きな金額をVCからの資金調達で賄えたんだ。
会社は自分達でコントロールしたいし、今のところIPOの必要は無い。
WordPress は2ヶ月前に11歳になった。
今回調達した資金は、WordPress のこれからの10年に備えるためのものだ。

今回調達した資金は、iPhoneやAndroid向けのモバイル最適化に向けて開発体制を作っていく様です。モバイルで欧米の先を行く日本から、WordPressの開発に加わってほしいと思うのは当然の事でしょう。
今後のWordPressの動向のなかで、日本だけに縛られず世界に飛び出していけるような人材が、WordPressを単なるブログ環境やCMSという概念に囚われるのではなく、新しいステージを生み出していってほしいと思います。

Related Posts

2020年度最後の小規模事業者持続化補助金(一般型)2月5日まで

2020年度最後の小規模事業者持続化補助金(一般型)2月5日まで

当ブログでも何度か取り上げた小規模事業者持続化補助金の最終締切が2月5日(金)(当日消印有効)に迫っています。 2020年度の同補助金としては最後の締切です。 従来からある小規模事業者持続化補助金ですが、2020年度はコロナ型が新設され、コロナ型では補助額も倍増し、公募回数も複数回にのぼるなど利用の機会も大きく増しました。 補助金としては珍しく広報費としてウェブサイトの制作やチラシ作成等に充てることも可能です。 初めての方はもちろんですが、申請したけど採択されなかった場合は再チャレンジもできるので是非チャレンジしてみて下さい。...

事業再構築補助金でウェブサイト制作?

事業再構築補助金でウェブサイト制作?

2020年は新型コロナウイルス感染症により世の中の生活様式は変わりビジネスにも大きな影響を及ぼしました。 そんな中、国の支援策として新たな補助金、(小規模事業者持続化補助金コロナ型、持続化給付金、IT導入補助金C類型等)が多く出てきた年でもあります。 2021年はまだスタートしたばかりですが、2020年と同じく活用できる補助金は上手く活用して苦難を乗り切る年にして頂ければと思います。 さて前置きが長くなりましたが「事業再構築補助金」のご案内です。 事業再構築補助金とは...

IT導入補助金 年内最後12月18日まで

IT導入補助金の年内最後の締め切りが12月18日に迫っています。 ホームページの制作には使用できないIT導入補助金ですが、ECサイトの構築は要件内で利用が可能です。 ※審査があるので必ず使えるわけではありませんが、前回分で弊社お客様が採択されました。 ECサイトは非対面型ビジネスとしてC類型に認定されている為、 200万円の事業費に対して3/4の補助率、実質50万円で制作が可能になります。 類型の違いなど詳細は下記ブログご確認ください。 IT導入補助金2020 A類型?B類型?C類型? 違いについて IT補助金利用の注意点...