ウェブマスターツール、タグマネージャーによる所有権確認ができない

2014年6月30日

タグコード
今までグーグルアナリティクスを使ってデータ計測を行っていてタグマネージャーに切り替える際に注意すべきことがあります。アナリティクスのコードをタグマネージャーのコードに切り替えるというのは勿論なのですが、ウェブマスターツールの認証を取り直す必要があるということです。ウェブマスターツールのサイト所有権確認にはいくつかの方法がありますが、アナリティクス利用での所有権確認が便利なのでそちらを利用されることも多いと思います。こちらタグマネージャーの利用の際にコードを差し替えるとウェブマスターツールの所有権認証が切れてしまうので再度タグマネージャーでの所有権確認をとる必要があります。

タグマネージャーによる所有権確認ができない

タグマネージャーで所有権確認を取り直すということで大丈夫なのですが、ここで陥りがちな罠があります。というのはタグマネージャーによる所有権確認が取れないということです。アナリティクスコードからタグマネージャーコードに切り替えてからもちゃんとアナリティクスでのデータ計測自体は出来ているのにです。
状況により色々な理由があるかと思いますが、特に思い当たる点がなければタグマネージャーのコード設置場所を確認してみて下さい。

タグコードはbody開始タグの直後に配置する必要

ウェブマスターツールのヘルプによるとタグコードはbody開始タグの直後に配置する必要があります。グーグルアナリティクスの場合は終了タグ /head の直前でした。単純な差し替えでないことに要注意です。こちら間違えた場所に配置していてもアナリティクスのデータ計測はされる場合があるので気づきにくいかもしれません。
参考:確認: Google タグマネージャ コンテナ スニペット
参考:確認: ウェブトラッキングコードを設定する

Related Posts

緊急事態宣言解除に伴う 電話受付について

この度、新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言は解除されましたが、2次感染拡大防止のため、従業員のリモートワークは継続して実施してまいります。 6月以降もお電話の受付は、緊急用の電話番号 もしくは 担当営業の携帯電話に直接おかけください。 なお、受話できずにお待たせしてしまう等ご不便をおかけする場合がございますが、ご理解を賜りますよう何卒よろしくお願い申しあげます。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。

ホームページ制作の担当は社長がやるべき!?

ホームページの担当は誰がなる? 今までホームページを持っていない企業にとってホームページを新規で立ち上げることは大きなチャレンジです。 企業によってはプロジェクトチームを立ち上げて入念に打ち合わせを重ねることもあります。 ここでよく議論になるのが担当(責任者)をどうするのかということです。 担当(責任者)ということで一番に浮かぶのは社長ですが、数百人規模の大会社になると社長が全てを担当することは不可能です。...