ホームページの画像がコピーできない、印刷できない。

2014年6月24日

ホームページやLP(ランディングページ)を修正する際具体的な箇所を分かりやすくするために、コピーしてPDF化したり、そのまま印刷して赤入れしようとすることがあります。ただ、その際に一部の画像が欠けていたり上手く印刷したりができないことがあるかと思います。その原因は画像がバックグラウンド(背景)に組み込まれている場合です。

画像処理の2種類

画像の処理の仕方として主に2種類あります。
一つはimgタグをHTMLに埋め込む場合
もう一つは背景画像としてCSSで指定する場合です。

imgタグでの画像処理

主に重要な画像などはimgタグで処理をします。重要の度合いはそれぞれかと思いますが例えば商品写真などです。ではalt属性を使うことができるのでユーザービリティやSEOに配慮することができまた画像差し替えなども容易です。今回の主題の画像コピー、印刷ができないということもありません。

背景画像としての画像処理

ページの装飾として必要な画像は背景画像としてCSSで処理します。前述の商品画像などと比べると重要度は薄れますがサイトのデザインとしては必要な部分です。背景画像として処理することで個別に画像加工をしないでも画像の上にテキストを重ねるなどが可能になります。

画像が印刷できないその時は

背景として処理されている画像が含まれたページはそのままでは印刷できないので一番早い方法としてはページが表示されたモニター画面をキャプチャーソフトでキャプチャーすることです。キーボードなどにデフォルトで入っているプリントスクリーンボタン「PrtScn」を使ってキャプチャーしペイントなどに貼り付けたり、キャプチャーソフト、FastStone Capture等を使って効率的にキャプチャーすることをお勧めします。
参考:Webデザインに役立つスクリーンキャプチャー
参考:タグを使うか、背景画像を使うか

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。