ホームページの画像がコピーできない、印刷できない。

2014年6月24日

ホームページやLP(ランディングページ)を修正する際具体的な箇所を分かりやすくするために、コピーしてPDF化したり、そのまま印刷して赤入れしようとすることがあります。ただ、その際に一部の画像が欠けていたり上手く印刷したりができないことがあるかと思います。その原因は画像がバックグラウンド(背景)に組み込まれている場合です。

画像処理の2種類

画像の処理の仕方として主に2種類あります。
一つはimgタグをHTMLに埋め込む場合
もう一つは背景画像としてCSSで指定する場合です。

imgタグでの画像処理

主に重要な画像などはimgタグで処理をします。重要の度合いはそれぞれかと思いますが例えば商品写真などです。ではalt属性を使うことができるのでユーザービリティやSEOに配慮することができまた画像差し替えなども容易です。今回の主題の画像コピー、印刷ができないということもありません。

背景画像としての画像処理

ページの装飾として必要な画像は背景画像としてCSSで処理します。前述の商品画像などと比べると重要度は薄れますがサイトのデザインとしては必要な部分です。背景画像として処理することで個別に画像加工をしないでも画像の上にテキストを重ねるなどが可能になります。

画像が印刷できないその時は

背景として処理されている画像が含まれたページはそのままでは印刷できないので一番早い方法としてはページが表示されたモニター画面をキャプチャーソフトでキャプチャーすることです。キーボードなどにデフォルトで入っているプリントスクリーンボタン「PrtScn」を使ってキャプチャーしペイントなどに貼り付けたり、キャプチャーソフト、FastStone Capture等を使って効率的にキャプチャーすることをお勧めします。
参考:Webデザインに役立つスクリーンキャプチャー
参考:タグを使うか、背景画像を使うか

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...